--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/25 (Sun) Enchanted Forest Chronicles, 4
Talking to DragonsYL5総語数69,359語
Talking to Dragons (Enchanted Forest Chronicles, 4)Talking to Dragons (Enchanted Forest Chronicles, 4)
Patricia C. Wrede

Magic Carpet Books 2003-03
売り上げランキング : 204934
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Talking to Dragons [t]:Enchanted Forest Chronicles, 4[an]:Patricia C. [as]:Wrede


この本の主人公は16才の男の子、Daystarです。Enchanted Forestに近い、訪ねる人もないような所に母親と暮らしていたDaystarはある日、母から魔法の剣を渡され、家から出かけなければいけないと言い渡されます。「なぜ行かなければいけないのかを、お母さんに説明できるまで帰ってきてはいけません」と言われ、ほとんど何がなんだかわからないままに冒険の旅に出発するDaystar。途中Fire-witchのShiara、Dragonと仲間になって、旅を続けます。魔法の剣を追いかけてくるWizardたち、Daystarたちを罠にはめようとするグループと助けてくれるグループ、魔法の剣の謎。そしてWizardたちとdargonたちの大決戦と、冒険に次ぐ冒険がDaystarたちを待っています。

というEnchanted Forest Chroniclesの4巻、最終巻です。この巻はDaystarの一人称で語られ、3人称で語られてきた前作とは雰囲気が異なります。
3巻で迎えた衝撃のラストを受けてはじまる第4巻、前作まででおなじみの、カズールや、モルウェン、テレメインも出てきて、wizardたちとの大決戦の後に待っているのはやはり大団円なのです。おとぎ話はこうでなくては! イッキ読みしてしまいました。おもしろかったです。

相変わらずおとぎ話、ファンタジー好きにはにやりとさせられるガジェットが随所に出てきます。(ゴラムもどきも出てきてひゃー、です)そのあたりの楽しみもこのシリーズならでは、といった感じです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1063-3cf7174a

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。