--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/11 (Wed) Secret of the Sirens
Secret of the Sirens241/401頁
Secret of the Sirens (Companions Quartet)Secret of the Sirens (Companions Quartet)
Julia Golding

Oxford University Press 2006-07
売り上げランキング : 78111

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Secret of the Sirens ([t]:Companions Quartet)[an]:Julia [as]:Golding


クラスメイトたちと学校の課題から発展して、精油所へインタビューをしに出かける事になります。Managing DirectorのMr.Quickは怜悧そうな雰囲気で、Connieたちに会ってくれたのは良かったけれど、インタビューに答えるというよりは、いかに会社が環境に配慮して地域に利益になるかという事だけを滔々と述べて終わり。嫌な雰囲気です。
Connieの元に、Societyの理事たちが会いに来るというニュースにHescombの町のメンバーを興奮しています。Societyの理事たちが一堂に会する、しかも誰か個人のために、ということは非常に稀で名誉な事と考えられているからです。理事たちはMythical CreaturesとそのCompanionから構成されています。Dartmoorでの会合で、Connieは理事たちから先のAssessorによるテスト結果は脇において、Universal companionであること、Societyの会員となることを認められました。
一方、Colの方は、ちょうどお父さんが帰ってきたのですが、お父さんと今ひとつうまくいっていないのかどうも良い所をみせられません。
その後、Connieから彼女がUniversal companionであることをうち明けられるのですが、素直に祝福できず、嫉妬から彼女に冷たく振る舞ってしまいます。
大人たちの話と、生来の性格の良さから、彼女へ辛くあたったことを反省するColですが、なかなかあやまるタイミングを見つけられません。


そんな中、ConnieはCompanionとしての訓練を始め、またColもCompanionとしての次ぎのステップの訓練を始めます。


スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1087-e55f9e1e

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。