--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/05 (Sun) The Mysteries
The Mysteries YL 7.0 総語数 110747語

The MysteriesThe Mysteries
Lisa Tuttle

Spectra 2005-12-27
売り上げランキング : 37341

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Mysteries[an]:Lisa [as]:Tuttle


第23章[失踪挿話]Caroline 第24章、ペリの救出 その1 第25章恋人Jennyの失踪 第26章ペリの救出 その2第27章[失踪挿話]Eilian、第28章ペリの救出 その3、第29章[失踪挿話]William、第30章ペリの救出 その4、第31章[失踪挿話]MacRoyの妻、第33章ペリの救出 その5、Jennyからの手紙

読み終わりました。
「The Wooing Etain」というケルトの民話をなぞるように失踪した女性を追う話ですが、あいだあいだに挟まれた他の「失踪者」たちの話が不可思議さを高めています。「フェアリー」や、「Otherworld」というのはただ、愁いのないおとぎのくに、という側面だけでなく、もっと「死者の世界」に近いイメージがあるのかな、などとふと感じました。日本の神隠しとか、遠野物語の「異人」にさらわれる話に似ているなあとか。
フォークロアは共通項があるものなのかな。

ペリの救出に際して、人は自分が望むモノを連れ帰るのだろうかなどといろいろ思ってしまいました。家族や恋人よりも、思い入れのない第三者の方が冷静に判断できて、交渉できるのかなあ、などなど。
加えて「人は何故失そうするのか」という問いかけへイアンが自身に答えるシーンがあって、結構お疲れモードの彼が危うく見えてしまいましたよ。
しかし実はローラが連れ帰ろうとした少女はひょっとしたらペリの娘なのかな? などと思ったんですが違ったみたい。、それからヒューが傷のせいで、ミダーから得た"Second sight"は無くなったてしまうんだろうかとか、良くわかりません。
いずれにせよ、Peopleとの取引というのは難しいもののようです。

このあいだ読んだThe new policeman との共通項も結構あり、あれを読んでいたおかげで、ちょっぴり知識が増えて読みやすかったのかもしれません。同じジャンルを読むとこういうところいいですね。

一般書ですが、割と読みやすい文章だった、というのと、章立てが短いおかげで読み進みやすかったです。一番は「この先どうなるの?? 早く早く」という所だったとは思います。

話の筋にはまったく関係がありませんが、[Wrinkles in time]のサイン本なんてうらやましいなあ、と思いました(^^;)

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1014-e8df4f6f

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。