--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/02/23 (Thu)
Dog On It 3282/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


21章ー23章

隣人との会話から、斜め向かいのウチを怪しい連中が借りていたらしいこと、Madisonの事件を引き受けた時から見張られていたのではとバーニーは考えます。
バーニーは、チェトがさらわれたところからやり直さねば、とチェトが拾われたシェルターに行き、バイカーたちと話をして、チェトがバイカーたちのところに現れた場所へ行きます。ここでチェトの鼻を頼りにした探索にかけるバーニーですがうまくいきません。しかし、次の朝、近くのコンビニで、ベガスで、Madisonの写真を撮った映写技師の姿を見かけたのでした。

チェトはたびたび、警察犬の訓練校にいたんだ、とバーニーに言われていますが、どうやら、卒業直前で失敗した模様。そこからどういう紆余曲折を経てバーニーの元にきたのかな? 
探索がうまくいかなくてへこむチェトとかしかしいちいち可愛いです。
スポンサーサイト

2012/02/16 (Thu) Dog on it
Dog On It 2879/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


19章ー20章

スージーの元彼は刑期短縮で出てきた模様。LAに引っ越すので空港まで送ってってくれとのこと。なぜバーニーの所に来たのかといえば、新聞社に連絡したら、記事の事で私立探偵と動いていると教えてもらったとのこと。スージーは自分への好意からではなく、記事のために事件にかかわりたかったのかとバーニーはしょんぼり。そしてトレスからの情報で、ベガスの映写技師が携帯の写真で、映画館から出るMadisonの姿を撮影していた事を教えてもらいます。
ベガスへ向かうバーニーとチェト。ベガスで、ChamblissとkeeferからMadison はベガスの探偵に探してもらうのでもう探索は必要ないと告げられます。映写技師(ロシア系の名前)にも会って話を聞きますが進展なし。
しかし全体の展開がどうにも腑に落ちないバーニー。お金にならない探索を続けるべきが悩ましいところですが、どうやら彼はこの件を投げ出す事はしないようです。


やきもきするところ、といえば、今までもそうだったのですが、チェトが犯人たちと関連することを思い出して吠えても、バーニーにはうまく伝わらない事の方が多いんですね。そしてチェトも犬らしく、飼い主に「こら、おとなしくしてろ」と命令されるととおとなしくなってしまって、そしてすぐ忘れてしまう。
これは、せんに読んだ、Buddy Filesでもそんな感じでした。そうそううまくペットと人間の意思の疎通ができない、もしくは欲しいもの、したいことを誤解される、というのが

どこぞでありがちな、飼い主とペットの意思がツーカーで、というところがないのが本当に犬と飼い主らしくて良いといえばそうなのですが、やはり「バーニー、違うよ、気付いてよ!」と言いたくなってしまいます(^^)

2012/02/13 (Mon) Dog On It
Dog On It 2559/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


14章ー18章

バーニーとチェトはMadisonの父親(離婚している)、Daemon keefer のところへ出かけます。彼は不動産屋で、現在はPume WellsのPinnaclePeak Homesを販売しているところ。秘書はロシア系美女のMs.Lalapova (どうも愛人ぽい雰囲気ですが)バーニーはMadisonは身代金請求はないものの誘拐だろうと考えており、Keeferに恨まれること、あるいは何か隠していることはないかと聞きますがかんばしい話を聞き出すことはできません。バーニーとチェトは車とチェトが襲われたモールに出かけ、状況を再現、チェトは自分を傷つけたナイフが排水溝に落ちたことを思いだし吠えて教えます。係員にナイフをピックアップしてもらい、由来を調べてもらうと、ロシア製ということが判明しました。(前にチェトをさらった男たちもロシア系でしたが、ロシアマフィアか何かがからんでいるのでしょうか?)
その後進展はありませんが、記者のスージーとの仲が良い雰囲気に進んできたバーニー、スージーもMadison失踪事件について手助けをすることになりました。相棒の場所を取られそうで、ちょっとおもしろくないチェト。
二人はPinnaclePeak Homesの灌漑設備業者を訪問します。その支配人は、PinnaclePeak Homesの工事を請け負い、手付け金などもらったというものの、現在は支払いが滞っている状態で困っている、向こうの担当者とは三週間も連絡が取れていないと言います。食い違いに戸惑いを覚えているところに、バーニーのところへ警察の失踪人係のリック・トレスから連絡がはいり、Madisonがラスベガスで目撃された事を知らされます。

家に戻ってみるとそこにはある男が立っていました。スージーは元彼のDylan McKnightだと困惑して言います。彼はDrug violationでNorthern state Correctionalにいるはずだったのでした。

ということでまだまだ話の行方は読めません。どうなるのでしょう??


2012/02/08 (Wed) Dog on it
Dog On It 1796/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


7-13章
Madison探しにとりかかるバーニーとチェト。Madisonは母親が考えているほど優等生ではない模様。ちょっとしたドラッグにも手を出しているみたい。バーニーとチェトはかつて同じ高校にいた売人のRamirezを訪ねましたが、Madisonの手がかりはありません。しかし、誰かがMadisonさらおうと画策していたらしいことがほのめかされます。
ある晩、チェトは家の近くで不審な車と男たちを見かけ、吠えかけますが、トランクに閉じ込められてしまいます。
つれていかれた先で、悪党のボスがチェトをスターリンと呼び、しつけ直そうとしますが、抵抗するチェト。そしてそこでなんとMadisonの姿を見かけます。なんとか逃げ出したチェト、逃げ出した先は、どこともしれない砂漠の真ん中でした。
砂漠でバイカーたちと行き会いうまくピックアップされ、街に連れてきてもらったチェトですが、行く先はシェルター。引き取り手もなくあわや殺処分、となるところに、シェルターの取材に来ていたスージー(前にバーニーとチェトを取材に来たことがあった)が登場、チェトを助けてくれました。


ということで読み進めています。中盤のアクションシーン、犬ならではのクリフハンガー的状況でした。
しかし無事危機を脱せて良かった!
そういえばチェトは何かというとaggressiveじゃないの? と言われてしまってます。大きくて強そうに見えるんでしょう。警察犬の学校に行っていたという雑種犬のチェト、ドーベルマンとかシェーパドとかの雑種なんでしょうか。

2012/02/03 (Fri) Dog on it
Dog On It 945/4396
Dog On ItDog On It
Spencer Quinn

Pocket Books 2009-09-03
売り上げランキング : 12764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Dog On It [an]Spencer [as]Quinn


犬ミステリつながり、というつもりはなかったのですが結果的にそんな感じで読み始めてみました。Dog on it。主人公は私立探偵のBernieをご主人サマに持つ雑種犬のChetです。元警察犬?っぽいです。詳細はまだ不明。ご主人サマのはりこみにもつきあいます。
Bernieの元へCynthia Chamblissと名乗る女性が、娘が夜になっても帰ってこないので探して欲しいと訪ねてきました。Chamblissの家で話しを聞いているところへ当の娘のMadisonが帰ってきましたが、そのいいわけには嘘が混じっている様子。そしてその後再びMadsionは家に戻らず二日たっても音沙汰がありません。BernieはMadison探しを改めて引き受ける事になりました。

物語はChetの犬視点で語られているせいか、文章は平易で読みやすいです。YLも6-7くらいかな? Chetがわんこわんこして可愛い、ああもふりたい。Bernieはバツイチ。この先彼の過去もだんだん出て来るかな。

邦訳も出てます。>僕の名はチェット
ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)ぼくの名はチェット (名犬チェットと探偵バーニー1) (名犬チェットと探偵バーニー 1)
スペンサー・クイン 古草 秀子

東京創元社 2010-05-28
売り上げランキング : 144909

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。