--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/16 (Thu) Temeraire
His Majesty's Dragon192/356頁
His Majesty's DragonHis Majesty's Dragon
Naomi Novik

Ballantine Books (Mm) 2006-03-28
売り上げランキング : 20366

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:His Majesty's Dragon[t]:Temeraire[an]:Naomi [as]:Novik


第二部に入って、ローレンスとテレメアは、空軍の指令を受けて訓練のためにスコットランドに行くことになります。行く途中、実家に立ち寄った、ローレンス、もともと軍人になるのを反対していたお父さんから冷たく扱われ、「ちゃんと約束をしていた訳ではないけれど...」だったエディスさんとの事は完全にナシになった模様で、傷心です。
行った先ではいろんなドラゴン、いろいろな飛行士との絡みがあって、そのへんの絡み具合もこの手の話としては王道な進み具合で、楽しいところ。
今まで規律正しい海軍さんでやってきたのに、空軍の方はだらしない感じ、とか。フレンドリーに迎えてくれた人と敵意むき出しの人とか、女性の飛行士の存在とか、飛行訓練の教官にびっくり、とか訓練のいろいろも含め、楽しさ満載。

ところでドラゴン飛行隊(笑)ですが、編隊を組んでいろいろするようなのですが、どうも私の空間把握能力が悪いせいかぴんときません。ううう。
テメレアのような大型の戦闘竜は、たくさん人間を乗せて闘うようで、船での戦闘に似ているのかな? まだ戦闘シーンは出てこないのですが、midshipmanならぬmidwingmanとかいるし(これ邦訳されるときなんて訳されるんだろう)ライフル隊とか乗せてるし。大きさの感覚がつかめない...読んでいくうちになんとかなるかしら。

とにかくぶっちぎりでテメレアが可愛いです。ローレンスでなくても貢ぎたくなる(笑)

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1021-ba0eb8dc

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。