カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Then Came You

Then Came YouYL 6-6.5 総語数106850語
Then Came YouThen Came You
Lisa Kleypas

Avon Books (Mm) 1993-06
売り上げランキング : 20305

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Then Came You[an]:Lisa [as]:Kleypas


主人公は自由に独り身で生きるLily Lawson。妹のRaiford卿との意に染まぬ結婚を阻止しようと動きだしたところから物語は思わぬ展開に。闊達なLilyの秘められた過去がうまくスパイスになりながら、、Raiford卿との関係が進んでいきます。
Derek CravenのクラブでのLilyとAlex(Raiford卿)のカードゲームでの賭のシーンはなかなかスリリングでした。ロマンス小説なのでハッピーエンドは見えていますが、途中どうなるのかと読ませるところはさすがで楽しかったです。

初ロマンス小説。一応勉強というか下調べのつもりで同じ作家さんの邦訳モノを6冊くらい読んでみました(そんなに読むか?)ロマンス小説の流れとか、ノリとか、ロマンス小説的スピン・オフのなんたるかとかを把握してから読んだせいかとてもスムーズでした。こういうのはざがざか読んだ方がいいだろうと、辞書引きは本当に数語程度にとどめがんがん先を進めていきました。また、どんどん進めるくらいに読みやすい。文章が平易で、ところどころ知らない単語があっても苦にならずに読んで行けるんですね。文章の難易度は、一般小説でいったらもうせんに読んだ「マジソン郡の橋」みたいな感じ。凝ったいいまわしはほとんどありません。文章でいったら、このあいだ読んだMontmorencyの方が意味を取るのに悩む文章が多かったです。

辞書なしでそれなりに読めるので、ざかざか読みにはいいのかななどと思いました。恋愛小説でラストも大体見えているので、多少飛ばしてもなんとかなるんですねぇ。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

これ、Dreaming of youのスピンオフですよね(^^)。そうそう、Lilyさんが主役でした。わー、Derek出てくるんですね。まだまだ悪い感じぷんぷんでしょうか。

この作家さん、ヒストリカルでも読み易いと思います。
ロマンス小節って、ゴールがはっきりしてるので、読んでてあまり悩まないでいい気がします。そういう意味では、私はミステリなんかは全然ついていけないというか、英語以外の要素(謎解き部分)に気を取られすぎてしまって駄目かも、です。。。

Lisa Kleypasのヒストリカルは読みやすくておもしろい、という噂で、その上スピンオフがやたら多いので、どっちが時系列的に先だー?? と悩みつつ複数冊購入した本の一冊目です。

そうそう、Dreaming of youも買ったのですが、Dreaming of youの方が先??  まあいいや。
そうそう、Derekはこの本でもなかなかおいしい役どころで出てました(^^)
ミステリは一文落としたそれがものすごく大切なキーになりかねなかったりしますから、思い切って読み飛ばせない感じです。ロマンス小説はまあゴールは決まってますからね。もちろん途中の紆余曲折も楽しいですが。
青猫さんがレビューされていたコンテポラリーものも着々と在庫に増やしてますので、そのうちあがってくるかと思います(笑)
在庫増やしすぎて問題かもしれません。


コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計