2011/03/01 (Tue) audibleの退会
ここ3年ほどaudibel.comの年間会員になっていました。audibleは月極会員と、年間会員があって、年間会員だと、10ヶ月分の値段で12クレジットつくので結構お得です。

しかし・・年間12クレジット消費するのって意外とたいへん。私は大体聞きながら読みのためにaudiobookを利用していますが、読みたい本のaudiobookがあると限らないのです。
で、常にクレジットがたまりがちで、更新時期に一気買いといったことをしていました。これは本末転倒だし、やめてもaudiobookは残るから(クレジットは残りません)会員をやめて、欲しい時に欲しいものだけ買おうかな、とcancelしようと思ったのです。で、account detailからChange my membershipを開いて、cancelボタンを押しました。すると!
2011marchcancelaudible.jpg

どうしてやめたいの? と聞かれました。

ので、使う以上にクレジットがきちゃうんで、の項目を選びました。
すると、
2011marchcancelaudible2.jpg

こんな画面に。クレジットが多すぎる?? いっぺんに12クレジットはちょっとひるんじゃうかもしれませんね? じゃあ1クレジット/月の月額会員はいかがですか? 今なら20ドルのクーポンもつけますよ?

・・・cancelするつもりだったのに、つい月額会員にchangeにしてしまいました(^^;)
私のペースだと年に6クレジットくらいだといいんですけどね。もうちょっと続けたら今度は本当にcancelかな。

でもこうやって会員をやめないようなオファーをしてくるのってうまいですねー。
スポンサーサイト

2009/12/08 (Tue) Christmas Carol
christmascarol-audio
audible.comからクリスマスプレゼントが届きました!
メンバー特典のフリーダウンロード オーディオブックです。
去年はDuel in the Snow, or Red Ryder Nails the Cleveland Street Kid でしたが、今年はクリスマスキャロル。やっぱり映画公開というのも関係しているんでしょうか。ちょうど読んでいるところでまさにぴったりのクリスマスプレゼントでした。

実は最初聞き読みしようかどうか迷っていたのですが、何せUnabridged,abridged,dramatized併せて40種類もオーディオブックがあって、どれを聞くべき?? と決めかねてダウンロードしていなかったのです。
なので今回のプレゼント本はとってもラッキーでした。
でもこうしていろんなバリエーションの朗読が楽しめるというのはいいですね。
パトリック・スチュワートのはabridged版だけど聞いてみたいなー、とかオーソン・ウェルズとライオネル・バリモアのDramatized版とか(これは昔のラジオ放送のものなので音質は悪いみたい)

2009/01/14 (Wed) Happy Audible Anniversary!
Happy Audible Anniversary!

と、audible.comからメールが届きました。
3年間会員おめでとう! だそうです(^^) そしてそれが嬉しいプレゼント付きでした。
なんとaudible,comからオーディオブック用に10ドルのプレゼントです。
お気に入り作家と2度目のハネムーンでも、まったくの新境地開拓でも、なんでもお好きなものにどうぞ、ということでした。

まだクレジットがのこっている私ですが、早速クレジットを使うにはちょっともったいないと買わずにいた、
トールキンの
Smith of Wootton Major & Leaf by Niggle
の朗読にしました。CDでも出ているものです。
Smith of Wooton Major: AND Leaf by NiggleSmith of Wooton Major: AND Leaf by Niggle
Sir Derek Jacobi

HarperCollins Audio 2003-11-03
売り上げランキング : 520966

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Smith of Wooton Major: AND [t]:Leaf by Niggle[an]:Derek [as]:Jacobi [as]:tolkien


朗読しているのはサンタクロースからの手紙や農夫ジャイルズの冒険の朗読もしている、Derek Jakob氏
こちら10ドルからはちょっと足が出てしまったので足し前して買いました。

2009/01/08 (Thu) NYT
今年のちょっとムリめなチャレンジとして、ニューヨークタイムスに挑戦をやってみようかな? なんて考えています。
前にも記事で書きましたが、私はaudible.comの会員なので、登録すればNew York Timesか、Wall street jouranlの簡易朗読版を追加料金なしでpodcast登録して「毎日」聞くことができます。それからNYTにはweb版がありますし、そこでまた登録すると、「TODAY'S HEADLINES」をメール送信してくれます。
これを組み合わせてナントカならないかな? というのと、50分まるまる聞くのがムリでも、ホントのトップニュースだけ、10分くらいでも毎日読みながら聞けば何かが変わらないだろうか? というちょっと甘い願いがこもっています(^^;)。

なので今更ですが、Firefoxにマウスオーバー辞書のアドオンを入れました。
いつまで続くかわかりませんが、チャレンジしてみようかと思っています。

NYTのサイトはこちら:http://www.nytimes.com/
audibleのサイトはこちら:http://www.audible.com/

追記:当然のことながら時差がありますので、当日付のアメリカでの朝刊はこちらでの夕刊というか夜刊のような感じになります。
NYに住んでいれば、朝に配信されて、通勤時にiPodで聴くという感じなのでしょうね。

2008/01/19 (Sat) Harry potter and Philosopher's stone
Harry potter and Philosopher's stone
Harry Potter and the Philosopher's Stone (Cover to Cover)Harry Potter and the Philosopher's Stone (Cover to Cover)
J.K. Rowling Stephen Fry

BBC Audiobooks Ltd 2002-10-21
売り上げランキング : 271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Harry Potter and the Philosopher's Stone [an]:J.K. [as]:Rowling [an]:Stephen [as]:Fry


編みながら聴きで完聴。とは言うものの結構わからない単語や文があって、あれれ? と手を止めて、邦訳を読みにいってしまったり。

"After all, to the well organized mind, death is but the next great adventure."

やっぱり7巻を読んだあとに読む(聴く)1巻はまた趣きが違いますね。ダンブルドア先生の上のセリフもなんだかいろいろ感じてしまいましたよ。

2007/08/19 (Sun) 一体何をしているの?
The New PolicemanThe New Policeman
Kate Thompson Jim Norton

Random House Children's Books 2007-06-07
売り上げランキング : 60716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:New Policeman[an]:Kate [as]:Thompson [an]:Jim [as]:Norton


何をしているかというと結局全てを中途半端にしたままうだっています。だって暑いんだもの。
そんな中届いたのがもうせんに読んだThe New Policemanの朗読CD abridged version 残念ながら音楽の方も冒頭にちょっと入ったくらい(とりあえず一枚目を聴いている限りでは)。ぜひ章ごとに入っていた音楽も録音していただきたかったのですが、それをやると長くなっちゃうからダメなのかな。
朗読しているのはJim Norton さん。この方はアイルランド出身です。アイルランドの方にこの本を朗読してもらうのってなんだかとてもうれしい。Norton さん、2004年にジョイスのユリシーズの全文朗読のレコーディングをされています。大長編の全文朗読とかってなんだか弱いですな、そういうヒトに。


映画に舞台に活躍中。私が見ている映画だと、ハリポタの秘密の部屋や、RR版バスカヴィルの犬に脇で出演しているのですが、全然思い出せませんでした、ごめんなさい。今年の2月にローレンス・オリビエ賞の最優秀助演賞を受賞した所です。

聞き取りやすい朗読だと思いますが、最近めっきりリスニングをさぼっているので頭の中に英文が入ってこないーーー!!
こんなんでワールドコンに行こうとしている私って.....がんばれ自分!

2007/03/04 (Sun) Audible変更
今までAudibleを月2クレジットがつく(1クレジットで一本好きなAudio bookがダウンロードできます)プレミアムコースを月単位で更新していたのですが、月2本(+毎日ニューヨークタイムスのダイジェスト版+メンバー用の週代わりのフリーオーディオ+クレジット以外でのAudio bookを3割引きで購入できる)というのはそんなに消費できなくて、結構クレジットが溜まっていました。

このまま月2はあれだなあ、ということで、溜まったクレジットでWish listに放り込んでいたAudio bookを一気に購入、Audible Listener Gold 会員年間タイプ(:年間12クレジット購入(&+毎日ニューヨークタイムスのダイジェスト版+メンバー用の週代わりのフリーオーディオク+レジット以外でのAudio bookを3割引きで購入できる))に乗り換えました。月2クレジットよりは1クレジットあたりの値段がちょっと高くなりますが、(年間149.5ドルで12クレジット、1クレジットあたり12.5ドルほど)とりあえずはこれでいこうかなと思っています。来年の更新時期にクレジットの消費が追いつかないようならAudible Listener会員 にdowngradeかな。


2007/01/25 (Thu) バーゲンとかにヨワイ
Audible.UKから今だけタダ! の音源紹介メールが来たので早速出かけていきました。

ものは、The Iliad (Unabridged) 16時間ほどの朗読がフリー・ダウンロードとはふとっぱらだなあ。
The Iliad (Poetry in Audio)The Iliad (Poetry in Audio)
John Lescault

In Audio 2003-12
Sales Rank :

See details at Amazon
by G-Tools

(こちらは同じモノかどうかわからないけど、Audibleの方でナレーターをされていたJohn Lescaultさんのナレーターのものだったのであげてみる)

一回単品買いして、Audibleからのメールを受け取ってもいいですよにしてあるので、時々こんなメールが来るのですが、いつもバーゲン価格のものばっかり買っててごめんなさいかも(^^;)この間買ったのも、「このラインナップがたった1ポンド」のものだったし・・・・

のんびりだらだら聴くことにしようっと


2006/11/18 (Sat) ホントかな?
オーディオブック
The New PolicemanThe New Policeman
Kate Thompson

Random House Audiobooks 2007-06-07
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The[t]: New Policeman[an]:Kate [as]:Thompson


アマゾンをうろうろしていたらこんな予約商品の頁が。The New Policemanのオーディオブックという事なんですけど、ホントに出るのかしら? なんだか本家アマゾン米では検索にかかってこないし、アマゾン日本でも、The New Policemanで検索しても出てこないんですよね。ううーん。
でももしオーディオブックで、あの章ごとの音楽も入るなんてのだったら絶対購入します! 
アマゾンによれば来年6月とのこと。
ぜひ、音楽付きで出して欲しいものです。

2006/03/26 (Sun) 指輪棄却の日
指輪棄却の日

昨日、3月25日は指輪棄却達成の日でした。それにあわせたつもりはなかったのですが、昨日指輪の朗読CDをやっと聞き終わりました。文を目で追って読む時よりも時間がかかる分、長い旅を実感しました。途中睡魔に負けたり、聞き飛ばしたり聞き逃したりBGMにしかならなかったりしながらもなんとか旅を終える事ができました。聞いていて「旅の仲間」はなかなか乗れなかったのですが、「二つの塔」あたりから、俄然ものがたりのうねりに運ばれるように聞くことができるようになって、どんどんひきこまれて行きました。

「王の帰還」の最後、「The End」の声を聞いた時はしみじみした余韻が胸のうちに広がりました。朗読もいいですね。本を目で読んでいた時とは同じところ、あるいはまた別の所で笑ったり、どきどきしたりはらはらしたり、沁みいったりしました。

The Lord of the Rings CD Gift Set  イギリス版The Lord of the Rings CD Gift Set イギリス版
J.R.R. Tolkien Rob Inglis

HarperCollins 2002-10-21
売り上げランキング : 66,600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私が聞いたのはこちらのCD版ではなく、

Audible版です。

ここまで長い朗読だと、(CDにして46枚分)Audible版の手軽さはありがたかったです。基本的にBook単位での販売で、(なので例えば二つの塔・下だけを買うような事も可)トータルおよそ54時間ほど。ノンストップで最初から最後まで聞くことができるのもありがたかったです。

ちゃんと、追補編も一部とはいえ朗読されていて、さすが「unabridge版」と思いました。この朗読では、「待ちに待った誕生祝い」からはじまり、本では一番最初に入る「序章」が王の帰還の最後、「灰色港」に続いて読まれます。そしてその後、追補編のA、王たち、統治者たちの年代記が読まれます。この追補編の朗読もとても良くて、なんというかそれこそ神話や歴史の「昔語り」をしてもらっているという雰囲気が出ていました。特にエオル王家の物語が良かったです。(聞いていてなぜかベーオウルフを思い出してしまいました)

さて、次ぎは何を聞こうかな、ですが、勢いでシルマリルの物語にいってしまおうかそれともまったく別の何かを聞くか悩ましい所です

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析