カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Harry Potter and the Deathly Hallows

Harry Potter and the Deathly Hallows 183/607頁
Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)Harry Potter and the Deathly Hallows (Harry Potter 7)(UK)
J.K. Rowling

Arthur A. Levine Books 2007-07-21
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Harry Potter and the Deathly Hallows [an]:J.K. [as]:Rowling


第9~11章

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

きらきらした明るい雰囲気が一転、蜘蛛の子を散らすような大騒ぎに。
ハーマイオニー準備いいなあ。私もその魔法がかかったビーズバック欲しいです。
しかし何故あんなすぐにtraceされたのか謎ですね。
7巻は謎がたくさんです。
一方で明らかにされた謎も。3人は潜伏先でRABが誰かということがわかりました。そしてクリーチャーの驚くべき告白。
うーん、そうだったか。でもRABが何故例のあの人を裏切るに至ったのかはまだ謎だなあ。

ルーピンの登場。彼の行動は理解はできるけど、賛同はできないなあ、というかかなり怒ってます。
彼の状況がひどいことは間違いないけれど、向き合うことは大変な事だけれど、やっぱりそれは逃げだよ、レムス。
ダンブルドア先生が健在で、シリウスやジェームズがいたら、もうちょっと違ったものになっていたのかな。

魔法省、魔法世界は恐怖政治に堕ちてしまった。うーん。


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計