2007/01/02 (Tue) 福袋
20070102172014.jpg


それは年末の新聞にのっていた、初売り広告の一文でした。「洋書・児童書福袋」へぇ~ どんな福袋なんだろう。洋書・児童書というからには、PBや絵本がたくさんつまっている福袋なのかしらん? 買ってみたいけど本がかぶったら困るかなあ、HistorianとかThe Meaning of NightとかJonathan Strange & Mr Norrellなんて入ってたらどうしよう~読めないけど嬉しいよ~ とか、洋書バーゲンの売れ残りの本が10冊くらい入ってる袋かも、とか絶対ありえないような妄想をたくましくしながら、うきうきと買い物に出かけました。売り切れていなかったのは良かったのですが、ぱっと持ったら軽い。あまりに軽い。これじゃ本なんて入ってないだろうというくらい軽い。ひょっとして文具の福袋なんだろうかと店員さんい尋ねてみたところ「洋書扱いの雑貨系のモノや絵本が入っています」とのこと。ちょっと悩んだけれど、1500円という失敗してもそれほど引きつらないであろう金額といったいどんなものだい? という好奇心に負けて購入してみました。

結果が上記写真の通り。がまくんとかえるくんの卓上カレンダー、ピーター・ラビットの30枚のポストカード集、さいころ型のちょっとしたしかけ絵本、キャラクターものの色えんぴつ、絵はがき、ドイツ語のミニ絵本、それから写真には入っていませんが、ミニーマウスの小さなぬいぐるみ、というラインナップでした。まあこんなものでしょう(^^)
でも一度洋書版福袋って買ってみたいな。
スポンサーサイト

comment

福袋なるモノに殆ど心惹かれない体質なのですが、本の福袋はちょっと興味ありますね。日本語の本は再販制度が引っかかるのでマズイんでしょうけれど洋書ならアリのような気がします。
アマゾンでも、ギフト券福袋やってくれないかしら。例えば7000円で10000円分のギフト券がもらえます、とか。…って、今年一体どれだけ買う気なんだ自分(^^;)
2007/01/02 18:29 | URL | パインツリー [ 編集 ]

本の福袋は欲しいですね。中身のわからないびっくり福袋も良いですが、1キロいくらの福袋とか、××賞受賞セット福袋とか、あるいは××賞候補作セット福袋なんてあったら楽しそうです。日本語の本はおっしゃるとおりいろいろ制度的に難しそうですが、洋書はバーゲンもやるくらいですし、できそうですけれどね。あったらぜひ買いたいです。

アマゾンギフト券福袋なんてあったら嬉しいですねー。期間限定(半年内に使わないといけない、とか3ヶ月内に使わないといけないとか)のしばりがあってもいいのでぜひ欲しいですね。
2007/01/03 20:43 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1043-72c8e7b3

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析