--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/01 (Wed) Blindsight
Blindsight201/306頁
BlindsightBlindsight
Peter Watts

Tor Books 2006-10-17
売り上げランキング : 34297

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Blindsight[an]:Peter [as]:Watts


エイリアンはうにゃうにゃ。ってこれじゃあなんのことかわからないですね。でもこういうファーストコンタクトものでエイリアンの姿形を書いちゃうのってやっぱり大いなるネタバレですよねぇ? ということで以下割愛。外見も推測される機能的な体格もへぇ~ という感じ。でもこのエイリアンが、ロールシャッハと名乗った知的生命体なのかどうかも良くわからないようです。
そして再び相手方の陣地へ。
回想シーンはそんなに読みにくくないけれど、現在シーンが読みにくいのは、想像を越えた状況だからなのかな、やっぱり。
どこがどうでどなってが良くわからないですねぇ。
しかし回想シーンは何ともいえずせつないです。

そんなこんなで投票目前にしてやっと2/3というていたらく。しょうがありませんので、読んだ・観た分で投票できる分をしてくることにします。ううう。時間切れとはなってしまいましたが、投票にはしめ切りはありますが、本読みにしめ切りはありません、ということでちゃんと最後まで読むつもり。できれば大会前までに読み終わりたいというだんだん弱気な姿勢に(^^;)
スポンサーサイト

comment

長編は全部征服したぞ~と安心していたら、なにやら他にもたっぷりあるじゃないですか^^; 駆け込みでなんとか読んで、やっと投票してきました。

半分ぐらいはまあまあの作品ですけど、これぞというのはなんか少なかったですね。そういう意味では、長編部門は他と比べて平均点がかなり高いんじゃないでしょうか。
2007/08/01 00:31 | URL | a nanny mouse [ 編集 ]

さて投票しようかな~とサイトに行ったら、ノヴェレット部門の3作品が邦訳されているではありませんか!
すごい! 嬉しい! でも、8月1日15:59分しめ切りの投票なのに、7月31日に邦訳アップってぎりぎりなタイミングでしたねぇ。(しかも自分が気付いたのは8月1日の午前1時を回っていました)せっかくの日本語ですしと、なんとか読むことができましたけれど、ちょっと読み急ぎすぎてもったいなかったかなあ、などと思いました。

高平均点の長編部門、せっかくの縁なので地道に読んでいこうと思っています。しかし読むのは本の形態の方がラクなのですが、辞書を引くという点ではtextデータの方がラク。Grasshouseは選択の余地がないとして、残る2作品をどちらで読むべきかちょっと悩み中です。
2007/08/02 00:00 | URL | すなみ [ 編集 ]

たしかにせめて1週間前ぐらいまでにアップされてれば、役に立った人もかなりいたでしょうね<ノヴェレットの邦訳。まあヴォランティアでされているので、その努力だけでも感謝すべきですけど。

短編をスクリーンで読むのにはそれなりに慣れましたけど、依然として長編は本の形でないと無理ですね。辞書は使わないので(というより、もってない^^; たまにウェブで調べることはありますが)、やっぱり古い人間には本がいちばん便利です。画面だと読むスピードもかなり落ちますし。

ピーター・ワッツを推していながら、ワールドコンでは限定版のハードカバー3冊を抱えて、ナオミ・ノヴィクのサイン会の列に並んでそうな気がします^^; サインは既に入っているんですが、日付を入れてもらうだけでも十分元は取れますよ^^)

あとは、以前からケリー・リンクのサポータなんで、紹介してもらうことになってるんですけど、いざ面と向かって話すことになったら、とくに何も話すことはないような^^; そうそう、2冊目の短編集『マジック・フォー・ビギナーズ』の邦訳が出ましたのでお薦めしておきます。英語で読んでも、英文自身はそれほど難しくありませんので、原書でもいいかと思いますけど。
2007/08/04 22:32 | URL | a nanny mouse [ 編集 ]

PCのディスプレイで長時間読むのは疲れますね。それに家のディスプレイは大きくないので、ページ表示が思うようにできなかったりしますし。
この先もっとディスプレイが進化してくれるとまた変ってくるのでしょうけれど。
 私も本という形態がすきなのでもっと英語力をあげて辞書に頼らずに読み進めていけるようになりたいものです。
>ナオミ・ノヴィクのサイン会
は土日にあることをなむなむお祈りしているところです。お茶会なども興味があるのですが、英会話という厚くて巨大な壁になすすべなし、ということになってしまいそうです。

>ケリー・リンク
『マジック・フォー・ビギナーズ』邦訳出版なんですね。「スペシャリストの帽子」が、積ん読山の山ろくから私を呼んでいるのですが(一体何年積んでいるのかと!)、早く読まなくては! です。
2007/08/05 15:49 | URL | すなみ [ 編集 ]









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1115-71aead0e

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。