--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/23 (Mon) 300万語通過
300万語通過

ぼちぼちと過ごしているうちに300万語通過です。

2006年の3月29日に200万語通過してから約7ヶ月。
300万語通過本はKate Thompsonの「The New Policeman」でした。


300万語の内訳は



      GR   児童書 MANGA 一般書 合計
YL0~0.9  2                    2
YL1~1.9  2    1               3
YL2~2.9       3               3
YL3~3.9       7               7
YL4~4.9       1               1
YL5~5.9       6   1           7
YL6~6.9       2           3   5
YL7~7.9                   3   3
YL8~8.9                    2   2
合計    4    20  1       8  33

今回はじめて、図書館の本を利用しました。33冊中、4冊の児童書が図書館のものです。

300万語はPJ本で通過なーなどと思っていたら、積ん読をほうって、読んだアイルランド・ファンタジーで通過になりました。最初の100万語よりは長く、次の100万語よりは短い時間での100万語でした。


ペーパーバック読みのMLに入って、基本的に一月に一冊は読むしばりがあったおかげでの達成かもしれません。MLは今年の9月で終わり、次の100万語はまたゆったりになってしまうかもしれません。

相変わらず児童書メインで読んでいます。もっとも私は和書でも読む本のうち、児童書の占める割合は高いのですが。それからMLの課題図書ということで、普段の自分なら決して手にとらないような本>マディソン郡の橋など ― も読むことになり、これはこれでおもしろかったです。

オーディオブックも単品聴き、読み聴かせ聴きでちょっと聴いてなげてしまったものを含めると、この100万語の期間中に6本ほど聴いています。が、コインが貯まっていて、聴く方もやや積み気味(^^;)
そろそろオーディブルの月2会員はやめた方がいいかもしれません。月1会員か、登録会員で3割引きで買うのだけでもいいのかも。

200万語から300万語の100万語を振り返ってなにか発展があるかというと....ううーん(^^;)
あ、辞書はかなり使ってます。wzero[es]に英辞朗を入れたら、本当にいつでもどこでもペーパーバックという感じになりました。
それからYLが高い本は、オーディオブックにひっぱってもらうと読みやすく感じました。どうしてもYLが高いと、単語その他でひっかかってスピードが落ちてしまうのですが、オーディオブックにひっぱってもらうとかなりそのあたりが改善される感じです。
相変わらず語彙なし、句動詞知らずなのですが、YLによっては、そこそこの時間で一冊読めるなーなどという妙な(あやまった??)感覚がついて、でもこれっていいのかしらん?

進歩らしい進歩はないですが、多読を始める前は、月一で一冊ペーパーバックを読むなんて、ほえーという感じでしたから、少なくとも英語の本に臆する所はなくなったのかな。普通の一般書、ダヴィンチ・コードや、ペリカン文書クラスの(YL8以上の)本を、今回読んだThe new policeman(YL 5くらい)くらいのノリで読めるようになるといいんですけどねぇ。

次の100万語はどんな感じになるやら。次こそロマンス小説に挑戦してみたいです。あと、ノンフィクションにもトライしてみたいですね。
スポンサーサイト

comment

300万語おめでとうございます<尊敬のまなざしで
すっかりうっちゃってる私としてはもう崇めちゃいます、ホントに。継続って大事ですよねえ。
そしてうっちゃってると言いつつも「The New Policeman」に誘惑されてます。本に限らず、誘惑上手さんが多くてあれもこれもと包囲網張られてるみたいな気分(^^ゞ
2006/10/23 21:28 | URL | 玉兎 [ 編集 ]

300万語、おめでとうございます。
あああ、なんかおいてかれてるわ、私…(^^;)。いや、本当に素晴らしいです。
あ、ロマンス小説はモノを選べば非常に読み易いですよ。総じてミステリなんかよりも話の構造が単純ですから、変なところで頭を使わなくて良いので楽です(笑)。
2006/10/23 23:52 | URL | マランウェ [ 編集 ]

玉兎さん こんにちは

今回の100万語は、「ちまちま読んでいたら、おお、この本で100万語だ」、という印象です。続けていると語数が溜まっていくんだなあ、としみじみ。
そうそう、the new policemanお薦めですよ~ 楽しいですよ~と誘惑しておきます。音楽やダンスがあたりから聞こえてくるような話です。リバーダンスの一幕を思いだしながら読んでいました。(^^)
2006/10/23 23:53 | URL | すなみ [ 編集 ]

マランウェさん こんにちは

でもちっとも英語力があがった気がしませんです(^^;)。まあ楽しく読んでいるから良いといえば良いのかもしれませんが...
ちょっとは力がついているのかしら
ロマンス小説、前に紹介されていたあたりを今度試してみようかな~などともくろみ中です。
歴史ものより現代ものの方が読みやすいでしょうかしらね。
2006/10/23 23:58 | URL | すなみ [ 編集 ]

南の方から何やら「ちゃくちゃく」という音がするなぁと思ったら、すなみ様の多読でしたか。おめでとうございます。
映画化祈願も兼ねてそろそろ「The Hobbit」は如何でしょう?…と人様の都合も考えずに書いてみる(^^;)

でも、このブログの一番上の「プロフィール」にありますけれど、「ペーパーバックをどかどか読みたい」という野望(!)はかなり現実化しているように思います。凄いなぁ。
2006/10/24 01:01 | URL | パインツリー [ 編集 ]

パインツリーさん こんばんは
「ちゃくちゃく」というよりは「よろりら」という感じで読んでおりますが、どうにか300万語地点を通り過ぎました。Hobbitもいいですねぇ。実はHobbit原書は途中でストップしていたのでありました。また試してみたら行けたりするのかしら....
まだまだ野望の現実化は遠いです。普通の本も腰が引けることなくがんがん読んでいけるようになると良いのですが現実は青息吐息です(^^;)....
2006/10/25 00:41 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1009-4601d530

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。