--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/20 (Wed) The Diamond of Drury Lane
The Diamond of Drury Lane (Cat Royal)The Diamond of Drury Lane (Cat Royal)
Julia Golding

Egmont Books Ltd 2006-01
売り上げランキング : 70789

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Diamond of Drury Lane (Cat Royal)[an]:Julia [as]:Golding


チェックし忘れていましたが、このThe Diamond of Drury Lane、めでたく、2006年ネスレ子どもの本賞(旧スマーティーズ賞)9歳~11歳の部門の金賞を受賞しました。このネスレ子どもの本賞は(オトナの)審査員が選んだショート・リストから、実際に読んだ該当年齢の子ども達が投票して、金、銀、銅賞が決まるというものだそうで、こどもたちが選ぶ賞なんですね。おめでとう! キャット。
そしてこの作品はコスタ賞(旧ウィットブレッド賞)児童書部門のショートリストにも選ばれました。こちらは年明け1月10日発表の予定です。
またこの本は既にOttakar Children's Book Prize、も受賞していますが、(この賞は"This award now in its second year, showcases new children's authors."ということで児童作家新人賞とでもいうのでしょうか?)実はこの本は作者、Julia Goldingさんのデビュー作なんですね。
作者のウェブサイト

http://www.juliagolding.co.uk/

を見るとちゃくちゃくと本を書いて発行予定がたくさんあって、これから楽しみな作家さんだと思いました。なお、The Diamond of Drury Laneに続いて発表されたSecret of the Sirens、Companions Quartetの第一巻はファンタジーで、来年1月、静山社から、「サイレンの秘密」という邦題で出版されるそうです。こちらも読んでみようかしら。

こちらのGoldingさん、バイオグラフィーによれば、ケンブリッジで英語を学んだ後外務省に勤務。ポーランド関連の仕事をした後、オックスフォードでliterature of the English Romantic Periodの学位を取り、その後、オックスフォード飢餓救済委員会にロビイストとして参加、現在はフルタイムの作家ということで、オックスフォード在住だそうです。うーん、凄いキャリアだわ。

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1037-a81bd114

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。