--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/01/18 (Sun) Fortunately, the Milk . . .
Fortunately, the Milk . . .YL3 総語数7620語
Fortunately, the Milk . . .Fortunately, the Milk . . .
Neil Gaiman Chris Riddell

Bloomsbury Childrens 2013-09-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Fortunately, the Milk . . .[an]Neil [as]Gaiman  [an]Chris[as] Riddell


お母さんが出張でお出かけで、朝ご飯のミルクを切らしていたのでお父さんが角のお店にミルクを買いにいったら
なかなか帰ってきません。
どうしてこんなにかかったの? に、こたえたお父さんのお話。

ほらふき男爵系のお話というか、かわいらしい小品。
夜寝る前に幼稚園くらいの子に読んであげたら喜ばれそうな感じ。
しかしUK版のクリス・リデルの挿絵だとお父さんの顔がニール・ゲイマンになんか似てる気がする(^^)

US版のスコッティ・ヤングの挿絵バージョンも欲しくなっちゃうな。
スポンサーサイト

2015/01/10 (Sat) Flora and Ulysses: The Illuminated Adventures
Flora & UlyssesYL4.5 総語数32794語
Flora & UlyssesFlora & Ulysses
Kate DiCamillo K.G. Campbell

Candlewick 2013-09-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Flora & Ulysses [an]Kate [as]DiCamillo [an]K.G. [as]Campbell


空も飛べるスーパーヒーロー! ユリシーズ。
父と母話した結果、ユリシーズはフローラと一緒に母の元で暮らし続けるということになったが、その夜、母はユリシーズは袋詰めにし森の中へ。フローラは隣人のTootie Tickhamさんと、William Spiverに助けを求めますが・・・


ということで、結論としてはユリシーズは確かに辛い状況にある人々を救うスーパーヒーローで、創作意欲にあふれた詩人で、フローラと相思相愛、ということですね。ユリシーズかわいい。

しかし何かというと家族の弱いところ(主にこども)にストレスがかかるというのは、人間の性としてどうしようもないのだろうか、と思ったり。
イラストがとてもキュートでした。メディアワークスかディズニーかでアニメ化みたいなちょっと優等生的なお話にも感じましたがおもしろかったです。
イラストの中のいちまいに、本が積まれているものがあったのだけれど、その中にホビットの冒険があったのがちょっと嬉しかったです。

2015/01/07 (Wed) Flora and Ulysses: The Illuminated Adventures
Flora & Ulysses 757/2062
Flora & UlyssesFlora & Ulysses
Kate DiCamillo K.G. Campbell

Candlewick 2013-09-24
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]Flora & Ulysses [an]Kate [as]DiCamillo [an]K.G. [as]Campbell


新型掃除機ユリシーズ2000X掃除機に吸い込まれて意識が拡大覚醒したリスのユリシーズと10才の少女フローラの物語。

視点がフローラと覚醒したユリシーズと交互に変わります。
覚醒したユリシーズは力持ちになるし、タイプライター打てるし、でフローラはユリシーズが自分の好きなコミックの主人公、Incandestoのようなスーパーヒーローだと感じていますが、当のリスはヒーローというよりは詩人なんですよね。そしてお腹がすいている(^^)
掃除機に吸われて毛皮がはげちょろけになった姿で、フローラの母(ロマンス小説作家)は病気のリスだから殺して埋めてしまって、と離婚した(そしてフローラと土曜の午後を過ごすためにやってきた)父に伝えるのをこっそりきいたところまで。

皮肉屋、と自称してますが、ちょっと早熟で、親との距離感がビミョウな感じ。というか母がちょっぴり毒親ぎみなのがせつないところ。
自分の価値観とずれた娘をあまり認めたくない感じの言動してます。ありがちといえばありがちだけど。
掃除機の持ち主、Tootie Tickhamと、その甥っ子(本当は叔母さんではなく大叔母さんとのこと)で、トラウマにより一時的盲目になっているというWilliam Spiver 11才がどうかかわってくるか先がまったく読めません。

去年のニューベリー賞受賞作品。今頃になってよみはじめてます(^^;)

2015/01/03 (Sat) 2014年総括
年末ちょっとばたばたしてしまって、年が明けてしまいましたが2014年の総括を。

今年読了した英語の本は6冊。40万語ほど。うわーうわーー少ない!!
去年がとんでもなく少ない!! と思ったけど今年はさらに少ない・・いったいどうなのよ??
という感じです。夏ー秋がまったく読めていません。
一応のいいわけになるかどうか分かりませんが、夏はCoursera の講座、「Online Games: Literature, New Media, and Narrative
http://d.hatena.ne.jp/sunami_a/20140728#p1
を6週間、引き続きBritish councilのFuturelearn (https://www.futurelearn.com/)[Exploring English: Language and Culture]を6週間やっていたせいもあるのかなーです。
こちらの大規模公開オンライン講座(MOOC:Massive Open Online Course)はどちらも非常におもしろくやりがいのある講座ではありましたが、ついていくのにひーひーで、さらに本を読むまでいきませんでした。

読んだ6冊全て、Kindle版。老眼のお年頃になってしまっては、フォントを大きくできるkindel版オンリーになってしまいました。
さて、去年の12月に、今年の野望としてあげたものは以下の通り。

1:月10万語-15万語くらい英語の本を読む。
2:GR・児童・一般の本をとりまぜて読む
3:Audible継続
4:ラジオ講座継続。ゴガクルのtwitter。ボキャビル&グラマーのやりなおし。twitter で英語日記。
5:iphoneアプリを使ったすきま時間勉強
6:LotROを英語環境で遊ぶことを継続。プレイ日記を英語で書くこと。」

1はまったくだめ、2は一般書しか読みませんでした。3も去年同様、今年もaudibleほとんど聞かずじまいでした。ただ、ラジオ講座の「攻略! 英語リスニング」と「基礎英語3」はウォーキングしながらながら聴きを続ける事でほぼ毎日聞けるようになって良い感じです。
5のiphoneアプリはPolyglotsというニュースリーダーアプリを入れてみましたが、なかなか継続できず。もう少しアプリは考えてみたいです。6はほとんど週一でしかゲームにインできていませんが(時間もさることながら、プレイしていると目が疲れすぎて辛いのです)なんとかエドラスにたどり着き、その後死者の道の入り口、馬鍬砦、ヘルム峡谷あたりまではいけるようになりました。早くゴンドールにたどり着きたい・・・

目標をほとんど達成でできないでいますが今年こそはたくさん読む年にしたいです。トータル1000万語まであと8万語ほど、多読を意識してからはや10年となりました!! 
今年の野望も去年とおよそ同じ、

1:月10万語-15万語くらい英語の本を読む。
2:GR・児童・一般の本をとりまぜて読む
3:Audible継続
4:ラジオ講座継続。ゴガクルのtwitter。ボキャビル&グラマーのやりなおし。twitter で英語日記。
5:iphoneアプリを使ったすきま時間勉強
6:LotROを英語環境で遊ぶことを継続。プレイ日記を英語で書くこと。」
です。

なんとか地道に進めて行きたいと思います。

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。