2010/05/26 (Wed) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 9214/27625 The felloship of the ring 語数183992語
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
chapter10 The breaking of the fellowship

一行の離散。ボロミアが指輪に囚われる所は何度読んでも怖いです。正気にもどった彼のみじめさや哀しさも。そしてフロドの決意とサムの理解と献身がやはり良いです。
原作を読みすすめていると、ところどころフロドとメリー・ピピン・サムの年齢差を感じますね。

さて、ということで「旅の仲間」を無事読み終わることができました。3月から読み始めたので2ヶ月ですね。のんびりあせらず読んでいるのでこの調子でいくと王の帰還まで終わる頃には夏を過ぎて秋になっていることでしょう! それもまた良し。引き続き「二つの塔」へ進みます。いよいよ御大将の出番が!!
スポンサーサイト

2010/05/24 (Mon) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 8936/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
chapter9 Great River

アンドゥインを下る。黒の乗り手がせまっていたの忘れていました。というか読み流していたかも。

これまでなんどか出てきたエルフ語。音で聞くと英語と違うのがはっきりわかるのが楽しい。

2010/05/21 (Fri) Crocodile on the Sandbank
Crocodile on the Sandbank 94/262頁
Crocodile on the SandbankCrocodile on the Sandbank

Mysterious Press 1988-01-01
売り上げランキング : 135499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Crocodile on the Sandbank [an]:Elizabeth [as]:Peters



第四章 船で南下。ところどころの遺跡に立ち寄りながら進んでいきます。テル・エル・アマルナに立ち寄ろうとしたところ、ウォルターと遭遇。兄のラドクリフが熱病のため動転しています。アメリアとイヴリンは発掘場所に行きラドクリフの看病をします。


この手のヒストリカルロマンスミステリはディティールを楽しむ部分が大きいのでこうしてあらすじにしてしまうとあまりおもしろくないですねぇ。

2010/05/17 (Mon) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 8624/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
chapter7 The mirror of galadriel
chapter8 Farewell to Lorien

映画のケイトさんは本当に女王の美しさと威厳、そして畏れと慈愛を体現していたなあと思うであります。
いよいよアンドゥインの船の上。そしてギムリとレゴラスがすっかり仲良くなったのもこのロスロリエンでありました。
ロスロリエンに入るまでは結構けんか腰だったんだなーと改めて。



2010/05/14 (Fri) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 8022/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
chapter5 The bridge of Khasad-dum
chapter6 Loslorien

出づることあたわず。太鼓の音! モリア内部の石造りの暗い道と炎とオークから、ロリエンの森の劇的な変化は改めてドラマチックだなあ。
しかし朗読にひっぱてもらって読むのはそれなりのスピードで行けるのでよいのだけれど、ついていくのに精一杯で、結構いろんなところを落としたりするのでまた慌てて戻ったり。



2010/05/07 (Fri) Crocodile on the Sandbank
Crocodile on the Sandbank 69/262頁
Crocodile on the SandbankCrocodile on the Sandbank

Mysterious Press 1988-01-01
売り上げランキング : 135499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Crocodile on the Sandbank [an]:Elizabeth [as]:Peters



第二章 第三章
カイロ観光。そしてカイロから南下するための船(dahabeeyah) を雇い、ガイドに誠実そうなMicheal Bedaweeを雇い、と準備を進めます。カイロの古美術館の館長、Masperoの元で エマーソン兄弟と出会います。エジプトで発掘作業をしている、ラドクリフ(兄)とウォルター(弟)の兄弟ですが、人好きのする優しげな弟と違って兄は尊大で怒りっぽい調子。館内で早速アメリアとやりあうことに。
兄弟と別れてホテルに戻ってきたアメリアとイヴリンですが、ホテルにイヴリンを見捨てた元恋人がやってきます。よりを戻そうと持ちかける彼にイヴリンはもうそんな気持ちはないと突っぱねます。
イヴリンは駆け落ちしたために祖父である伯爵から勘当されていましたが、その伯爵が亡くなったことを知り哀しみに浸ります。南へ出発する前日、ホテルにイヴリンのいとこが訊ねてきて、伯爵が亡くなったこと、爵位は自分が継ぐ事になったが、伯爵の遺産を分かち合うためにイギリスに戻って自分と結婚してほしい、結婚しないにしてもイギリスに戻って財産を分け合おうと伝えてきます。
アメリアはイヴリンのいとこルーカスの調子の良さにあまり信をおけないでいますが、結婚もできないし財産もいらないというイヴリンに対し、南への旅行が終わってから良く考えて返事をしらた良いとアドバイスします。


お約束な二人組で良い感じです。弟の方はイヴリンにすっかりのぼせあがった風でイヴリンの方もまんざらでもなさそうですが、自分の過去を考えるととても彼との愛を考えられないという様子。きっとイヴリンとウォルター、ラドクリフとアメリアの間でロマンスが育つのでしょう。
ルーカスの申し出は文字通り取って良いのか今のところは保留かな? もしかしたら伯爵は財産をイヴリンに残さなかったという事になっているけれど、実はいまわの際に書き換えていて結構な額を残したとか、ちゃんとした男と結婚したら遺産として何かを残すとかそういう事になっているのかも。

2010/05/06 (Thu) The Lord of the rings : Fellowship of the ring
The Lord of The Rings 7317/27625
The Lord Of The RingsThe Lord Of The Rings

Mariner Books 2005-10-12
売り上げランキング : 50266

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Book II
Chapter 4:A journey in the dark

カラズラスから引き返してワーグに追い立てられながらモリアへ。21広間まで登ってきました。
ガンダルフがシランノンの乾いた河床を見て「滄海変じて桑田となるじゃなあ!」と嘆息するシーンがあったけれど、ここの英文は「Indeed things have changed!」と意外とシンプル。
Indeedをずいぶん強く打ち出してきている訳だなあ、としみじみ。

全体にわかっていてきちんと訳されているので安心して読めます1



プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析