2008/11/30 (Sun) The Falconer's Knot
The Falconer's Knot38/297頁
The Falconer's KnotThe Falconer's Knot
Mary Hoffman

Bloomsbury Publishing PLC 2008-04-07
売り上げランキング : 206483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Falconer's Knot[an]:Mary [as]:Hoffman


やっぱりクリスマス本の前に読むことにしました。
ストラヴァガンザを書いたメアリ・ホフマンの小説です。
2007年のガーディアン賞のショートリスト、2008年アガサ賞 児童書及びヤングアダルト部門のショートリスト作品。

殺人の疑いをかけられ、修道院にかくまわれた裕福な男爵の跡取り息子、シルヴァーノと、父をなくし兄夫婦から厄介者扱いされ女子修道院に送られた娘キアラが主人公です。
修道院で連続殺人事件がおこり、二人が身を寄せる隣あった修道院と女子修道院は恐怖と混乱に陥って・・・・
という、14世紀、イタリア、修道院ミステリーです。

14世紀、イタリア、修道院ミステリといったら有名な「薔薇の名前」が思い浮かぶ訳ですが、この話がどういう経路でどういう場所に到着するのか楽しみに読み進めようと思っています。

邦訳はこちら
聖人と悪魔―呪われた修道院聖人と悪魔―呪われた修道院
Mary Hoffman 乾 侑美子

小学館 2008-10
売り上げランキング : 301807

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:s聖人と悪魔―呪われた修道院[an]:Mary [as]:Hoffman [as]:i乾 [as]:y侑美子


スポンサーサイト

2008/11/28 (Fri) さてどうしよう
次に読む本ですが悩み中。いや、積んである本は山とあるのですが、何を読もうか迷っています。
というのも、

12月、クリスマスに向けて、既に本を購入してあるんですねー(3ヶ月も前に!)
一冊目の本はオズの魔法使いを書いたフランク・ボームのサンタクロースの少年時代の話だそうで、
知らなかったけど10年くらい前にアニメ化されてTV放映された事もあるらしいです。
邦訳あり。
2作目はポール・オースターの「オーギー・レンのクリスマス・ストーリー」単品のミニ絵本。
この小品は私は村上春樹・柴田元幸共著の『翻訳夜話』で一度目を通しているのですが、季節的にもいいし、とブックバーゲンに出ていたのを購入したもの。
邦訳は上述の翻訳夜話と、柴田元幸訳の『スモーク&ブルー・イン・ザ・フェイス』にも収録されている筈。
The Life And Adventures of Santa Claus (Signet Classics)The Life And Adventures of Santa Claus (Signet Classics)
L. Frank Baum

Signet Classic 2005-11
売り上げランキング : 345372

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The[t]: Life And Adventures of Santa Claus (Signet Classics)L. [an]:Frank [as]:Baum


Auggie Wren's Christmas StoryAuggie Wren's Christmas Story
Isol

Henry Holt & Co 2004-11
売り上げランキング : 20876

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Auggie Wren's Christmas Story[an]:paul[as]:auster[an]:Isol[as]:Isol


ということでクリスマス本がもう2冊もあるわけですが、しかしなんとなく11月中からクリスマス本を読み始めたくない、という微妙な気持ちがありまして。
1:このまま2日ほどぷらぷらして12月1日からクリスマス本に取りかかる。
2:軽めの本を読んでからクリスマス本にとりかかる。

うーん悩みどころ。

2008/11/28 (Fri) Skulduggery Pleasant
Skulduggery PleasantYL5.5 総語数74900語
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


裏切りと殺戮。Serpeinとの決戦。そしてエピローグ。

読了しました。
ラスト近傍は結構陰惨です。児童向けだけど、うーんPG? PG13?
作者のランディ氏は、ホラー映画の脚本を書いて人だというのもこのへん読んでいると納得かな。
シニカル天然系なスカルダガリーとそれに律儀にツッコミ入れるステファニーのコンビが楽しかったです。ステファニーのオトコマエぶりも(^^)
シリーズ化の予定で、既に続編も発売されていますが、ペーパーバック版が出るまでまっていよう・・・

そうそう、公式サイトはこちら:http://www.skulduggerypleasant.com/

UKサイトではサンプルが読めますし、豪サイトでは一ヶ月の期間限定ですが、ふとっぱらにも朗読音源を全部聴くことができます。
その他壁紙やビデオクリップなども楽しめます。
このシリーズは既に映画化権が獲得されていて、近いうちに動きがあるかもしれませんね。



2008/11/26 (Wed) Skulduggery Pleasant
Skulduggery Pleasant 335/392頁
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


Gordonの地下迷宮でSerpeinがそれを見つけてしまいました!
なんとか取り返そうとするスカルダガリーとステファニーですが、かないません。
とりあえず一時撤退。
どうなってしまうのかしらー。

2008/11/22 (Sat) Skulduggery Pleasant
Skulduggery Pleasant 285/392頁
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


Gordon伯父の所に戻ってきた二人、さがしもののためには「鍵」が必要な事がわかります。
そこに現れたSerpein!  スカルダガリーは捕まってしまい、ステファニーはチャイナ・ソロウズに助けを求めますが、思ったような助力を得られず、Ghastlyの所へ。なんとかEldersの助力を得て(とはいってもほとんど自力救済に近いですが)スカルダガリー奪還に成功します。
スカルダガリーとSerpeinとの因縁も明かになりました。うーん、Serpeinは本当に厭な悪い奴です。
で「鍵」はこれでは? というものをスカルダガリーが特定し、ステファニーが得てきたモノを前に、ブリス氏が取った行動には目が点に!


一応ミステリなのでなんかすっきりしない書き方してますが、息をもつかせぬ展開です。しかしステファニーってばなんて漢前な女の子なんでしょう?!
つよくてカッコイイぞ! ヒロインというよりすっかりしっかりヒーローですね。
スカルダガリーはうーん(^^;)

2008/11/17 (Mon) Skulduggery Pleasant
Skulduggery Pleasant 199/392頁
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


いよいよVaultへ忍び込みます。ここに出てくる見張りのヴァンパイアはケモノ系のヴァンパイアです。
牙、爪、理性なし、みたいな。Vaultでさがしものの手がかりを見つけたスカルダガリーとステファニー、力業でVaultを抜け出します。

スカルダガリーはややpedanticな傾向がありますが、ステファニーが遠慮会釈なくツッコミいれます。

「おまえさんは私の「カインをよみがえらせる」偏向を分かち合えそうだな」
「何をよみがえらせるですって?」
「古いいいまわしだ。「やっかいごとを引き起こす」って事だ。」
「ふーん。「やっかいごとを引き起こす」って言えば? なんでいっつも、わたしが知らない言葉を使う必要があるの?」

うーむ。私の下手な日本語ではリズムが悪い。

2008/11/07 (Fri) Skulduggery Pleasant
Skulduggery Pleasant 162/392頁
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


"The Vault"に忍び込む前にやるべきこといろいろ。
ステファニーがスカルダガリーとお出かけ中のお留守番役を拵える事とか、"Elder Mage"(味方チームのお偉いさんたち)と会ったりとか。
EldersはSerpein(悪い方の現在のトップ)が休戦協定を破るつもりだというのを認めない様子。スカルダガリーはやきもきしてます。
Mr.Blissは引退していたのに、復帰した(させられた?)らしい、こちら側のヒト。Serpeinにも一目おかれている様ですが、まだ詳細不明。でも事態を把握しているようで、ちゃんとした味方という感じ。

ステファニーとスカルダガリーは変わらず良い感じのやりとりをしてます。

「怖い話ってのはレディから話してもらう方がいつも、より効果的だ」
「私はレディじゃないわ」
「おまえが一番近い」

"You're the closest I've got."って肩をすくめながら言うんですが、
オレの手持ちのコマの中じゃ、とまで言ってはいいすぎでしょうね。
なんかもうね、好きですね、こういう探偵さんは。



2008/11/04 (Tue) Skulduggery Pleasant
Skulduggery Pleasant 119/392頁
Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)Skulduggery Pleasant (Skulduggery Pleasant)
Derek Landy

HarperTrophy 2008-04
売り上げランキング : 47173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Skulduggery Pleasant [an]:Derek[as]: Landy


いろいろとアブナイ目に遭うステファニー。スカルダガリーは親友の可愛がっていた姪を危険な世界からは離して置きたいといいますが、ステファニーは、伯父さんは自分にすべてを残してくれたのだし、死んでしまった伯父さんのために何かしたい、かかわりたいと、言います。
スカルダガリーは不承不承ステファニーを連れ歩くことを納得します。
敵に狙われているモノについて調べるためにスカルの友達を訪ねますが、彼はそれはおとぎ話の中のシロモノで実在するものではない、と否定的。彼の蔵書を調べさせてもらう事もできませんでした。そこで二人はもう一カ所調べられる筈の場所"The Vault"に忍び込もうと考えます。しかしそこはヴァンパイアが夜警に詰めているので何かいい方法を考えなければいけません。

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析