カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Blinfsight

Blindsight87/306頁
BlindsightBlindsight
Peter Watts

Tor Books 2006-10-17
売り上げランキング : 34297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Blindsight[an]:Peter [as]:Watts


なんだか良くわからないエイリアンの建造物はカイパーベルト上に軌道のある、Burns-Caulfield彗星にあって、探査プローブのアプローチで発見、最初のプローブでは特に反応しなかったのだけれど、2番目のプローブが探索したら、Burns-Caulfieldが爆発。3番目の探索が今回の有人探査船テーセウスという事らしい(どうでもいいが、テーセウスという名前でsheで受けるのはヘンな感じ。すべからく船は男名前でも女性で受けるものなのかな。)
乗組員はヴァンパイアのリーダー、4重人格の言語学者(コミュニケーション担当)身体の大部分を機械に置き換えた生物学者(調査研究担当)武官(戦闘担当ー必要ならば)そしてsynthesistの主人公、とヴァンパイアを除く乗組員それぞれのバックアップ要員という構成。
今のところそれぞれの乗組員の様子や主人公の微妙なズレっぷりが語られてます。
そんなこんなな所にエイリアンから「英語」で「こんにちは」のメッセージが届いて、これっていったいどういうこと??
とみんなで惑っているところ。

しかし未だに五里夢中というか百里夢中というか、難しいよう、と泣き入ってます.....

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ををを、読んでくださってますね~。まずはピーター・ワッツに成り代わってお礼を^^)

派手な面白さではないし、読者を選ぶ作品だとは思いますので、なんだかよくわからないけどワクワクする感覚を頼りに楽しんでやってください。ううむ、なにやら公園デビューの子供の親みたいな心境になってきました^^;

船は基本的に she なんですが、最近ではロイズあたりでも it を使ってるのを見かけた覚えがありますので、ひょっとしたら消えていく表現かも。

わくわくどきどき

>a nanny mouseさん

全体の世界観がなかなか把握できなくて難儀しておりますが(^^;)、あまりそこにこだわっていると先に進めないのかも、と気を取り直しながら読み進めています。
現時点の宇宙船での描写と、回想シーンの描写の絡み合いがこの先どう展開していくのかどきどきです。

>船は基本的に she なんですが、最近ではロイズあたりでも it を使ってるのを見かけた覚えがあります

おお、そうなんですね。でも[it]だとそれはそれで寂しいような気もします(^^;)

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計