--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/28 (Sat) 死者を信じることなかれ
Never Trust a Dead ManYL 6.0 総語数42957語
Never Trust a Dead ManNever Trust a Dead Man
Vivian Vande Velde

Harcourt Childrens Books (J) 1999-04
売り上げランキング : 111073

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Faroldの魂を呼び戻して貰ったのはよいモノの手違いで、本人の身体でなく、周りを飛んでいたこうもりの身体に入ってしまったFarold。しかし起こってしまったものはしょうがありません。一人と一匹とで真犯人さがしをはじめます。Selwynは見せかけの魔法で巡礼者のかっこうにしてもらい、村に入りますが、よそものなどほとんど来ないこの村ではアヤシイ人間と思われ真犯人探しどころではありません。しかし村では「Selwyn父親が早まったことをしないように監視下におかれていることと母親と祖母が保護されていることがわかりちょっとひといきです。Selwynはこれではいけないと再び身売り年限を増やして、もう一度魔法をかけてもらい、今度は、行儀見習いに街に出ていった居酒屋の娘Kendraの姿にしてもらいます。そうして情報を得ていくうちに容疑者の数は増えて行きそして....

出だしがちょっとシリアスだったのでどうかと思ったのですが、最後は爽やかな感じで終わりました。とはいってもFaroldの身体は死んでしまっていますので、そのへん多少のほろ苦さはありますが。Elswythもなんだかんだいって、結構親切ですし、SelwynとFaroldもなかなか良いコンビじゃないかー。一方がボケると一方がつっこむお約束な相棒モノで話が進んで楽しかったです。
ホラー・ミステリー・コメディ、というかファンタジー・ミステリー・コメディというか、でもちゃんとWho done it ,How done it ,Why done itがきちんと書かれていてミステリーの枠組みがしっかりしているので安心して読めました。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1094-cfce6290

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。