カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Secret of the Sirens

Secret of the Sirens36/401頁
Secret of the Sirens (Companions Quartet)Secret of the Sirens (Companions Quartet)
Julia Golding

Oxford University Press 2006-07
売り上げランキング : 78111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Secret of the Sirens ([t]:Companions Quartet)[an]:Julia [as]:Golding


お正月に買ってほうっておいたこれにとりかかりました。Cat Royalシリーズを書いたJulia Goldingの児童ファンタジーです。Cat Royalと違って今度は現代ですね。DartmoorとかTintagelとかあるからコーンウォール?
主人公のConnieは両親が外国へ行くので、Hescombに住む叔母さん、Evelynの元にやってきます。Connieは実は動物と話す事が出来て、そのおかげで動物がたくさん寄ってきますので、ロンドンにいたころは学校では変人あつかい。友人もおらず孤独です。叔母さんはどこかつっけんどんだし、Hescombでの暮らしはどうなるのかしら? という導入部です。文のリズムも良くて読みやすそう。そういえばこの本、2006年度カーネギー賞のロングリストに入っているのでした。ショートリスト発表は今月20日。発表前に読んでリスト発表を楽しみに待ちたいと思います。しかし、2006年デビューで、The Diamond of Drury Lane、が2006年ネスレ子どもの本賞(旧スマーティーズ賞)9歳~11歳の部門の金賞を受賞、それでこちらのSecret of Sirensが2006年度のカーネギー賞ロングリストノミネートってすごいですね。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。