2009/06/30 (Tue) Devil's Bridge
Devil's BridgeYL6.0 総語数83240語
Devil's BridgeDevil's Bridge
Greg Lilly

Regal Crest Enterprises Llc 2007-01
売り上げランキング : 365594

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Devil's Bridge[an]:Greg [as]:Lilly


夫からの暴力で生命の危険を感じるようになったMyraは街を出ることにしました。時を同じくして心機一転をはかり家を売りに出したTopherは二人で街を出ることにします。夫が復讐に燃え、自分を追いかけてくるのではという不安を覚えながらMyraはTopherと旅を続けますが・・・・

読了しました。
うーん。ちょっと昼メロ風味? あらすじを読んだ時は二人の逃避行と、それを執拗に追う夫というのがメインのサスペンスクライムなのかと期待したのですが、実際に逃げ出すのは124頁、物語の2/3を過ぎてからです。
それまではMyraの夫の非道ぶりと、Topherのうまくたちゆかない恋模様が続きます。クライムサスペンスじゃなくてロマンスサスペンスの分類に入る話かなあ。
終わり方も「え? これで終わり?」という感じでちょっと私にはカタルシスが足りなかったです。
最後の大立ち回りはそれなりでございましたが。

前半のどろどろっぷりがちょっと辛かったので個人的には星3つです。
スポンサーサイト

2009/06/26 (Fri) Devil's Bridge
Devil's Bridge53/182頁
Devil's BridgeDevil's Bridge
Greg Lilly

Regal Crest Enterprises Llc 2007-01
売り上げランキング : 365594

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Devil's Bridge[an]:Greg [as]:Lilly


マッチョでホモフォビアでレイシストでDVな夫を持つMyra(女・ストレート)と、恋人から「愛している」の言葉をもらえないTopher(男・ゲイ)の二人は親友です。
二人はそれぞれ配偶者の問題を抱えていますが、解決にいたっていません。
Myraはすっかり共依存で自己評価が低いし、Topherは恋人の愛は自分になく、自分の方ばかり彼を愛していると悩んでいます。


スターダストがヴィクトリア時代のファンタジーでしたので今回は現代のミステリ。前に読んだFingering The Family Jewelsを書いたGreg Lillyの別作品です。三分の一ほど読んできましたが、結構どろどろですねー。


2009/06/24 (Wed) Stardust
StardustYL6.5-7 総語数59000語
StardustStardust
Neil Gaiman

Harper 2003-07-29
売り上げランキング : 6809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Stardust[an]:Neil [as]:Gaiman


トリスタンと星は無事に壁の向こうへ行けるのか? 魔女は星をとらえられるのか? 王子は力の宝石を手に入れられるのか?


読了しました。今回映画>原作という順番でしたが、映画に比べると原作はずっとフェアリー・テールという感じでした。映画は大立ち回りもありますし、キャラクターも濃かったというか。
YLは判定が難しく6.5? 7? 迷います。ハウルと同じくらいかな? と思いつつもう一つ読み取りにくいかな? とか。
また映画を見たくなってしまいました(^^)

2009/06/23 (Tue) Stardust
Stardust221/336頁
StardustStardust
Neil Gaiman

Harper 2003-07-29
売り上げランキング : 6809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Stardust[an]:Neil [as]:Gaiman


引き続き王子パート、魔女パート、トリスタン&星パート。
逃げたりおっかけたり助けてもらったり助けたり。
そしてこの3グループが一堂に会して、さあ次はどうなる?! です。

2009/06/17 (Wed) Stardust
Stardust141/336頁
StardustStardust
Neil Gaiman

Harper 2003-07-29
売り上げランキング : 6809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Stardust[an]:Neil [as]:Gaiman


Fairy landでのトリスタンと王位継承のために動き出した3王子と、星を追う魔女。
王子パートと魔女パートは映画となんとなく同じ感じ。
トリスタンの方には映画と違って、ガイドしてくれる小さいもしゃもしゃした人が出て来ます。"Charmed"ってそれ名前ですか?? 
そしてトリスタン、空から落ちてきた星と出会います。お星さま口が悪いです(^^;)

2009/06/12 (Fri) Twitter
http://twitter.com/

人もすなるTwitterを始めてみました。ブログとメールとチャットをまぜたようなゆるいコミュニケーションツールだとか。
メジャーな人たちもがんがんやってるよ! オバマ大統領とか ビルゲイツとか! という文句にあおられたわけではありませんが、おもしそろそうだなあと。

http://twitter.com/sunami66

これが私のユーザー頁です。言語Englishにしてます。最初は普通に日本語で始めたのですが、何気にしたフォロー(あるユーザーの発言を継続して読みたい時に登録する。基本的にフォローは勝手にして良いというのが大前提)先からブロックされてしまったのです。
え? 私何かした? ってか何もしてないよねーとあせったのですが、ひょっとしたら日本語のせいかもと言語英語で新たにユーザーになりました。今度はフォローしても大丈夫。
はじめちょっとめげましたが気を取り直してTwitterで遊ぶことにしました。
今のところ私がフォローしているのは雑誌とか会社とか俳優さんとか、でヘッドラインを読む感じです。
豪映画雑誌、映画サイト 嘘か誠かリアルヒュージャックマン、多分本物Stephen Fry などなど。
ヒューゴさん エルロンド確定かー とかそろそろビルボのキャスティング確定かーとかビックベンが150周年記念、とか140字なので読みやすくていいです。
つぶやく方もぼちぼちやってます。

2009/06/10 (Wed) Stardust
Stardust93/336頁
StardustStardust
Neil Gaiman

Harper 2003-07-29
売り上げランキング : 6809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Stardust[an]:Neil [as]:Gaiman


成長したトリスタン、街一番の美人ヴィクトリアに恋をする。そっけないヴィクトリアは落ちた流れ星を持ってきたら何でも願いを叶えるとトリスタンに伝えます。早速壁を越えてFarie landに入るトリスタン。
一方壁の向こう側、Stormholdの王さまの後継者選びとFarie landの3人の魔女たちのこと。
後継者になるためにはStormholdの力の源のトパーズの首飾りを手に入れること。
そして3人の魔女たちは力の元になる落ちた星を手に入れに動き出します。

役者がそろってきました。トリスタンに妹がいたり、壁の向こう側の血が騒ぐところがあったり、映画と何かと違う雰囲気です。
映画では壁の向こうとこちらの交わりはほとんどない感じでしたが、原作の方は、街は壁の向こう側からの影響を何かと受けている感じです。

2009/06/08 (Mon) Stardust
Stardust43/336頁
StardustStardust
Neil Gaiman

Harper 2003-07-29
売り上げランキング : 6809

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Stardust[an]:Neil [as]:Gaiman


イギリスのロンドンから丸一晩離れたとある田舎に"The Wall"と呼ばれる街があって、その街は普通と魔法の「境」の街。9年に一度壁の向こう側とこちら側の商人たちが市を立て、イギリス中から人々が集まってきます。
18才のDanstan Thornは、市のために街にやってきた、Alum Beyと名乗る男に部屋を貸すことになりますが、その貸し賃として、Beyは金貨銀貨銅貨と、Danstanとその最初の子供、そのまた最初の子供、と、Beyの寿命が続く限りのDanstanの家系の最初の子供に、「心からの望み」の贈り物を申し出ます。
Danstanは市に出かけ、露店の美女に心を捕らわれ、彼女と一夜を過ごします。
そして次の年の2月の夕に、Tristan Thornと名付けられた赤ん坊の籠が壁の向こう側からこちら側に届けられたのです。


読み始めました。ニール・ゲイマンのファンタジー。映画を観て楽しかったし、映画と原作はちょっと違うとも聞いたので挑戦です。
映画のビジュアルを想像しつつ楽しく読めそうです。

スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]スターダスト スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ジェイソン・フレミング, ルパート・エヴェレット, シエナ・ミラー, リッキー・ジャーヴェイス, マシュー・ヴォーン

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2008-02-20
売り上げランキング : 10759

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2009/06/06 (Sat) The Timetraveller's Guide to Victorian London
The Timetraveller's Guide to Victorian LondonYL5 総語数16000語
The Timetraveller's Guide to Victorian LondonThe Timetraveller's Guide to Victorian London
Mark Davis

Watling Street 2004-11
売り上げランキング : 212379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヴィクトリア朝のロンドン。

近代に入り、現代に近くなったせいか、はたまた筆者の書き方のせいか、ちょっと読みにくいというかジョークが素直に笑えないジョークが多いというかそんな印象を持ちました。
光と影のロンドンをもうちょっとうまく読ませて欲しかったなあ、というちょっと欲張りな感想を(^^;)
ヴィクトリア朝のロンドンということになるとこちらにもそこそこ知識があるから余計にいろいろ思ってしまうのかもしれません。

シリーズとしてはRomanとTudorとGergianがあるのですが、まだアマゾンから発送されませんので
このシリーズは一旦中断です。

2009/06/03 (Wed) The Timetraveller's Guide to Shakespeare's London
The Timetraveller's Guide to Shakespeare's LondonYL4 総語数16000語
The Timetraveller's Guide to Shakespeare's LondonThe Timetraveller's Guide to Shakespeare's London
Mark Davis

Watling Street 2004-11
売り上げランキング : 224375

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Timetraveller's Guide to[t]: Shakespeare's London[an]:Mark [as]:Davis[an]:Joshua[as]:Doder


The Timetraveller's Guideシリーズの3冊目。シェークスピアのロンドンです。
別冊にチューダー朝のロンドンもあり、こちらはシェークスピアメインと教えていただきましたが確かにそうですね。
グローブ座行ってみたいなあ・・・・・

2009/06/02 (Tue) The Poet
The PoetYL7.5 総語数155583語
The PoetThe Poet
Michael Connelly

Warner Books 1997-01
売り上げランキング : 15774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The[t]: Poet[an]:Michael [as]:Connelly


The Poetは誰なのか? 殺人犯人は誰なのか? そして犯人はどこへ行くのか?
解答が得られるもの得られないものがあって小説は終わります。
そして The Narrowsに続く・・・ちょっと待ってーー!!!(一応完結してます。ただ続編が書かれているので・・・・)

読了しました。300ページを過ぎたあたりからどんどん話が動いていって、おおーという展開に。
この人がPoetなんじゃないの? って思った人がやっぱりPoetでしたが、そこに至るまでの、ドライブ感のある展開が読ませるなーという印象でした。
ジャックの「自分のストーリー」が、「自分がストーリー」になってしまうあたりがなんとも言い難い気分になりました。
しかし同作家のハリー・ボッシュのシリーズを読んだ時も思ったのですが、どうも個人的にコナリーのヒロインはちょっと苦手なのでそのあたりがちょっとイラっとしてしまいました(^^;)
なんだろう、中途半端にかしこくて、ビミョウな所で覚悟が甘く、その上ネガティブ思考が土台というヒロインたちなので(というか私にはそんな感じに読み取れちゃうので)うーん、それはないでしょ? っとつっこんでしまう。
まあ大概にしてコナリーのヒーローもちょっと暗め、というかハリー・ボッシュなんかも、がけっぷちでふらふらしてて、そのがけの落ちる先をのぞき込んでるような人ですし、ちょっと破滅型の魅力というか。

しかし最初にとりかかる前に思っていよりずっと読みやすかったです。
一つには章立てが短いというのが良かったのかもしれません。500ページちょっとの本で53章ですから、一章が1-20ページ程度でした。それにくどい言い回しの文章がなく読みやすかったです。
今回もオーディオブックを友にしての読書でした。
甘い恋人同士のやりとりのシーンや、ジャックがThe Poetと対峙して催眠を翔られるシーンとか緊張感あってぞくぞくしてしまいました。

続編は日本語で読もうと思います・・・・
これ以上新しい本は増やさないようにしてなるべく積ん読本を減らさなくては・・・・・・



プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析