--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/26 (Mon) The Enchanted Forest Chronicles
The Enchanted Forest Chronicles: Dealing Withdragons/Searching for Dragons/Calling on Dragons/Talking to Dargons (Enchanted Forest Chronicles)The Enchanted Forest Chronicles: Dealing Withdragons/Searching for Dragons/Calling on Dragons/Talking to Dargons (Enchanted Forest Chronicles)
Patricia C. Wrede

Magic Carpet Books 2003-07-01
売り上げランキング : 43848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Enchanted Forest Chronicles: [t]:Dealing Withdragons/[t]:Searching for Dragons/[t]:Calling on Dragons/[t]:Talking to Dargons (Enchanted Forest Chronicles)[an]:Patricia C. [as]:Wrede


Enchanted forest chronicle追記

シリーズを通して読んでおもしろかったのは、もちろん、ストーリー展開や、キャラ立ちの良さに負っているのですが、、おとぎ話関係のガジェットを「ちょっとひねって」出してきている部分がやはり楽しくて、子ども向けの話なんだとは思いますが、なんというかファンタジーずれしちゃった大人向け、のお楽しみ的な所もあるかな、と思いました。「ものすごく固いから、下働きの娘のフリをしている王女を見分けるのに最適な豆(一粒ふとんの下に置くだけでおオッケー(笑))」を栽培している農家の人の話とか。

それから、このシリーズでは魔法を使う人たちとして、Wizard,Magician,Witch,fire-witch,sorcererが出てきます。この世界では、魔法は、Dragonや、エルフやユニコーン、そしてfire-witchのように「魔法を使うことに生まれつくもの」と、存在している魔力を使って魔法を使うものと2種類の魔法があるということになっているようです。普通のWitchやMagicianは何か魔力があるものを含んだ呪文や、モノを通じて魔法を使いますが、Wizardは、魔力をどこからか吸い取って(主にEnchanted Forestから)杖にためて、魔法を行う、という事になっています。

うーん日本語での訳しわけってどんな感じになるんでしょう。特にMagicianとWizardの訳し分けはどうなるかな、とちょっと考えてみました。。Magician曰く、魔法にはいろんなタイプのものがあって、いろいろ使うのがMagicianで、wizardは杖に魔法を溜めて使う使い方だけをする、みたいな言い方をしていましたが。この話の中ではWizardは一貫してこずるくて、悪い、集団ですし、Wizardを「魔導士」Magicianを「魔法師」なんてのがイメージ的にはいいかなあ、なんて勝手にいろいろ考えてみるのも楽しかったりします。
そういえばゲド戦記でもWizard,Witch,sorcerer,mage,archmageが出てきていた筈ですが、archmageが邦訳では大賢人でした。sorcererはなんて訳だったかなあ。
さて、私のひいきは、WitchのMorwenと、MagicianのTelemainですが、このTelemain、学者バカというかオタク系というかそんな感じで(笑)、魔法に関する事を説明するのに、やたら回りくどい専門的な言い回しをしていて、「で、それってどういう意味?」と女性陣からツッコミ入れられどうしの人です。いい人なんですけど(笑)
とある魔法を使うのに「そういうやり方はスマートじゃないなあ」みたいな言い方をして、Morwenに「効き目があればいいでしょ」みたいにツッコミいれられる。なんだろ、魔法じゃなくてPCのプログラム関係とかでいそうな人なんですよ「このプログラムは美しくない」とか言っちゃうような人というか(笑)
最終巻で、決戦時に、肩を刺されて「ただの剣か。どうりで防げなかった筈だ。呪文かと思ったんだよ」とか言っちゃうような人で、Morwenから「あなたは魔法理論家としては大したものかもしれないけど、常識ってものをこれっぽちも持ち合わせてないのね。とにかく何で避けなかったのよ」みたいに叱られます。本人は「避けたよ!」と怒ってましたけど。

外伝があるらしいのでそちらの方もぽちっとなしてみました。楽しみ。

追記:
Book Of EnchantmentsBook Of Enchantments
Patricia C. Wrede

Magic Carpet Books 2005-10
売り上げランキング : 69463

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Book Of Enchantments[an]:Patricia C. [as]:Wrede


上記の外伝のアマゾンへのリンクを貼りました。こちらは短編集で、それぞれのお話が8~30ページくらい。Enchanted Forest Chroniclesと舞台を同じくする短編が2本入っているそうです。(それ以外は別のファンタジー系のお話とのこと)
スポンサーサイト

comment

こんばんは。
私もこのシリーズ大好きです。

外伝が出ているなんて知りませんでした。タイトルを教えていただけませんか?私も読んでみたいです。
2007/02/26 20:05 | URL | 由良 [ 編集 ]

由良さん こんにちは
記事にアマゾンへのリンクを追記しました。本のタイトルは「Book Of Enchantments」
まだ実物が手元に来ていないのですが、短編集で、その中の2つのお話が、Enchanted Forest Chronicleと同じ世界なんだそうです。届くのがとても楽しみです(^^)
2007/02/27 17:58 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1064-39057d93

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。