カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cat Among the Pigeons

Cat Among the Pigeons64/370頁
Cat Among the Pigeons (Cat Royal)Cat Among the Pigeons (Cat Royal)
Julia Golding

Egmont Books Ltd 2006-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Cat Among the Pigeons (Cat Royal)[an]:Julia [as]:Golding


せんに読んだ、「ドルリー・レーンのダイヤモンド」の続編を読み始めました。またヴィクトリア時代?(ジョージ王朝でした(^^;)) というつっこみは抜きにして(爆)、キャット・ロイヤルのシリーズ2作目です。アフリカ生まれの天才ヴァイオリニスト、ペドロの、主人だというMr.Hawkinsがドルリー・レーン劇場にやってくるところからはじまります。ペドロはアフリカから奴隷として連れてこられたのですが、前回の本を読んだ時は、ヴァイオリンのAngelini師匠に引き取られて自由になったと思っていたのですが、実はそうではなくて、Angeliniと取引をした男はペドロの本当の主人ではなく、その取引は無効だということのようなのです。ペドロは自分の財産だから返してもらう、と言ってはばからないMr.Hawakinsからペドロを守ろうとするキャットと、劇場のみんな。奴隷制度廃止の動きと絡んでどんな風に話が展開するか楽しみです。

この本も装丁がキレイで、Avon公爵の図書室(多分)からロンドンの街を眺めている情景に、ターコイズ・ブルーのCatの文字の箔押しという、素敵さです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。