--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/30 (Tue) Harry Potter and the Deathly Hallows
Harry Potter and the Deathly Hallows 77/607頁
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling

Arthur A. Levine Books 2007-07-21
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Harry Potter and the Deathly Hallows [an]:J.K. [as]:Rowling


ということで長らくほったらかしておいたこれに取りかかることにします。途中で止まってる本は何冊かあるのですが、どうも再開する勢いがないし、9月からこちらずっと英語の本をほとんど読んでいないので勢いのあるこの本にひっぱってもらおうか、と。
後なんだかいろいろネタバレが激しいみたいなので早々に読まないと不味いかな、という気持ちが強くなったから、というのがあります。

さて、第1章から第5章まで。出だしはちょっと5巻に似て、ホグワーツが出てこないし、暗くて重いですね。
スネイプ先生がぎゃーだし、彼女が、そしてあの人が、うわー、で泪目になってしまいました。
ハリーは17才を目前にしてとても大人びた印象です。魔法使いの成人が17才だからかな。もともと大人びた子供でしたが、今回は子供じゃなくてもう青年だなあ、と。
個人的にはダドリーとの関係の変化が嬉しい。いや、この従兄弟どうしは根っこのところで分かり合えないのかもしれないですけども、喧嘩しないで挨拶できるくらいの仲になってくれたらいいなあ、という期待が出てきました。
ヴォルデモートとのリンクは微妙だし、誰が情報を洩らしているのか、不安だし、でどきどきです。

久しぶりの洋書なので読書スピードは落ちているかと思いますが、物語の勢いで読んで行きたいです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1123-3960f83d

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。