カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dargons of Deltora

Shadowgate (Dragons of Deltora, 2) YL 5.5 総語数38402語
Shadowgate (Dragons of Deltora, 2)Shadowgate (Dragons of Deltora, 2)
Emily Rodda Marc McBride

Scholastic Paperbacks 2004-09
売り上げランキング : 38921

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Shadowgate ([t]:Dragons of Deltora, 2)[an]:Emily [as]:Rodda


第3期2巻目。四姉妹の二人目は北です。Masked Onesという動物をモチーフにしたマスクをかぶる一族と出会ったリーフたちですが、なかなかそれぞれくわせものです。
Maked Onesと、四姉妹のかかわり、思わぬところで出会った古い友人。裏切りなどなど相変わらずもりだくさんです。
しかしリーフもおよそ18歳くらいになってると思うのですが、わりと「こども」のイメージのままです。
一巻目のイメージを引きずっているのか(とはいっても一巻目も16歳くらにはなっているのだけれど)
あんまりイロっぽい話が出てこないせいなのか(^^;)
3巻目は西に行くことになります。
スポンサーサイト

洋書バーゲン!

丸善仙台店で洋書バーゲン中です。早速物色して参りました。
購入は以下の4冊

Jonathan Strange & Mr. NorrellJonathan Strange & Mr. Norrell
Susanna Clarke

Tor Books 2006-07-31
売り上げランキング : 33530

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Jonathan Strange & Mr. Norrell[an]:Susanna [as]:Clarke


The Book of Three (The Chronicles of Prydain)The Book of Three (The Chronicles of Prydain)
Lloyd Alexander

Henry Holt Books for Young Readers 2006-05-10
売り上げランキング : 15320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Book of Three (The [t]:Chronicles of Prydain)[an]:Lloyd [as]:Alexander


NastybookNastybook
Barry Yourgrau

HarperTrophy 2007-05
売り上げランキング : 26741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Nastybook[an]:Barry[as]:Yourgrau


Mother Goose: Old Nursery Rhymes (Wordsworth Collection)Mother Goose: Old Nursery Rhymes (Wordsworth Collection)
Arthur Rackham

Wordsworth Editions Ltd 1998-04-01
売り上げランキング : 41187

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Mother Goose: Old Nursery Rhymes (Wordsworth Collection)[an]:Arthur [as]:Rackham



一冊目はMarginaliaさんのところのレビューを読んで以来ずっと気になっていたもの。読みたいけれど英語力が追いつかないしなーと思っていたものですが、まず手元に置くことかな、とバーゲン台の上で目があったことを運命だと思って購入。
2冊目はロイド・アリグサンダー(ロイドという名前が「L」を二つ重ねるんだとは今日本を手にとってしげしげとながめてから初めて気がつきましたよ)のプリディン物語の第一巻。邦題、「タランと角の王」の原題はThe Book of Threeだったんですね。
3冊目は、表紙のあおりの「ニール・ゲイマンもおもしろいっていってるよ」に惹かれて購入。
4冊目は、なんとなく雰囲気で(笑)

どの本も丸善価格よりはずいぶんお安くなっているとはいえ、(350-750円程度)実はアマゾンで購入したらどっこいの値段かも? だったりで、それほどお得感がある訳ではないのですが、平台にのってバーゲン!! となっているとつい手にとってふらふらとレジに行ってしまうのでした。

今回のバーゲンで購入しなかったけど目についたのは、グリシャムやコーンウェルが結構出ていたこと、ナルニア、ダレンシャン、エミリー・ロッダのファンタジー、など児童ファンタジーがそこそこ出ていたこと、ペンギンクラシックス系の古典が出ていたこと、あと、ロマンス小説が少し、一般小説が少し、映画のノベライズが少し。

3月第一週までやっているようなので、お時間のある方はどうぞ。
私ももう一回くらい物色しに行く予定です。

Dragons of Deltora Dragon's Nest

Dragon's Nest YL 5.5 総語数35,022
Dragon's Nest (Dragons Deltora)Dragon's Nest (Dragons Deltora)
Emily Rodda

Scholastic Paperbacks 2004-06
売り上げランキング : 36799

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


長らくほうっておいたデルトラクエスト第3部にとりかかりました。結構ほうっておいたよな、前作を読んだのがいつだったのかブログをさかのぼってみたらおよそ3年まえでした。
どうりでいろいろすっかり忘れているわけだ(^^;)
既出の街とか人物とか忘れていて、いかんですねぇ。

一巻目のリーフはちょっとつかれぎみ。デルトラ国の影の王による長らくの汚染のせいなんでしょうか? 王様になってからのリーフの方がストレスかかっててちょっとかわいそうな感じです。

がんばれリーフ!!

やっぱり勉強?!

NHK出版の英語力測定テストをやってみました。

http://www.mailservice.jp/nhk_book/guide2008/index.html

これはウェブ上で試すことができるテストで、2008年度のオススメ講座へとつながるもの。
現在発売中のCDムック;NHK英語講座公式ガイド2008~英語力測定テスト付き!と連動しています。
(チャレンジ1はこのガイドブックがなくても挑戦できます)
NHK英語講座公式ガイド2008NHK英語講座公式ガイド2008

日本放送出版協会 2008-02
売り上げランキング : 9379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


で、結果をさらします
NHK


ううむビミョウな結果(^^;) 

リスニング 3/4
会話・表現 3/3
文法 1/3

この結果を見ると、英文法がとりわけダメというのがよーく反映されてます。リスニングのミスはとある単語にひっぱられて良く聞かず、重要なセンテンスを聞き落とした、というところなのですが、構文や単語自体は特別難しいものが入っている訳でなく平易な文章なんですよ。むむむむむ。

多読は多読として勉強タイムも作ろうかなあ。
しかしすでにiKnowは挫折中な私・・・・・


Chasing Vermeer

Chasing VermeerYL 5 総語数39,150語
Chasing Vermeer
Chasing Vermeer
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Prof Book Div 2005-05
売り上げランキング : 40561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Chasing Vermeer[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


読了。ちまちま読んでいて、読了前に一度アップしようとして直書きして、さあ登録というときにうっかりヘンなキーを押して消えてしまい、書き直す気力もなくて放置。
で、読み終わりました。
えーと、なんだろう、この本はストーリー展開がまとめにくいというか、なんというか。
読む前はもっと論理的な形で推理されて話が進むかと思っていたんですけど、もっと直感とか、符号とか、暗示とかそういう方向で話が進むんですよねぇ。
なのでそれなりにきっちりしたトリックを期待して読んだらあれ? と思うかも。
ぺトラとコールダーは可愛かったですけれども(^^)
偶然の一致とか、暗示とかそういうのに導かれるのがいいかだめかで評価がわかれるかもしれません。

The Wright 3The Wright 3
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Paperbacks 2007-06
売り上げランキング : 118613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:The Wright 3[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


2巻目のThe Wright 3はフランク・ロイド・ライトがメインで、HGウェルズやらフィボナッチ数列が絡んでくるとか
なかなか楽しそう。ぽちっとなしちゃおうかな。

Chasing Vermeer

Chasing VermeerYL 5 総語数39,150語
Chasing Vermeer
Chasing Vermeer
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Prof Book Div 2005-05
売り上げランキング : 40561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Chasing Vermeer[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


読了。ちまちま読んでいて、読了前に一度アップしようとして直書きして、さあ登録というときにうっかりヘンなキーを押して消えてしまい、書き直す気力もなくて放置。
で、読み終わりました。
えーと、なんだろう、この本はストーリー展開がまとめにくいというか、なんというか。
読む前はもっと論理的な形で推理されて話が進むかと思っていたんですけど、もっと直感とか、符号とか、暗示とかそういう方向で話が進むんですよねぇ。
なのでそれなりにきっちりしたトリックを期待して読んだらあれ? と思うかも。
ぺトラとコールダーは可愛かったですけれども(^^)
偶然の一致とか、暗示とかそういうのに導かれるのがいいかだめかで評価がわかれるかもしれません。

The Wright 3The Wright 3
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Paperbacks 2007-06
売り上げランキング : 118613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:The Wright 3[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


2巻目のThe Wright 3はフランク・ロイド・ライトがメインで、HGウェルズやらフィボナッチ数列が絡んでくるとか
なかなか楽しそう。ぽちっとなしちゃおうかな。
プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。