--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/03/31 (Thu) 今日のロブろぐ
3月31日

パブリシティ・ツアー(宣伝ツアー)の予定が固まった。エリオットはニューヨークから今週末にやってくるし、サラ・ウィンターは来週末に。DWは今週、シラノの舞台があける。プロモーション・ツアーは映画が公開されるどの都市もカバーするために、旅程をわけて行う。そして4月25日のHobartで終わる。

昨日の続き。
エリオット・パールマンを探すのは簡単だった。私たちは彼をググって、数分で、彼の携帯の番号がわかった。出版社やエージェントを介した一般的なアプローチがおそらくはより望ましかっただろう。でも、私は、エリオットに直接電話した。

そこで小説はすでにさまざまな映画製作者からの申し出がなされてきている事と、エリオットが小説の映画化に関して特別の注意をはらってきていることがわかった。

ちょうどBankのDVDがリリースされたころで、エリオットは、それを観た後に、私たちの所に戻ってきた。
彼はまた、私がプロデュースした最初の映画、The Boysも観てくれた。

DWはMTCでTRUE WEST を上演中で、それで、私たちはその舞台を観るためにシアターで落ち合い、舞台の後でデイヴィッドを交えて話し合った。映画化の権利を正式に得るまでにはまだ数ヶ月あったけれど、私はその夜の話し合いと、TRUE WEST のデイヴィッドの演技がボールが転がり出すスタート地点になったと思う。

多分、彼への私たちのアプローチの方法について、彼自身の考えがどうかをエリオットにポストしてもらえると思う。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
交渉は結構荒技だな監督、という印象なんですが(笑)
原作者さんをDWの舞台に招待(多分)の上、DWを交えて話し合い、というのはかなりアピール度がありますね。主演男優(確定)の演技を観せられて、ぜひあなたの原作を映画化したい! と言われれば原作者としてもココロが動くでしょう。「取りあえず映画権とっとけ」、的なオファーとは全然違う事がわかるでしょうし。やるな、監督(笑)



スポンサーサイト

2005/03/30 (Wed) 衝動買い
Big Fish
Daniel Wallace

Penguin USA (P) 2003-11-25
売り上げランキング : 47,191

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Big Fish[an]:Daniel[as]:Wallace

Girl With a Pearl Earring
Tracy Chevalier

Plume 2003-09-30
売り上げランキング : 105,499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Girl With a Pearl Earring[an]:Tracy[as]:Chevalier


本日ふと立ち寄った所で洋書バーゲンをやっていたので、買ってしまいました。どちらも映画未見。見たかったのに見られなかった~という点のみで共通かも(^^;)Girl With a Pearl Earringの方はこの2,3ヶ月丸善で平積みだったのをみかけたり、ネット上で洋書読みの方の感想を見たりとなぜかひっかかってきていた本。どちらも6.99ポンドの本が税込み735円だったのでなかなかお得な感じがして購入してしまいました。Big Fishの方はなんとか読めそうな感じですけど、Girl With a Pearl Earringの方は・・・ううーんあこがれ本??(^^;)





2005/03/30 (Wed) 今日のろぶろぐ
3月28日

これから映画3ドルのできあがっていく過程について書いていくつもり。

97年の12月22日の30才の誕生日に、映画製作者であり、親しい友人でもあるDaniel Nettheimからこの小説をもらった。この本は出版されたばかりだったが、翌年には、The Age Book of the Yearを受賞し、Miles Franklin賞にもノミネートされた。
この本は、そのときどきで、非常に異なった側面を私に訴えかけてきた。その時は私はアマンダがエディの人生に現れる事の意味を正確には良くわかっていなかった。彼女はエディの人生が進むべき道を指し示しているのか、彼の妻、Tanyaに対する節操を試す機会を表しているのか、彼女はエディの傷口に塩をすりこむような最低な状態の現れのバロメーターなのか。
この小説の政治的な側面は、3年後に読んだ時に、より明らかに感じられた

私はこの本を私のビジネスパートナーであるジョン・メイナードに読ませた。このころ、私たちは一緒に THE BOYSを制作し終わって、ちょうど、Dorothy Porterの、THE MONKEY’S MASKを映画にしようとしている途中だった。
THE BANKが終わってすぐに、次ぎの映画を捜しているところで3ドルに戻ることになった。ジョンは、より個人的で、情緒的な方向で、THE BANKの政治的な野心をさらに詳しく描くような巨視的な道をみつけるように奨めてきていた。
3年後にジョンは原作に戻り、彼の意気込みが、私が3ドルに戻るのを促した。

この3年で私の人生はカンペキに変わった。私は今や結婚していて、初めての子供が生まれようとしていて、第一抵当権にサインしようとしていた。
この流れの中で、小説の別の局面が頁から立ち上がってきた。エディと彼の妻、Tanya、娘Abbyとの関係が今やストーリーの中心になって読まれ、彼らが経済的に困難状態で生きていこうとするのに耐えなければいけないというプレッシャーが 明らかにそして身近に感じられるようになった。

「エディはそれを切り抜けて生きていくことができるだろうか」という事の方が、「エディはアマンダと寝るだろうか」という事よりも重要になった。不義と誘惑の問題は、エディの目の前にある混ぜ合わさった課題の一部として残って存在しているが。私は今や、なぜアマンダがエディの人生に現れ続けたのかということのより良い考えを持っている。

映画化するとしたら、構造的な難しさがあるにせよ、この小説の中には映画がある、ということでジョンと私の意見は一致し、それで私たちはDWへ本を渡した。

THE BOYS とTHE BANK の時に似て、クリエィティブ・チームは、私とジョンとデイヴィッドで分けあう、映画への共通する大望から発展した。

次ぎのステップはエリオットへのアプローチと、彼に我々へ映画化の権利を与えるよう説得させることについて


** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

監督のお誕生日がわかりました。なるほど。いつの間にかご結婚なされて、お子さんも生まれるとこなのね。おめでとう(^^)
自分の世界が変わると、本や映画から感じ取れる事がががらりと変わるというのは良くあることですが、この変化が映画作成にどういう影響を与えているのかなかなか楽しみです。
基本線は変わらないんだろうな、とは思いますが。

案外早くから原作へのアプローチはあったんですね。

2005/03/28 (Mon) Frog and Toad Are Friends
Frog and Toad Are Friends ICR2 総語数1700語
Frog and Toad Are Friends (I Can Read)
Arnold Lobel

Harpercollins Childrens Books 1970-08-01
売り上げランキング : 2,306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Frog and Toad Are Friends[an]:Arnold[as]:Lobel


がまくんとかえるくん。邦訳も未読でした。ロベールだし、良いんだろうなあ、というのをまったく裏切らない可愛らしいおはなしでした。


2005/03/28 (Mon) Cavern of the Fear,The Isle of Illusion , The Shadowlands (Deltora Shadowlands)
Cavern of the Fear,The Isle of Illusion , The Shadowlands (Deltora Shadowlands)総語数30000,31000,32000語

Cavern of the Fear (Deltora Shadowlands, 1)
Emily Rodda Marc McBride

Scholastic Paperbacks 2002-06-01
売り上げランキング : 69,996

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Cavern of the Fear[t]:Deltora Shadowlands[an]:Emily[as]:Rodda

The Isle of Illusion (Deltora Shadowlands)
Emily Rodda

Scholastic Paperbacks 2002-09-01
売り上げランキング : 58,472

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Isle of Illusion,the[t]:Deltora Shadowlands[an]:Emily[as]:Rodda

The Shadowlands (Deltora Shadowlands)
Emily Rodda Marc McBride

Scholastic Paperbacks 2002-11-01
売り上げランキング : 38,739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Shadowlands,the[t]:Deltora Shadowlands[an]:Emily[as]:Rodda


出かけ中になんとかデルトラ第2期(影の王国シリーズ)を読み終えました。相変わらず3人は右往左往してます。ちょっと大人っぽくなって、ラノベっぽくなってきました(笑)
一巻目から人死にが出てきてちょっと「わっ」っという感じです。別に極端に残虐なシーンが出てくる訳ではないですが。

やっぱり第3期もよまなくっちゃ(笑)

2005/03/25 (Fri) 今日のろぶろぐ
今日のろぶろぐ

えーーーー 何だこれぇぇぇー わかんないよう
ととりあえず叫ぶ。辞書と首っ引きでもわかりません。今日はとりわけ強引な意訳でGO!

3月24日

今日サントラが届いた。(次のブロックはそのまま訳すとよくわからないのでコメントだけ:今回の映画では、エルヴィスや、ジョイ・ディヴィジョンや、チェット・ベイカーやボウイを含む特別な歌やパフォーマンスに言及していて、でそれのぞれの歌に関するギャランティの交渉で苦労していたらしい。お金がかかるとか、映画で使うのはいいけどサントラCDに入れるのは別よ、ということだったのか?)
しかし、音楽監督(ミュージック・スーパーバイザー)のMichaela Kalowskiの、何も不可能はないという態度と、音楽業界からのこの映画に対する強い意気込のおかげで、最終的に、サントラにJoy Divisionの TRANSMISSION、Bowieの WE ARE THE DEAD from DIAMOND DOGS 、 Elvis Presleyヴァージョンの Joe South’の WALK A MILE IN MY SHOES、そして Chet Bakerの MY FUNNY VALENTINE、を入れることができた。
オーストラリアの分野ではDied Prettyの有名なSWEETHEART, Gelbisionの 彼らの最近のアルバムからKEEP IT CLEAN そして、Noam ChomskyについてICE NINE からのボーナストラックを入れている。それらはすべて映画の中でAlan Johnのすばらしいスコアによってよりあわせられている。アランと私はThe Bankでも一緒に仕事をした。そしてABC TVのTHE BATTLEFIELD OF KURUKSETRA でも仕事をしている

映画の中の音楽のスタイルはトレイラーの真ん中あたりで
確認することができる

今日自分は朝の6時半にDubboに飛んで、その4時間後に帰ってきた。Mission Australiaのテレビコマーシャルの予備偵察のためである。

Mission Australiaは、少年犯罪者の出所後のサポートプログラムを持っていて、あるTAFEコースでは機械工や溶接のトレーニングのプレ見習い (徒弟制度)にかかわっている。
そのコースでは、期間中にlocal trackでレースをする、ゴーカートを作れる、といった生徒にやる気おこさせるものが組み込まれている。自分はそのレース場を訪れたが、とても映画的だった。しかし、自分が一番インパクトを受けたのはより単純な先住民族の言語のティーチングプログラムで、こどもたちを学校にとどめておくためのやる気をおこさせるものを作るアプローチの積み重ねだった。

「どうやったら私は一分間のコマーシャルですべてから引き出すことができるだろう??」


2005/03/24 (Thu) 本読み
雑事をほうりなげて出かけ中。少しはまとめて本が読めるかな、ととりあえずいろいろ抱えて出かけてきました。でもこっちでも丸善があるから買う気なら買えちゃうんだよねぇ・・・なんて。
でもこちらの丸善は地元のよりずっと洋書コーナーが充実しててうらやましいです。はい。
家からはとりあえずデルトラ第2期3冊を持ってきました。帰るまでに3冊読みきれるかな?

2005/03/24 (Thu) 70万語
結局デルトラで70万語。今回は出張のおかげで夜にがしがし本が読めたので、良い感じでした。毎日このくらい本が読めたらなあ(笑)

2005/03/22 (Tue) 今日のろぶろぐ
ろぶろぐガンガン行こうぜモードです。うれしいけど、追いつけないよ~ 

と、とりあえずぜーぜー言いながらあとをおっかけます

********

3月22日

今日の最後に届いたステキなニュース。3ドルのscreenplayが印刷されてきた。Currency Press からの発行で、序文はBob Ellis。Elliot Perlmanが、Perth Festival of the Mindsで行った、経済的合理主義についてのスピーチ(??)も含まれている。
Currencyで出版された脚本を、10学年の時からずっと読んできたし、(この出版社の脚本を)たくさん持っている。だから3ドルのscreenplayをCurrencyから出版できてものすごくうれしい。

Picadorが映画公開にあわせて原作を重版してくれた。
おもしろいことに、Picadorはscreenplayが出版されるより先に、映画のポスターを使わずに、素晴らしい、独自のモンドリアン風のデザインのカバーで出版した。3ドルのサイトからは、異なったイメージのポスターをそれぞれダウンロードできる。

どこで公開 Q&Aをするのかという投稿があったが、 Brisbane, Sydney, Melbourne, Hobart, Adelaide and Perth に行く予定だ。Elliot Perlman はニューヨークから戻ってきて、Sydney, Melbourne, Perth そして CanberraのQ&Aに出席する予定だ。
予定が確定したらここに書くことにする。DWとサラ・ウィンターも参加するだろう。

***********

3月21日

「3ドル」切手。映画の記念切手が発行されるのはそうあることではない。Mission Australiaが「3ドル」切手を発行している。

映画公開を記念してSouvenir Stamp Sheetが発行される。
詳細はLastminute.com の該当ページで

2005/03/21 (Mon) 今日のろぶろぐ
3月20日
** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
先週投稿された質問への答え

その1:3ドルは国際的に公開されるか?
答え:公開される。イタリアではBankも公開したFandangoで。その他、UK、USからも興味を持たれている。詳細はBecker Film SalesのReiko Bradleyにレポートを頼もうかな

その2:俳優たちの間の結びつきはどんなか?
答え:一番重要なのはエディと、タニヤとアビーの家族。この3人の俳優たちのむすびつきは素晴らしい。家族らしさを築くために、オフで、3人で水族館にいったりしていたらしい。

その3:監督は普通こんなに映画公開にかかわるのか?
答え:監督はそうしようとしてると思う。後は配給会社との関係。自分はFootprint Filmsの半分を所有しているからより濃く関わることになっている。

その4:映画撮影中何か特別な挑戦はあったか?

答え:たくさん。昨日写真をアップしたヘリコプター・チェイスのシークエンスについては今日。それ以外についても、この先、書いていくつもり。

ヘリコプター・チェイスの場面について

ここのスタントはDW本人がやっている。この場面は映画の中でクライマックスの一つ。最初は飛行機を使う予定だったが、農薬散布機の豪の協会ともめて、ヘリコプターに変更した。パイロットはベテランのBruce Tower。背景の岩面はAriapiles山で、それは自分たちにとってのラシュモア山(「北北西に進路をとれ」に出てくる、歴代アメリカ大統領の顔が掘られている山)だ。
ここのショットでは、突進してくるDWから離れていくように運転されたquad bikeの後ろに、ステディカムの技術者を乗せて行われた。
ヘリコプターはDWから30フィートかもうちょっと近いところまで傾けられるよう要求されたが、パイロットと、DWと、撮影者の連携が良かったのでもっと近づけられた。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
なんだかますます訳わかんなくなってきました(^^;)
撮影方法がらみのあたりはもはや何を言ってるんだか茫洋としております。普通のやり方ではうまく撮れないので、バイクにステディカムを乗せて撮ったらしいんですが、どこがどうなのか良くわからない・・・ううう。DVDでは映画とは別テイクを入れたいとかなんとかも言っているようです。

2005/03/21 (Mon) Goodbye Mr Hollywood
GR:Goodbye Mr Hollywood OBW1 総語数5700語

Goodbye Mr Hollywood (Oxford Bookworms Library)
Jennifer Bassett Tricia Hedge

Oxford Univ Pr (Sd) 2000-01-27
売り上げランキング : 93,430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Goodbye Mr Hollywood[an]:Jennifer[as]:Bassett


レベル1としてはこれぐらいでしょうか。さすがに物足りなさ感はどうしても出てきてしまいますが・・・


2005/03/21 (Mon) test
test

2005/03/20 (Sun) Return to Del
Return to Del総語数26000語

Return to Del (Deltora Quest)
Emily Rodda

Scholastic Paperbacks 2001-11-01
売り上げランキング : 58,554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Return to Del[t]:Deltora Quest[an]:Emily[as]:Rodda


デルトラ8巻目。きたきたきました~!! という感じの巻でした。
1巻目読了時にこうだろう、と思ったところは当たりましたが、Doom
(邦訳では「ジョーカー」)の正体はハズレちゃいました。でも言われてみれば性格を考えるとそうだよねぇ、でした。
原書読み後に該当巻の邦訳をちらちら読んでみたのですが、自分が勝手に脳内で読んでいる口調とか雰囲気とずれていてへぇ~おもしろい~という感じでした。言葉遊びやなぞかけもうまく日本語に移してるなあ、とか。Doomをジョーカーと訳すのは、一読しただけで、「普通の名前(リーフとかバルダとか)じゃなくて、その単語に意味があって」という名前としてはいいかとは思いますが、でもジョーカーだと、「Doom」という単語を聞いた時ほどの重さと暗さは伝わらないのが残念ですね。でもこのへんは邦訳の限界というか難しいかもしれません。

ラスト3巻は間に別の本を挟まずに読みましたが、やはり続けて読んだ方が読みやすいですね。第2期デルトラも続けて買ってしまおうかなあ・・・



2005/03/19 (Sat) 今日のろぶろぐ
3月18日

3$公開の方針が決まった。劇場も押さえたし、トレイラーと、公式サイトも運営されはじめた。公開は、最近のハリウッド映画のように200劇場越えのスクリーンで大がかりに公開、というのではなく、THE BANK や LANTANAの時と同じスクリーン数(最初は15館くらい)で公開をはじめてそこから順次拡大していくという方針を取る
上映館が少ないと、最終的な興収が少ないという危険もあるが、大がかりにはじめても、サポートコストが甚大で、悲惨な結果になることがある。

現在予定されている上映館のリスト。

これらの上映館では、「Q&A」や、特別プレミアや、キャスト出席や、書店やレコード店やその他事業との連携、地域のメディアの注目という特別のサポートが行われる。映画館のアーケド内の書店でfilm tie in版の原作と、Currency Pressから出版されるスクリーンプレイを販売するとか、原作者のサイン本を売るとか、レコード店でサウンドトラックを販売するとか、買った人に割引券みたいなものをつけるとかいったものとか。

今日の嬉しいニュースはDendyがTHREE DOLLARS公式サイトが当初考えられていたよりずっとアクセスされているためにサーバーをアップグレードしなければならなかった、という事。

できたら週末にかけて、約束したように、映画製作のプロセスに関して何かかけるだろう。みんなは何について知りたがっているんだろう?

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
いろいろキャンペーンやるんだな~ いいな~ オーストラリアに行きたいなあ~(笑)
どこかの劇場でのQ&Aとかはぜひ、DVDの特典に入れてください。



2005/03/19 (Sat) ロブ日記
Three Dollars公式サイトから、公開前一ヶ月、コノリー監督のブログが読めるようになっています。この監督のブログが結構マメな更新の上、一日分の分量が結構あるので、うわわわわ、という感じです。でもブログ発信は距離感がとても近い感じがします。

シラノの舞台が終わって、公開前のイベントにDWが出られるようになったら彼の話題もちょこちょこ出るようになるのかな。

ということで3$公開前企画、ロブろぐの概要を取り上げてみよう、のコーナーです。概要で、逐語訳ではありません。適当にはしょってのお届けです。なんだか最近めっきり××マラソンづいてるなあ・・・

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
3月14日

ブログ開始。公開まであと一ヶ月ほどで、それでこの時期に監督の視点から映画公開に関して書くことになった、ということ。これは彼の2本目の映画で、これら2本はどちらもオリンピックの時期に撮影されたということ(ということは次回は北京の2008年?)

この3$という物語はElliot Perlmanの小説をベースにしていて、辛い時期における良いひとの物語だということ。ジャンルわけが難しいが、サブプロットに生態系に関するスリラーがあり、また幼い頃の恋いの再燃という恋愛要素があり、映画全体を通して情感に訴えかける家族のドラマがある、ということ。

14日はサウンドトラックのアルバムの仕事をしていたということ。
Alan Johnのオリジナルスコアがあり、また、主人公はJoy Division(という伝説のロックバンド)の大ファンなのでこのグループの曲も重要で、とにかく金曜までにサントラアルバムのプレイリストを選定する必要がある。

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **
3月15日

15日はシドニーから2時間ほどの場所にある、Mission Australia’の Triple Care Farmへの往復と、そこへの訪問でほとんど終わった。Mission Australiaは3$の公開に関して、さまざまの素晴らしく価値のある方法で関わっていて、ロブ・コノリー監督はその見返りに2005年のTVでのMission Australiaのキャンペーンを監督することになった。監督は、自分はコマーシャルや、コンセプトの明らかな広告キャンペーンを監督したことはない。それにとりわけ、このような映画公開で、徹底的に忙しい時期に取ろうというのは自分にとって挑戦である。Mission Australiaのサービス内容は多岐に渡っているので、コマーシャルのコンセプトを決めるのは難しいようだ。
16日はキャンベラでスクリーニングだ。かつて、The Parliament HouseでのThe Bankのスクリーニングはキャンセルされたし(選挙前の政治的な問題のためにだと監督は思っている)、The Boysは映画産業への財政的支援を減らされる傾向にある状態の中で、上映することはあまりに危険だと見られた。だから、明日の夜はなにかブレイクスルーだ、という事になる

** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** ** **

3月17日

16日はキャンベラで3$のスクリーニング。ジョン・メイナード、デイヴィッド・ロバーツ、ニコール:ナバウト、ブライアン・ローゼン、メアリーアン・レイド、とコノリー監督が出席。

スクリーニング前には、政治家たちとのレセプションがあり。(映画産業へお金を落としてもらえるようにアピールできるようにという会合らしい。このへん経済用語などかなりあやふやで読んでいる)

スクリーニングはほとんど満席。主に、スタッフ、アドバイザー、政治家達。スクリーニングはものすごくうまくいった。観客は最後には泣いていた。映画の根底にあるヒューマニストが、党の方針を越える所を見た。それから、自分が、映画の中で皮肉的な部分になるだろうと期待した所が自分がイメージしていた以上に大きなウェイトを占めていた。

以下ちょっとネタバレっぽいんで飛ばす。


終わった後のディナーで、なんでキャンベラで映画のロケが行われないのかというような事についていろいろ喋ったらしい。




2005/03/18 (Fri) The Valley of the Lost
The Valley of the Lost総語数 25000語
The Valley of the Lost (Deltora Quest)
Emily Rodda

Apple 2001-10-01
売り上げランキング : 96,555

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Valley of the Lost,the[t]:Deltora Quest[an]:Emily[as]:Rodda


デルトラ7巻目。なるほどこうきたか! という感じ。途中、え? そうなの? と思ったらラストでああで、やっぱりあれかな? です。いよいよ次ぎは最終巻。ここまできたら一気に行きたいので次ぎもデルトラ、8巻目を読むことにします。


2005/03/17 (Thu) 誘惑に負けて
誘惑に負けてぽちっとなしてしまいました。コレ
The Hobbit
J. R. R. Tolkien Rob Inglis

Recorded Books 2001-07-01
売り上げランキング : 5,813

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Hobbit,the[an]:J[as]:Tolkien[an]:Rob[as]:Inglis


そもそもは指輪の朗読CDの誘惑にさらされていたのですが、お値段もさることながら、本当にCD52枚なんて聞けるのか?? という心配と不安が先にたったせいでした。それでその前にこれで足慣らしというか耳慣らしというか頭慣らし。もしちゃんとこれを聞き通す事ができたら、指輪朗読CDを自らに許そうかな、なんて。実はHobbitの原書は持っていますが通読したことはないので、読んでもらいながら原書読破というのも案外いいのかな、と考えるに至りました。
「ホビット・マラソン」という所でしょうか。完走できたら次ぎは「指輪・マラソン」・・・かな?



2005/03/17 (Thu) The Maze of the Beast
The Maze of the Beast 総語数28000語

The Maze of the Beast (Deltora Quest)
Emily Rodda

Apple 2001-09-01
売り上げランキング : 77,867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Maze of the Beast,the[t]:Deltora Quest[an]:Emily[as]:Rodda


デルトラ6巻目。前の巻が自分ではなぜかダレていたのが、6巻目は良かったです。今まで読んだ中では一番難しかった気がしました。どうしてだろう。場面が変わるから?? えーっとあれがこうで、そうだよね? とときどき数頁戻って確認してから読みにいったりして(^^;)

このまま勢いでデルトラ第一期よんじゃおうかなあ・・・


2005/03/15 (Tue) 60万語
折り返しの50万語を過ぎて次ぎの10万語。アレックス・シアラーで勢いに乗った感じでしたが、あまり続けて読まない事にして、買ってあるもう一冊のアレックス・シアラーの「The Hunted」はちょっと間をあけてからにすることに。Hunterも裏表紙を見ると、かなりサスペンス調の様子。医学が発達して、みんな若く、長生きできるようになった世界、でも「本当の子供」は少なく、「自然に生まれた子供」というのは希少価値である世界で、子供たちは買われたり売られたり誘拐されたりという恐怖にさらされている・・という話らしく、sinister thrillerと、あります。うーんどきどき。ミステリやSF好きが大人のPBに挑戦する前にアレックス・シアラーというのは案外良いのかも(^^)Bootlegも近未来というか平行未来世界という感じだったし。


2005/03/15 (Tue) Uncle Elephant,Owl at Home
Uncle Elephant,Owl at Home ICR2 総語数 1700 + 1500
Uncle Elephant
Arnold Lobel

Trophy Pr 1986-10-01
売り上げランキング : 16,230

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Uncle Elephant[an]:Arnold[as]:Lobel

Owl at Home (Harper Trophy I Can Read Book)
Arnold Lobel

Trophy Pr 1982-09-01
売り上げランキング : 11,119

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Owl at Homet[an]:Arnold[as]:Lobel


アーノルド・ローベル 2冊。どちらも穏やかで優しい話。



2005/03/15 (Tue) A Tough Guide to Fantasyland
coverA Tough Guide to Fantasyland (Gollancz SF S.)
Diana Wynne Jones

Gollancz 2004-11-18
売り上げランキング : 204,051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:A Tough Guide to Fantasyland[an]:Diana[as]:Jones


ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド
ダイアナ・ウィン ジョーンズ Diana Wynne Jones 原島 文世 岸野 あき恵

東洋書林 2003-12
売り上げランキング : 42,077

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:daiana-win-jo-nezunofantaji-randokankogaido[an]:Diana[as]:Jones



ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイドの原本を購入。これは一言で言えばそう、ファンタジー版ダイアナ・ウィン・ジョーンズ風味悪魔の辞典(ちょっと古い?)といった所でしょうか。ファンタジーの「様式」をツアーガイドという形で書いてあって、これは「ダークホルムの闇の君」と対になる本です。
(対というかこのガイドを書いた後に、ダークホルムの闇の君を書いているから、このガイドブックを持って実際に旅に出る世界の話を後から書いたという事なんでしょう(^^;))
で、「公認表現」など、原文で読んだらまた味わいがあって良いかなと思い購入してみました。これも通読用ではなくてぱらぱら本のつもり。でもこれを通読したら、一般向けのファンタジーなペーパーバックが読めるようになるかもしれません(^^;)。


装丁は邦訳の方が見やすい感じがしました。邦訳の方は、必携単語集に載っている単語は文中で太いゴシックで印刷されているので文の中で浮かびあがって見やすいのですが、原書の方は、この書体はなんだろう、地の文の書体とはもちろん違うのですが、「太くない」のでちょっと強調度が低いような気がしました。

2005/03/14 (Mon) The Lost
The Lost234/234頁 総語数48000語

The Lost
Alex Shearer

Macmillan Children's Books 2004-07-02
売り上げランキング : 242,690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Lost,the[an]:Alex[as]:Shearer


前半からの流れで、親友を無くした喪失感と闘って回復する話なのか? と思っていたら後半は一挙にサスペンス色が強まり、え? そっち系の展開になるわけ? と感じました(^^;)
展開は目新しい、という訳ではないのですが、前半で丁寧に書かれてきたJoeの心の動きをベースにして、物語は急速に進行していき、クライッマックスはかなり派手でした。
中盤からは物語に慣れたせいか読みにくさも薄れ、一挙に読まされました。

やはり一冊の本としてこのくらいの分量を読むと、「小説を読んだ!」という気持ちになりますね。



2005/03/14 (Mon) スランプ?!
スランプもどきと復帰

まだ多読もどきをはじめて2ヶ月くらいしかたたないのにもうスランプかいというつっこみが入りそうですが、なんちゃってスランプです。
なんというかものすごーーく不遜に聞こえてしまう所をあえて言ってしまうとここ一週間ほどの自分の読みがあまりおもしろくなくていました。
デルトラはそこそこおもしろいんだけど、あまりにお約束にのっとって書かれていてちょっと飽きてしまう。中ボスと出会って適度に苦労して、智慧と勇気を働かせて中ボスを倒して宝石を手に入れる。いろいろと工夫されて、おもしろいのですが、ファンタジーずれしている自分には、ちょっと飽きが出てきたという感じ。
GRは今は3~4を中心に読んでいるのですが、確かにすーっと読めるんだけれど、やっぱり知らない単語はそこそこ出てくるし、まあそれは良いとして、大抵、3~4のレベルの本は一万語くらいで、1時間~1時間半くらいで読み切れるのはありがたいんだけどその分なんとなくものたりない気分になってしまう。
絵本やIcan Readなどのシリーズは可愛いけれど、これをメインにしたらお金が掛かりすぎ・・・・(^^;)

どうしたらよいのかしら~と思って、ちょっとまだ早いかな? と思っていたアレックス・シアラーのThe Lostにトライしてみた訳です。もともとヤング・アダルトものは好きなので、Bootlegも楽しく読めたし行けるかもと考えてのトライでした。
今の所、自分の中にあったおもしろくなさがふっきれてきていい感じです。

さきほどAさん(今さら名を秘してどうするという感ですが)にもコメントしましたが、レベルをあげるのが早すぎじゃないだろうか、本当にこんな読み方で良いんだろうか、SSS的にはもっとゆっくりレベル上げという事なんだけど、もっとGRにしても易しめの本をたくさん読んだ方がいいの?? という疑問がつきまとって、そういう意味で、GRの本を(もちろん、興味のある題をピックアップしているんですが、)義務のように読んでいたからスランプっぽい感じがしたのかな、と思えました。それで「もっとゆっくり」、というのを一時棚上げにして、自分が好きそうなのにトライしてみて、ダメだったらおいておく、大丈夫だったら行ってみるという風にしてみようかな、とちょっと背伸び読書にトライです。まあダメだったら易しいのに戻れば良いわけですし、読みたい本とはいってもまだまだHoMeを辞書なしでトライするような無謀さも持ち合わせておりません。でも「これはもうちょっととっておく」、ではなくて、この本を「とりあえず読んでみてダメかどうか試して」みようかなあ、と思うようになりました。

多読はこういう判断も含めていろいろ奥が深いというか楽しいというか難しいというかそんな気がします。でもおもしろい部分の方が多いですけれども。

2005/03/13 (Sun) 電子辞書
電子辞書

英辞郎 第二版 「Special Valueパック」

アルク 2005-03-04
売り上げランキング : 4

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:eijiro 2nd[an]:arc[as]:arc

今さらながら電子辞書を入れました。今までは普通の紙の辞書を引いていたのですが、ときどきweb上で使っていた「英辞朗」を入れてみました。値段もお手頃ですし。
といっても買ったのは上のものではなく、作成グループサイトからのダウンロード版です。
ちょっぴりお安くて、おまけはついてません。でもおまけは結局聞かなかったり使わなかったりするので、いっそとやめました。
便利ですね~Doko-popというソフトと一緒に使ったら、単語にマウスをあわせて、Ctrlキー+右クリックで単語の意味が出る! 
うわ、はや!。こういうのを使いだすと紙の辞書に戻れなくなるというのはわかるような気がします。
今までは、学習辞書>リーダース>オックスフォード英英
ネット上のスラング辞典という感じだったのですが、使うのが変わりそうです。
それからモバイルギアにも辞書を閲覧できるソフトを入れられる事がわかったので、早速英辞朗を使えるようにしました。カードに辞書を読みにいくのでちょっと遅いですが、それでも感動です。おお! 電子辞書みたい!(ここでいう電子辞書というのはあれです「電子辞書」という名前でカシオとかセイコーとかから売られてる奴です)
PC上で使い勝手がよければ、電子辞書版のリーダースか、何か英英辞典を買ってみようかな・・なんて思い始めています。



2005/03/12 (Sat) The Lost
The Lost125/234頁

The Lost
Alex Shearer

Macmillan Children's Books 2004-07-02
売り上げランキング : 242,690

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Lost,the[an]:Alex[as]:Shearer


Bootleg:チョコレート・アンダーグラウンドの作者の本。

JoeとJonahは親友。いつものように落ち合って学校へ行く途中、消防車が走り抜けていった。それを追いかけたJonahはそのあと、帰ってこなかった。月日がたち、皆がJonahを死んだ者と思い、彼を忘れても,Joeはそうは思えない。Jonahが消えてしまってから2年が過ぎた春、物語がまた動き始める。
という所まで読みました。なかなかに痛々しいです。主人公はJoeですが、親友を失った彼の喪失感、罪の意識がせまってきます。SSSの書評によれば読みやすさレベルYLは、「5」だそうですが、うーん、5? 主人公はとっても後悔してますので、やたら、いわゆる「仮定法過去完了」とかそのあたりが出てきますし、主人公の母親がなんというか「スピリチュアル系」のお店で仕事しているので、「vison」風な説明が出てくるシーンなどがあり、私にはSSSの5.5のデルトラよりちょっと難しい感じなんですが、単に自分がファンタジー属性が高いせいなのかな?

小説のつくりとしては今まで読んだ中で一番一般小説に近いかも。

2005/03/11 (Fri) Mouse Soup
Mouse SoupICR2 総語数1350語

Mouse Soup (An I Can Read Book)
Arnold Lobel

Trophy Pr 1983-09-01
売り上げランキング : 10,275

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Mouse Soup[an]:Arnold[as]:Lobel


これも邦訳あり。結構邦訳の日本語が聞こえてきてしまう(^^;)


2005/03/11 (Fri) The Prisoner of Zenda
GR:The Prisoner of ZendaOBW3 総語数11000語

The Prisoner of Zenda: Level 3: 1,000-Word Vocabulary (Oxford Bookworms Library)
Diane Mowat Jennifer Bassett

Oxford University Press 2004-01
売り上げランキング : 314,253

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Prisoner of Zenda,the[an]:Anthony[as]:Hope


ゼンダ城の虜。邦訳は未読。血湧き肉踊る大活劇系。敵キャラのルパートがいい味だしてます。
主人公が、赤毛、青い瞳、長い、筋の通った鼻というあたりに反応してしまうあたり・・・(^^;)




2005/03/10 (Thu) Dread Mountain (Deltora Quest, 5)
Dread Mountain (Deltora Quest, 5) 総語数約27000語
Dread Mountain (Deltora Quest, 5)
Emily Rodda

Apple 2001-08-01
売り上げランキング : 70,469

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Dread Mountain[t]:Deltora Quest[an]:Emily[as]:Rodda


デルトラ5巻目。今までとはまた雰囲気の違う巻。Doomは一体ダレなんでしょ? という伏線張り。そしてやっぱりリーフがアレなんじゃないのと匂わす描写あり。これで違ったら泣きます(^^;)
Kinという生き物は上手く映像化できないんだけど、羽根の生えた空飛ぶミニカンガルーという感じなのですが(笑)


2005/03/10 (Thu) Heavy-Duty Trucks
Heavy-Duty Trucks SIR3 総語数750語
Heavy-Duty Trucks (Step Into Reading)
Joyce Milton Richard Courteney

Random House Childrens Books 2000-02-01
売り上げランキング : 136,282

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Heavy-Duty Trucks[an]:Joyce[as]:Milton[an]:Richard[as]:Courteney


働くくるま


2005/03/09 (Wed) Something Rich and Strange
Something Rich and Strange: A Treasury of Shakespeare's Verse

Something Rich and Strange: A Treasury of Shakespeare's Verse
William Shakespeare Gina Pollinger Emma Chichester Clark Emma Chichester Clark

Kingfisher Books 1995-09-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Something Rich and Strange: A Treasury of Shakespeare's Verse[an]:William[as]:Shakespeare


せんだって注文していた本が届きました。大体考えていた通りの装丁で、少し安野光雅氏の絵を彷彿とさせるような柔らかな色味のイラストたくさんと、シェークスピアのVerseというつくりでした。通読する、というよりはときどきぱらぱらめくって楽しむ本、という所でしょうか

本の中はこんな感じ。

somethingrichandstranges.jpg



プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。