--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/02 (Mon) Ottoline and the Yellow Cat
Ottoline and the Yellow CatYL 3.5 総語数7500語
Ottoline and the Yellow CatOttoline and the Yellow Cat
Chris Riddell

Macmillan Children's Books 2007-02
売り上げランキング : 11140

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Ottoline and the Yellow Cat[an]:Chris [as]:Riddell


読みました。絵本というには文章が多いけど、とにかく挿し絵がいっぱいで楽しい本です。
主人公はOttolineという名前の女の子。Mr.Munroe(ノルウェーの沼地出身のイキモノ)と一緒にコショウびん・ビルディングに住んでいます。彼女とMr.Munroeが飼い犬失踪事件を追いかけるというのがこの本の話なのですが.....

えーと該当年齢の頃に読んだらもっと楽しかっただろうなーと思いつつ読みました。今読んですごく楽しかったけど、多分子どもの頃読んだらもっと楽しかっただろうなあと。
彼女の両親は世界中を飛び回っていて、なかなか家に帰ってこれなくて、Mr.Munroeと暮らしてるなんてのは長くつしたのピッピをちょっと彷彿とさせる、というかこの手の子どもの本で両親と一緒に暮らしていないというのはもうお約束ですね。
こまごまと書き込まれた挿し絵もステキで、一つ一つ眺めるのが楽しい!
例えばOttolineの両親が彼女の世話ができないので、代わりに
いろんな代行サービスの会社を頼んでいるのですが、「マリオンのバスルーム・サプライ」とか「電球取り替えカンパニー」とか「枕ふくらましとカーテン引きカンパニー」とかそういったもろもろの会社のビジネスカードがそれぞれ挿し絵に描かれているような所とか、両親から送られてきたハガキのコレクションだとか。
この本の作者は崖の国の物語
崖の国物語〈1〉深森をこえて崖の国物語〈1〉深森をこえて
ポール スチュワート Paul Stewart Chris Riddell

ポプラ社 2001-07
売り上げランキング : 333844

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:g崖の国物語〈1〉深森をこえて[an]:Paul [as]:Stewart [an]:Chris [as]:Riddell

の挿し絵を書いたヒトだったんですね。読んだ事なかっけど読んでみようかしらん。


スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1083-f5654707

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。