--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/01/23 (Tue) Down Under
Down Under60/394頁
Down UnderDown Under
Bill Bryson

Black Swan 2001-08-06
売り上げランキング : 3575

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Down Under[an]:Bill [as]:Bryson


作者はアウトバックを体験するために、Indian Pacific、シドニーとパースを結ぶ大陸横断鉄道に乗ります。ブロークン・ヒルで途中下車してアウトバック・ツアー。オーストラリアの乾燥した土地と、そこに住む人たち、それから歴史的なできごとについて半ばとりとめなく語られていきます。

読んでいて漠然と思ったことは、アメリカやイギリスのヒトも(だから?)オーストラリアという国やそこに住むひとたちに幻想というか幻影を抱いてるんだなあ、みたいな事でした。同じ言語を話してる筈なのになんで話が通じないんだろう的な所があって、首を傾げてしまうのかな? これがアジアだったりすれば、人種も言語も文化も全然違うから、といって、納得してしまうのかも。

なんだかもやっとしてうまく言えないのですが、そしてこういう例えが適当かどうかわからないのですが、A型やO型のヒトがずっとAやOがメインストリームの所で暮らしていたのだけれど、突然B型ばっかりの所に来て、??? になっている様子、みたいな雰囲気です。
それが良い、悪いというのでなく、外からの目線で語られはじめたオーストラリア紀行文という印象です。これからだんだん変わってくるかもしれません。

あ、誤解をまねくと行けないのですが、この作者さんは豪を苦手とかキライとか意っているわけではないです。読んでいる私が、へー、英語文化圏だからといってやっぱりこういうのは「え、何それ? マジですか?」みたいなツッコミ入れるんだねぇ、という感慨を覚えるというかそんな感じです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1049-58a1198d

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。