--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/07/25 (Wed) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting PlanetYL5 総語数62862語
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第7-12章

チャールズは再びGudiorの背中に乗り、時間を移動するだけでなく、場所を移動しなければ、パタゴニアに行かなければと旅立ちますが、Echthroiの攻撃に遭い、時も場所も定かでない海へ飛ばされてしまいます。なんとか復帰してたどり着いた先は今度は1865年よりずっと現代です。チャールズが今度入った先は11才の少年、チャック。彼はMaddox家の一人で、姉のBeezieと祖母と両親と穏やかに暮らしています。そしてこのBeezieはカルヴィンの母、Mrs Okeefeその人でした。しかしその幸せは続かず、父親が死んで、その後生活のために母はDuthbert Mortmainと結婚します。継父との暮らしは彼らに取っては幸せではなく、ある日、継父が祖母を殴りつけようとした所に割って入ったチャックはその衝撃を受け、頭蓋骨骨折を起こしてしまい、その後回復することはありませんでした。
チャックから離れたチャールズは再びGudiorの背中に。またもやEchthroiの介入で、ありえる避けるべき未来の方向へ一瞬行きますが、すぐに離れ、1865年にたどり着き、今度は、Matthew maddoxの中に入ります。Matthew maddoxはウェールズからかつて王子がやってきてインディアンの部族に入ったという伝説を小説にした人です。
彼は落馬による事故で身体を悪くしています。姉のグウェン、双子の兄弟Branがいて、BranとはKythe的つながりを持っています。Branは年齢を偽り南北戦争に参戦しますが、傷を負って帰ってきます。帰ってきましたが、身体だけでなく、精神も傷ついて帰ってきたBranは故郷での暮らしには留まれず、Vespugiaに入植した植民地へ出かけます。
婚約者のZillahを連れて行こうとしますが、Zillahの父に落ち着いてから、と言われ、さらにMaddoxの店で雇われている男と恋仲になりかけていたグウェンがそれと引き離されるために、と二人で出発することになりました。入植地でBranはGedderとZillieというインディアンのきょうだいと出会います。Gedderは能力はありますが傲慢であまり良い感じはしません。
そうこうしている内に、BranはGedderから自分とGwenを結婚させ、BranにはZillieと結婚するようせまられます。
早くZillahをVespugiaに送り出して欲しいというBranからの手紙ですが、Zillahの父は首を縦にふりません。Matthewは自らの体調悪さも、Zillahへの愛も全て脇におしやって、あるべき方向に進むべく、小説を売った金で、旅費、とVespugia行きのチケットを調達し、ZillahをVespugiaへと送り出してやります。

BranはZillahと結婚し、GwenはZillahと入れ替わるように、ウェールズから入植してきていたRichと故郷へ帰ってきました。

そしてこの時こそが、might-have-beenの時だったのです。BranとZillahの間に生まれた息子は Madog Branzilloと名付けられ、戦争を起こそうとする専制君主でなく、好戦派を抑える平和の人として知られています。

滅亡の危機は回避されました。



あらすじ書いちゃうと感動がまったくつたわりませんが、Kytheを通して見ている状況、家族の間の関わり、ここぞという時に唱えられるルーン、はらはらしながら読み終わりました。
そして全体のトーンがせつなくて、なんともいえない余韻が残ります。Branzilloが暴君として生まれるか、平和主義者として生まれるかが今回の危機につながっていたわけですが、彼を生み出す家系ーカルヴィンの母の家系が地球を破滅させたい方と破滅させたくない方とであっちこっちさせられた感じです。

なんか今回の話は神々の代理戦争っぽい感じというかカインとアベルでカインの子孫とアベルの子孫とであっちこっちという印象でした。

スポンサーサイト

2012/07/20 (Fri) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 151/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第6章

チャールズとユニコーンは1865年に行こうと飛び立ちますが、不意打ちを食らい、1865年より前の、別の「時」に飛ばされてしまいます。
しかしこの「時」も重要なポイントのようで、チャールズはBrandonという少年の中に入り込みます。
Brandonはこの地に植民してきたウェールズ系の住民で、ネイティブアメリカンの風の一族たちと仲良く過ごしてき、兄のリッチーは風の一族の娘、Zylleと結婚して子供が生まれようとしているところです。
Brandonにはvisionを受け取るギフトー才能があります。
植民してきたこの地には人々が増えるとともに状況が代わり、とりわけ、牧師のMortmainが来てからは、風の一族との交わりは良しとされず、さらには、Zylleを魔女とつるし上げる次第にまで発展してしまいました。
その公開処刑の日、BrandonがZylleの父、Zilloから教わったルーンを唱えると、Mortmainの教会には雷が落ちて燃え、処刑はとりやめとなりました。


この時点で湖はなくなっています。上に書いたようにあらすじにしてしまうとあれですが、風の一族と植民者たちとの溝や、魔女狩りの狂乱などぞっとする感じ。


2012/07/19 (Thu) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 109/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第5章

Gwydyrは湖を越えた部族を従え、風の部族の古老の娘を娶りを部族を従えようとやってきたのでした。Madocは戦いの前に2つの異なる未来を見、runeを唱えて、戦いに臨み、Gwydyrを倒し、Zyllに改めて妻問いしました。
そしてMadocから離れたチャールズ。ユニコーンは、Gwydyrはこの湖を離れ南アメリカへ渡ったと言います。
チャールズはウェールズとVespugiaとBranzilloがどう関係しているのかを見つけださなければならないと考え、kytheしているメグにそれを探し出して欲しいと願います。
現代側でそのメッセージを受け取ったメグは、双子の兄弟の所に尋ねに行きます。双子はVespugiaはスペインやイギリスから植民されたが、1865年にあるウェールズの一隊がチュブ川のほとりに定住したと教えてくれます。
1865年は南北戦争が終わってリンカーンが暗殺された年でアリスが書かれた年で、そしてMatthew maddox の最初の小説、Once more united が出版された年だと言います。
この情報をチャールズにkytheするメグ。しかしこれが一体何とどうつながっているのかまだ見当もつきません。


このあたりネイティブアメリカンの伝説を語り直されている感じ。これが南米の独裁者と、カルヴィンの先祖とどうつながるんでしょう???

2012/07/18 (Wed) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 89/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第3-4章
チャールズとユニコーンが降り立ったのは、過去の地球でした。ユニコーンは場所を移動するより時を移動する方が易しいのだと言います。ユニコーンはチャールズが時を出入りするだけでなく、人の中に出入りする必要があると告げます。始まりの頃から破壊者は古代の調律を崩そうとしており、そして時の中にはmight-have-beenの時があり、私たちは今回の特別の悪に至るmight-have-beenの時を探し出し、正しく選択をすればこの悪が起こらないかもしれない、と言います。
ユニコーンとチャールズはさらに時を移動しEchthroiの介入があったらしい時代へ向かいます。そしてチャールズはこの時代の少年、ハーセルの中に入りこみます。ハーセルは風の一族の少年です。風の一族は湖のほとりで暮らす調和を大事にする部族です。ハーセルと共にありながらいたチャールズとユニコーンですが、ある時Echthroiの悪意ある風に吹き飛ばされてしまいます。そこはEchthroiがそうあろうとする破壊された地球のようです。そこでチャールズはルーンを唱え、風を呼んで、二人はまたハーセルたちの場所へ戻りました。しかし戻った先は少し時間軸が進んでいて、今度はチャールズは17才の青年、マドックの中に入り込みます。
マドックはGwyneddの王、Owainの7番目の息子で、父王が死んだ後の兄弟たちの争いに嫌気をさし、すぐ上の兄、Gwydyrと共に船で故郷を離れ、海の果ての土地を探しに出ました。しかし船は難破し、そこからこの地にやってきたのでした。兄は湖の遠岸部族のところにたどり着いたところでその部族を恐れて逃げ出し、森でなくなってしまいました。一方マドックは兄を探して森の中をさまよううちに、この風の一族の娘、Zyllに救われたのでした。
そして一年が過ぎ、今日はマドックとZyllの婚礼の夜明けです。婚礼の踊りが始まったところに、湖を越えた部族がやってきました。その中にはなんと死んだと思われたGwydyrがいました。

うわー、時渡りだー。そして時間はいつ頃なんでしょう、マドックはCymruの海岸からやってきたと言っていますが、これはウェールズの事なのかな。そして金髪碧眼なので、ゲルマン系? アングロサクソンによる支配っていつ頃だったかなー、と頭がなんかぐだぐだに。そして困った時のウィキってみると、Gwyneddの王、Owainがばっちり出てました。
オーウェン・グウィネズ
これによるとオーウェンは1170年に亡くなっていますのでこの年代ですね。Gwyneddの王、Owainは歴史上の人物ですが、北アメリカの伝説として、このオーウェンの息子マドックが、海を渡ってアメリカにやってきたという話があるんですね。おもしろい。
マドック伝説
英語版ウィキペディアの方はもちょっと詳しい
Madoc

そうそう時々kytheしているメグの視点も入るのですが、24時間しかないメグたちの時間とはまったく異なった形でチャールズたちは過ごしているようです。

2012/07/11 (Wed) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 50/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第二章
チャールズはメグにカルヴィン母の旧姓と名前を尋ねます。今まであまりつきあってこなかったので義母の事は良く知らないメグですが、名前はBranwen 姓はMaddock 婚礼の時にもらったリネンにはbMzと刺繍がされていて、zはZoe かZillarでは、とメグの実母は答えます。
Branwenというのはアイルランドの女王の名前だ、とさらに母は言い、最近村の歴史を調べていた父は彼女はMaddox家の最後の一人で、この家系は18-19世紀には重要な家系だったと言います。

チャールズは星見の岩に出かけると言い、ついて行こう、というメグに姉さんは家にいて、僕とKytheしてつながっていてくれ、と頼みます。

星見の岩でチャールズが空を見上げ、カルヴィン母のルーンを唱えると、星々の中の一つが強く輝き、その光は形を取り、銀の角を持つ白いユニコーンが現れました。
どうしてきたの、と問いかけるチャールズにユニコーンは君が呼んだから、と答えます。
ユニコーンは自分をGaudiorと呼ぶように言い、チャールズを背に乗せて星々へと駆け上がります。

ということで第2章。名前はそれぞれやはり意味があるようで、Branwenは、マビノギオンの中のマギノビ第二枝に出て来る、スィールの娘Branwenの事のようで、彼女はブリテン王の妹で、アイルランド王へと嫁いだ女性です。
現在メグの両親とチャールズが住んでいる家は、メグ父の大おばから相続したものだ、とか、ユニコーンの名前のGaudiorはラテン語でその意味はto rejoiceというものだとか、ユニコーンは実質的ではないけれど、感覚の中では実態がありrealであってrealでない、とか形而上学的っぽい話がでてきて私、読みながら涙目です。
ユニコーンはEchthroiに気をつけないと、と言うんですが、二巻で出てきたEchthroiと同じ存在だと思いますが、チャールズはあまりそれだ、と感じてないように今は見えます。どうなのかな。
それから家に迷い込んできた犬の名前にAnandaとつけました。

2012/07/09 (Mon) The Cater Street Hangman
The Cater Street Hangman 582/3991
The Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)The Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)
Anne Perry

Ballantine Books 2008-09-30
売り上げランキング : 157402

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]Cater Street Hangman: The First Charlotte and Thomas Pitt Novel (Mortalis)[an]Anne [as]Perry


capter1-2

第一章、語り手は銀行家の3人娘の次女、シャーロット・エリソン、23才。年齢的なものに加え、新聞を読みたがり、議論したがり、と当時の結婚市場からすると妻として求められている像からはやや離れた立ち位置の女性です。エリソン家で午後のお茶(とおしゃべりの時間)中、6週前に殺されたクロエ・アバナシーの話題が出ます。クロエは午後4時過ぎに、貧しい人々のための古着を教区牧師の所へ持って行った所を何者かに襲われ殺されたのでした。 彼女はまだ若く18才でした。 そうこうしている内に、シャーロットが新聞を読むことを咎める両親が、さらに別の若い女性が通りで殺されたという事についてこっそり相談していました。

第2章、語り手は三女のエミリー。彼女はまさに結婚市場適齢期。自分よりハイクラスの男性との結婚を狙う(結構肉食系(^^;))19才。舞踏会で、首尾良く上流階級で、その上とびきりハンサムなジョージ・アシュワース卿と知り合う事ができ、彼との結婚に意欲を燃やします。



キンドル2を持ち歩けなかったので、ipod touchに入っているものからアン・ペリーのThe Cater Street Hangmanに手をつけてみました。こちらは1979年に発表されて以来ずっと書き続けられている人気シリーズの第一作です。日本でも6巻目と16巻目が邦訳が出ています。
娼婦殺し (集英社文庫)娼婦殺し (集英社文庫)
アン・ペリー 浅羽 莢子

集英社 1999-08-20
売り上げランキング : 314889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


絶版のため十六才の闇はアマゾンで出ません(; ;)

ピット警部&シャーロットものなのですが、1巻目のこの時点ではまだピット警部出てきませんね。出だしの2章だけ読んでるとヒストリカル・ロマンスの導入部みたいですが(^^;) この先さらなる殺人事件が出てきて、ロマンス小説の分類からは外れてしまうのでしょう。
英語難しいかな? と思ったのですが、意外にいけるのは多分、私がヴィクトリア朝を舞台にしたロマンス小説や推理小説、冒険小説(の翻訳ものを)読んでいるせいじゃないかと思います(^^;)

人物覚え書き。ミステリなのでメモ

サラ:エリソン家の長女 26才 
シャーロット:エリソン家 次女 23才
エミリー:エリソン家 三女 19才
ドミニク サラの夫
エドワード・エリソン エリソン家家長 三姉妹の父
キャロライン・エリソン 三姉妹の母
スザンナ サラの叔母 36才 エドワードの末の妹
ジョージ・アシュワース卿 エミリーの崇拝者


2012/07/03 (Tue) A Swiftly Tilting Planet
A Swiftly Tilting Planet 31/278
A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)A Swiftly Tilting Planet (Madeleine L'Engle's Time Quintet)
Madeleine L'Engle

Square Fish 2007-05
売り上げランキング : 19600

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
A [t]Swiftly Tilting Planet [an]Madeleine [as]L'Engle's Time Quintet


第一章

Thanksgiving dayのディナーにMurry家の皆が集まっていました。、メグ、カルヴィンの母、メグの両親、SandyとDennysそして一番末の弟のCharlse Wallece。チャールズは15才になっています。メグはカルヴィンと結婚して赤ちゃんができたところ。カルヴィンは医学博士と理学博士の学位を取って、ちょうど今ロンドンの学会に行って不在です。それほど親しくしてないカルヴィンの母が感謝祭のディナーの招待を受けた事を不思議に思うメグ。食事を前にホワイトハウスの大統領から電話がかかってきて、南米のVespugia国の専制主、Branzilloが、核弾頭ミサイルを使う宣言をし、24時間しか猶予がないと聞かされます。
Charlse Walleceは、まだ戦争は起こっておらず、起こっていない限りは起こさないようにするチャンスがあると言います。
そこで、カルヴィンの母親が突然、Patrick's runeが必要なのだと言い出します。そのruneはアイルランド出身の祖母が闇の力を避けるために重んじていたものだ、と言い、彼女がその祈りを詠唱し出すと煙突からバケツいっぱいの水が落ち込んだかのように暖炉の火は揺らぎ、煙が部屋中に立ちこめ、風が突然吹きすぎて家を揺らしました。
彼女は、「あたしはあんたのために来たんだ、チャック」といい、来る気はなかったけれど、朝起きたら、何かがここに来るよう言って、それで自分はMurry家に来て、patrickのruneをチャールズに伝える事になったのだ、と言います。


3巻目、読み始めました。2巻目から9年くらいたっています。チャールズは15才になってるし、メグはカルヴィンと結婚して妊娠中だし、Sandayはロースクール、 Dennysはメディカルスクールの学生になっています。メグはメガネをやめてコンタクトにしたようですが、相変わらず微妙にネガティブっぽいです。お母さんはミトコンドリアとファランドーラの研究でノーベル賞をとったみたい。すごい!
そしていきなり核戦争前夜、というびっくりな状況になりました。Vespugiaというのは架空の国で、パタゴニアのあたりというイメージらしいです。
そしてここで出て来るPatrick のRune、各章のタイトルにもなっていますが、これもレングルさんが古代のケルトの祈りのいくつをベースにして創作したものらしいです。
アイルランド系設定キター!! でもそもそもオキーフって名字で赤毛君ならそうですよね。Murryもケルト系の名前かな?

この本が出版された1978年東西冷戦はデタントの時代ではありましたが、1979年にソ連のアフガニスタン侵攻があり、1980年にイラン・イラク侵攻があって、まだまだ核戦争の脅威が生々しい時代でした。
ふとそんなことを思い出してみたり。

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。