--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/04/28 (Mon) ラジオ講座4週目
ラジオ講座4週目

チャロ:すごい勢いで話すマルリゲータ登場。言っている文自体はそれほど難しくないのですが、ざらざらざらっと続けて固まりで言われるとぼこぼこ文が落ちてしまいますね。いきなり手強くなったカンジです。
いかにスピードが変わると聞き取れなくなるかって思い知らされます。
「ちょっとドレッド、最近顔見せなかったじゃない、どうしてたワケ? ちょっと、そんな風なのやめなさいよ。あたしたちトモダチでしょ? もお、にっこり笑ってみたらどうなよ。 とにかく今日はいい天気よね。ん? まあまあまあまあ、この小さいのダレ? カワイイわねぇ、あんた、名前なんて言うの? ・・・・」
というようなことをだーっと一気にしゃべられるとなかなかついていけません。
うーむ。英語耳体力をつけなくては(^^;)



徹底英会話
こちらは物語が動くというカンジではないので、ごく普通にトレーニング。パターンが決まってますので、単調になりがちかな?



というわけで4月分が終わりました。チャロはドラマですし、ウェブのストリーミングがあるし、出席表やミニテストつき、ということでモチベーションが保てています。
一方の徹底トレーニングの方はトレーニングしてるなーという気持ちになりますが、一方でいかにも普通のラ講、普通のお勉強なのでうっかりするとずるずるドロップアウトしそうです。
精進します。
スポンサーサイト

2008/04/21 (Mon) ラジオ講座3周目
ラジオ講座3週目終わりました。

チャロ:丹下の親父さんみたいなボクサー犬、ドレッドが、強面でぶっきらぼうだけど親切、といういい感じです。
しかしドレッドの台詞ははーどぼいるどなので、これを覚えても実生活で使う機会はあるのだろうかという(^^;)
(ex: Who do you think you are? おまえ何さまだと思ってんだ? You'd better be (sorry), あたりまえだ(申し訳なく思うのが))
3週目はドレッドがローザ(レストラン経営者。残り物を野良犬とかに良くあげているらしい)のところに連れていってくれます。

徹底:
出かけていた間の分が聞けなくてたまってしまいました。3日分まとめては結構辛いなあ。
やはり一度ためてしまうとぐだぐだになってしまいますね。
ためないようにしなければ。

2008/04/14 (Mon) ラジオ講座2週目
ラジオ講座2週目終わりました。

チャロは、目で文章を読むとそれほど難しくないけれど、音だけで聞いていると結構いろいろ落とすというレベルで、デクテーション等の難易度的には自分にあっているような気がします。
ストーリーはきちんとひっぱってくれるし、キャラも立ってるし、良い感じです。


徹底の方は、チャロと同じく、音だけで聞くと聞こえない単語や句動詞があり、オーバーラッピングやシャドウイングしようとすると口があわあわになってしまうというレベル。
あと聞こえるべき、と脳が思う音と、実際に聞こえてくる音の違いのすりあわせが必要という感覚とか。
こちらはなるべくリアルタイム放送を聞くようにしていますが、あまり大声ではいえない某所にアップされているのを発見したので、ちょっと安心(そこでトークマスターやラジオサーバーを買うのが正道なのですが)しました。

3周目がんばります。

2008/04/13 (Sun) 500万語通過
今回の100万語はずいぶん時間がかかってしまいました。2007年の3月30日に400万語通過したのですから、もう一年以上過ぎています。
500万語通過本はBeowulfかと思いきや、The Oxford Bookworms Library Stage 4の「A Mordbid Taste For Bones :Ellis Peters」になりました。


500万語の内訳は



             GR   児童書 MANGA 一般書 合計
YL0~0.9                             0
YL1~1.9                             0
YL2~2.9            2                2
YL3~3.9            1                1
YL4~4.9       1                     1
YL5~5.9            6                6
YL6~6.9            2           4    6
YL7~7.9            1                1
YL8~8.9                              0
合計          1    12          4   17

今回もGR率が低く、一冊のみ。今回一般書籍は、オールロマンス小説でした。一般書にしてレベルが6(イメージとしては6.5平均くらいですが)というのは、結末が決まっているのと文章の口当たりが良い、(口当たりというのもヘンですが)、あまり面倒くさいいいまわしがなく、ひっかかるような文がなく読みやすい、というので、このへんのレベルにしています。語彙的には児童書より難しい語彙を使っていても、文の流れとして読みやすいというか。

400万語から500万語の100万語を振り返っては、読んだ月と読まない月の差が大きかったな、という反省が大きいです。実は2007年の4月ー7月の3ヶ月でおよそ60万語読んでいたのですが、その後どうもうまく読めず、(それはリアルでばたばたしていたの、とか、途中まで読んで投げた本が多かったとかあって)11月に一週間くらいでハリポタを読んだものの、8月ー12月はほとんど完読したものがなく、年明けからまたぽつぽつ読み始めてやっと100万語過ぎたというのがちょっとだったなあ、と。
読まない月が長くなると、英語の本にとりかかるのがおっくうになりがちなので(そしてまた英語の本を読まなくなってしまう)忙しい月は薄くて易しい本でつないでいても良かったかなーなどと思いました。後は雑誌とか。

ひそやかな目標としての1000万語の折り返し点に来ましたが、うーん 進歩がないなあ。とうなるばかり。
レベルが上のキリン読みに偏りがちなので、Children's Illustrated Encyclopediaとか、 The Wonderful worlds of WALT DISNEYとかの拾い読みも平行して読んでいきたいです。とりあえず次の100万語の目標は、
積ん読本を減らすこと!!

精進します(^^;)

2008/04/12 (Sat) A Mordbid Taste For Bones
A Mordbid Taste For Bones(The Oxford Bookworms Library Stage 4) YL4 総語数16000語
The Oxford Bookworms Library Stage 4: 1400 Headwords: The Oxford Bookworms Library Stage 4: 1400 Headwords: "A Mordbid Taste For Bones"
Ellis Peters Diane Mowat

Oxford University Press 2002-03-14
売り上げランキング : 95826

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


せんだって某Pさんから誘惑されてぽちっとなしたもの。アセルスタンを読み始める手始めにこちらをまずかな、と読んでみました。
邦題は「聖女の遺骨求む」 原題の方が遺骨への危なっかしい希求具合が感じられるような気がしました。
中身はなんとなく忘れていたので、新鮮な気持ちで読めました(^^;) カドフェルは、さすがに酸いも甘いもかぎ分けた、といった感じです。アセルスタンとは人生経験の差が出てる?!

Retoldで、分量もざっくり減ってますので、さすがにあらすじ風。Audibleで聞き返し読みに挑戦してもいいかもしれない、と思いました。原文の難しさってどれくらいなのかしら。

2008/04/09 (Wed) 海を越えてやってきたモノ
切手


アマゾンUKのマーケットプレイスをはじめて使いました。エリザベス女王の横顔の切手!
オックスフォードの消印!! なんだか自分の中で妙に盛り上がってしまいました。

さてその中身は。
某Eさんのブログを読んでついぽちっとなしてしまった
Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)
P.C. Doherty

Headline Book Publishing 1993-03-11
売り上げランキング : 182906

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother [t]:Athelstan)[an]:P.C. [as]:Doherty

いや、読めるかどうか全然あれですけど、手元に置くところから始めてみました(^^)

2008/04/03 (Thu) Magic finger
The Magic Finger YL 2.9 総語数3748語
The Magic Finger (Young Puffin Developing Reader)The Magic Finger (Young Puffin Developing Reader)
Roald Dahl Quentin Blake

Puffin Books 2001-04-05
売り上げランキング : 7213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ちょっとした待ち時間に読了。ダールらしくちょっとブラック、でもカワイイ話です。カワイイというのは、Quentin Blake さんのイラストの力もあるのかもしれませんが。

2008/04/01 (Tue) NHKラジオ講座開始
NHK ラジオチャロの英語実力講座 2008年 04月号 [雑誌]NHK ラジオチャロの英語実力講座 2008年 04月号 [雑誌]

日本放送出版協会 2008-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:NHK[t]: ラジオ[t]:チャロの英語実力講座 2008年 04月号



NHK テレビリトル・チャロ カラダにしみこむ英会話 2008年 04月号 [雑誌]NHK テレビリトル・チャロ カラダにしみこむ英会話 2008年 04月号 [雑誌]

日本放送出版協会 2008-03-18
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:NHK テレビ[t]:リトル・[t]:チャロ カラダにしみこむ英会話 2008年 04月号



NHK ラジオ徹底トレーニング英会話 2008年 04月号 [雑誌]NHK ラジオ徹底トレーニング英会話 2008年 04月号 [雑誌]

日本放送出版協会 2008-03-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:NHK ラジオ徹底トレーニング英会話 2008年 04月号



ということで始めてみました。3講座も欲張りだなーと自分でもちょっと思いますが、リトルチャロはラジオ・TV・テキスト・Webサイト連動コンテンツとのことで、今年度ずいぶん力を入れているコンテンツのようですし、家の小さい人と一緒にできるかもという欲もあって、挑戦。
徹底トレーニングの方は2006年に始まったときにどうしようかなー、でもムリムリと興味はあったもののやらないでいた番組だったのですが、ちょうど2006年度分の再放送が、とのことで、いい機会だから自分用にやってみようと挑戦のつもりです。

初日の感想を以下に書いてみます。

チャロラジオ版は、
月曜:その週のエピソードをまるごとリスニング。
火-木曜:月曜のエピソードを3ブロックに分け、一日1ブロックの中で、解説や練習。
金曜:エピソードのまるごとリスニング
土曜:確認テスト
日曜:月-土分をまとめて聞ける

という構成で、月、火と聞いてみました。月曜はほぼエピソードのリスニングだけ。エピソードを3ブロックにわけて、ブロックごとに、日本語であらすじ解説をしてくれる感じで、いわゆる「お勉強」的な解説などはありません。物語の流れをつかむ日、というところでしょうか。
火曜日。昨日のストーリーを思い出して、というところからはじまって、ブロックの中の重要表現について解説。自分の中のラジオ講座というと、まずスキットが流れて、ボキャブラリー、重要表現、応用、というような流れのイメージだったので、ちょっとびっくり、というか新鮮(^^)
解説の後に、本日分のブロックのスキットが流れて番組が終わりました。
おそらく水・木は同じように続くのでしょう。
テキストも、書き込んで使う問題集とその解説のような形で、スキットの英文は綴じ込み付録の形で、まとまっています。
うーん こうなると、ちゃんと録音して、ドラマ部分だけをつなげたものとか作りたくなるかも。
このラジオ版は、なんとwebサイトで配信してくれるので、いつでも好きな時に(放送日から一週間は)聞けるというのがいいですね。

難易度的には、レベル3-4とあって、主に中3ー高校レベルということのようですが、会話部分が割と優しく、地の文がそれなり、という印象です。



チャロTV版

放送は週一回で再放送が何度かある、という形です。ドラマ部分をアニメで鑑賞、その後、それを使いつつ、スタジオで練習、という形でした。
英語学習というにはちょっと日本語率が高くなっていますが、TVの方は気軽に親しむというスタンスの様なのでこれもありなのかなという感じです。(ウチの小さい人たちはTV版を結構喜んで見ましたので低年齢層に受けがいいのかも)TV版は「カラダにしみこむ英会話」というだけあって、会話部分から文章をとりあげて解説していました。チャロは子犬ですし、日本犬なので、英語もかたこと、という設定(なのでチャロの台詞は英語日本語がちゃんぽんでした;)なかなかうまい作りだなと思いました。
難易度的には、レベル2-4。解説で取り上げられる表現におよそしぼって勉強すればレベル2,地の文まできっちり勉強すればレベル4というところでしょうか。



そしてwebサイト。アドレスはこちらです

チャロ・オンライン:https://cgi2.nhk.or.jp/charo/index.html
ゴガクル チャロページ:http://gogakuru.com/charo/

チャロオンラインが公式サイトで、こちらでラジオ放送のストリーミングを聞くことができ、メンバー登録をすると、出席表やマイチャート、マイ単語帳が使えますし、ミニテストの結果が蓄積されていきます。
こんな感じ。
チャロ

こういった出席表やミニテストなどはモチベーションの継続には力になってくれそうです。
ゴガクルのサイトのチャロページにも、おさらいフレーズや、ワンポイント英会話などがあって、
ウェブコンテンツが確かに充実してるなーという印象です。



そうそう、書き忘れましたが、ラジオ版とTV版は同じストーリーですが、ラジオ版の方が地の文が多くて、表現も微妙に違っています。ラジオとTVの差を見るのもおもしろいかもしれません。



徹底トレーニングの方は、自分の中のラジオ講座のイメージのままの作りで、まずスキットが流れて、ボキャブラリー、重要表現、応用、というような流れの構成。
今まで聞いたことがなかったので、「おお」と思ったのは、オーバーラッピングや、音読、デクテーションががあって、手や口を動かす時間があるなあ、というところでした。



どの講座も魅力的で、きちんと続ければ力になってくれそうです。問題は続けられるかどうかで(^^;)
モチベーション維持のために、週一でブログに感想など書くことにしようかしら・・・・・

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。