2010/04/29 (Thu) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 6765/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
Chapter 3:The ring goes south

「頭がまいれば身体」きたー!! ってあほですね私。ボロミアさんはやっぱりホビッツにやさしいなあ。
スポンサーサイト

2010/04/27 (Tue) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 6260/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
Chapter 2:The council of Elrond

エルロンドの会議です。指輪の由来とこれまでのそれぞれの働きが明らかにされ、指輪をどうするかがはかられました。
えー、いろいろ難しい。翻訳が頭にあって読んでいるのであれですが、英文だけでちゃんと意味を取れているかとういと少しばかり心もとない感じになりました。
あーなんだかダメだわーと思いつつ、でも通読通読と唱えつつ読んでいます。


2010/04/23 (Fri) Crocodile on the Sandbank
Crocodile on the Sandbank 22/262頁
Crocodile on the SandbankCrocodile on the Sandbank

Mysterious Press 1988-01-01
売り上げランキング : 135499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Crocodile on the Sandbank [an]:Elizabeth [as]:Peters



第一章
主人公はアメリア・ピーボディ。ヴィクトリア朝に生きる女性ですが、父親の遺産を相続したおかげで経済的に自立しています。32才・独身、はヴィクトリア朝ではハイミスですね。学者で古物収集家だった父親の影響で彼女は言語堪能、父親の遺産で、あこがれの土地を旅行しようと思い立ち出かけます。
カイロに向かう途中、ローマでコンパニオンのMiss Pritchett(コンパニオンとしてあまり楽しい人ではなかった!)が腸チフスにかかり、彼女を英国に帰す事に。コンパニオンなしで旅を続けるかどうか悩んでいるところで、行き倒れた若い英国人女性を拾うことになりました。彼女はイヴリン・バートンーフォーブスという英国の伯爵家の娘でしたが、画家と駆け落ちした後、その男に捨てられてしまったのでした。
アメリアはイヴリンを旅のコンパニオンとして雇う事にし、カイロに旅立ちます。


エリザベス・ピーターズのヒストリカル・ミステリ。裏表紙のあらすじを読む感じではコジー・ミステリ? ロマンス・ミステリ? という感じもしますが。MWA会員の選んだ歴史ミステリベスト10にも入っている一作です。しかしこの歴史ミステリベスト10中この作品だけが邦訳がないのは不思議ですね。
1975年初版の作品ですが舞台が1880年代なので今読んでも違和感はありません。ただ読み始める前に考えていたより語彙が難しいのでやや手こずりそう。ストーリー展開は楽しそうでついていきやすそうなのですが。

第2章ではカイロについて、貧乏な考古学者の兄弟と出会うようです。自分は地味な外見だし、性格も夫に唯々諾々と従うようなものではないから恋や結婚なんてありえない、と考えているアメリアですが、きっとこの兄弟と出会ってお約束の展開になるに違いない!
このアメリア・ピーボディシリーズ、既刊は15冊あって最新刊は2003年に出ているので実に息の長い、そして人気のあるシリーズなのでしょう。最初の2,3冊くらいだけでもなんで日本で翻訳されなかったのかしら。

私はこの人のロマンス小説作家ジャクリーン・カービーが素人探偵をするシリーズや、バーバラ・マイケルズ名義の単独作品とか好きだったので、このアメリア・ピーボディシリーズに挑戦です。

2010/04/21 (Wed) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 5548/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Chapter 10:Strider
Chapter 11:A knife in the dark
Chapter 12:flifht to the ford

Book II
Chapter 1:Many meetings

子馬亭の襲撃を経てブリーを出立。風見が丘、さびし野を越えてブルイネンの浅瀬、そして裂け谷へ。
意外と裂け谷まで日にちがたってます。というか映画と原作は旅程の時間感覚がかなりずれますね。

それにしても詩とか歌とかは難しい。地の文と違ってなかなか頭に入ってきません。

そしてなんとかBook II突入です。読み進められてちょっと嬉しい。


2010/04/12 (Mon) The Ruins of Gorlan
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)YL5 総語数66413語
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)c

Puffin 2006-06-08
売り上げランキング : 92122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Ruins of Gorlan ([t]:Ranger's Apprentice)[as]:Flanagan, [an]:John


26-32章,Epilogue

Kalkaraの向かう先はダンカン王のいるCastle Araluenか、Morgarathのかつての領土、Gorlanかと考えられました。
ここでHaltはWillをRedmontへ援軍を呼びにやり、自分がKalkaraを追うことにします。
Willは一人Redmontへの道を駆け、Baron AraldとSir Rodneyと共にGorlanに向かいます。WillはKalkaraの狙いが王ではなく、先の戦いでMorgarathに手ひどいダメージを与えたHaltその人ではないかという懸念をAraldに伝えます。
GorlanでのKalkaraとの恐ろしい戦い。Willの大活躍でkalkaraを倒すことができました。

WillはAraldやRodneyからBattle schoolへ属することを許されますが、自分はRangerであると宣言してHaltのapprenticeであることを選びます。


Ranger's Apprentice読了しました。
少年の成長モノ&ファンタジーというある意味王道な話でした。キャラクターもそれぞれ良い感じですしね。しかし1巻ではボスキャラがほとんど動いていませんので次作ではどうなってるんだー、と早く読みたい気持ちになりました。
現在7巻まで出ていて8巻が今度の5月に出る予定のようなので、続巻をすぐにも読みたいところなのですが、できれば在庫スペース的にはkindle版で読みたいなあ。
kindle版、あるんですけど、アジア縛りで既刊が買えないんですよ。kindle版自体はあるのでもうちょっと待っていたら日本でも買えるようになるかもしれないのでPBでぽちっとなするのをちょっと待ってみたいと思います。

いや、読むべき本は山のようにありますしね。



2010/04/11 (Sun) The Ruins of Gorlan
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice) 192/249頁
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)c

Puffin 2006-06-08
売り上げランキング : 92122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Ruins of Gorlan ([t]:Ranger's Apprentice)[as]:Flanagan, [an]:John


23-25章
WillとHaltはRangerたちの「集会」のために旅に出ました。集会ではapprenticeが訓練を受けるに値するかどうかの見極めを受けることになっておりwillは緊張しています。
集会の途中で二人は前にHaltの弟子で今はMeric領のRangerとなっているGilanと合流します。
しかし集会場所についてみるとなにやら慌ただしい雰囲気です。せんに王に対し反旗を翻したMorgarathが再び動きはじめたらしいという情報が得られたのです。Morgarathは、夜と雨の山脈に住む、どう猛な獣、Wargalや、より恐ろしいKalkaraを操るのです。集会は中止、Rangerたちはそれぞれ動き出すことになりました。
HaltとWillそしてGilanの3人はKalkaraの動向を探るために出向くことになりました。


なんだかますますジェダイ・マスターとジェダイ・ナイトとジェダイ・アプレンティスみたいな雰囲気に(笑)
いや楽しいです。
Gilanは父親がナイトで、Rangerには珍しく剣の扱いにもすぐれているという設定です。ちょっとおいしいぞ。

2010/04/09 (Fri) The Ruins of Gorlan
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice) 165/249頁
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)c

Puffin 2006-06-08
売り上げランキング : 92122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Ruins of Gorlan ([t]:Ranger's Apprentice)[as]:Flanagan, [an]:John


19-22章
野生の猪狩り。怒り狂っていてどう猛なイノシシは危険です。1匹目を倒し皆の気がゆるんでいたところに2匹目のイノシシが!
Willは勇敢にもイノシシに矢を射かけてHoraceを救おうとし、一方Horaceもイノシシを引きつけて逆に危険に陥ったwillを助けようとします。
危難を切り抜けたことで二人の仲はしっかりした絆に。

Willの訓練は着々と進んでいますが、一方のHoraceの方は年長の徒弟たちからのいじめがますますひどくなり、また、イノシシ狩りの手柄をRangerのapprenticeが得たことに腹をたて、Willを痛めつけにやってきます。

Haltの介入もあり、Horaceは徒弟たちに今まで受けたぶんの仕打ちの仕返しをし、徒弟たちはBattle schoolから放校になりました。


読んでいるうちに恥ずかしいくらいまっすぐに友情一直線になってカワイイというか楽しいというか。
そして弟子を痛めつけられた上に自分をあなどるような振る舞いをしたBattle schoolの徒弟たちに遠慮会釈なく(いや彼なりに手加減はしてるんでしょうが)鉄拳制裁するHaltが結構意外でした。

頭の中ではすっかりBaronのビジュアルイメージがジェラルド・バトラーさん、Battle schoolのロドニー卿がヴィンセント・リーガン氏(300の隊長さんね)になってます。
Haltはなかなかビジュアルイメージが浮かばず、サー・アレック・ギネスだったり、なんか違うと思ったり。



2010/04/07 (Wed) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 3863/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Chapter 8:Fog on the Barrow-downs
Chapter 9:At the sign of the prancing pony

霧の中の塚山。骨の髄まで染み通る湿った冷たい空気が感じられます。トムの救出とお日さまが嬉しい。
小馬亭は映画はちょっとうさんくさすぎる感じですね、そういえば。原作だともっと村の普通のパブっぽ印象。
馳夫さん登場シーンやっぱりうさんくさくてカッコイイ。

原作の道筋を迷いそうになるとき邦訳や「フロドの旅」の邦訳が心強い味方です。
そして迷っていなくても両方を比較してむむうと唸ることもしばしば。

"He bade them lie there 'free to all finders, birds, beasts, elves or Men and all kindly creatures';for so the spell of the mound should be broken and scattered and no Wight ever come back to it."
これはトム・ボンバディルのセリフ、塚山から持ち出した宝物を前にしての部分です。

瀬田さんはこのトムのセリフを「思いのままになれよかし、鳥にけものに、エルフに人、これを見つけた心やさしいすべてのものの思いのままに」と訳されています。

原文と翻訳とどちらも心に響くなあとしみじしみながら読んでいます。なんか結局邦訳も読み返しになっている感じ。それもまた良しですが。


プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析