カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Harry Potter and the Deathly Hallows

Harry Potter and the Deathly Hallows 132/607頁
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling

Arthur A. Levine Books 2007-07-21
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Harry Potter and the Deathly Hallows [an]:J.K. [as]:Rowling


第6~8章

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

ハーマイオニーとロンの覚悟を読んでぐっときました。ビルとフラーの結婚式の準備のわさわさとハリーのお誕生日でにぎやかです。ハリーへのバースデイプレゼントがそれぞれ、その人たちらしくて良かったなあ。
ロンのプレゼントは、「ホントに男の子ってのは!」なプレゼントで笑ってしまいました。
結婚式の華やかさの裏で進んでいくのはきなくさいいろいろで、ハリーが観た夢、ダンブルドア先生の遺書、ダンブルドア先生に関する怪しい噂、とハリーの混乱が最高潮に達したところで、
"They are coming"が怖かったです。

しかし、固有名詞(特に呪文や地名、人名)を思いっきり忘れていてあれ? となることしばし。
復習かねて邦訳で前までの巻読み直そうかな(^^;)
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計