--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/25 (Fri) Chasing Vermeer
Chasing Vermeer 60/254頁
Chasing Vermeer
Chasing Vermeer
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Prof Book Div 2005-05
売り上げランキング : 40561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Chasing Vermeer[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


4-6章
主人公はPetra(女の子)と Calder(男の子)二人です。
Sixth gradeだから小学校6年生。彼らが通っている学校や、課題についていろいろ調べたり、考えたり、作ったりする授業を大切にしています。Hussey先生が出した課題は「特別の手紙」だったのですが、なかなかうまく進まなかったので、めぐりめぐって課題は「Art」になりました。
その日の宿題は、「自分の家にあるもので、これがArtだと思うものについて、それがどうしてArtなのか自分の言葉で説明しなさい」というもの。いきなり難しい宿題ですねぇ。「何がそのものをArtたらしめているか」どうして一方のスプーンは美術館に飾られてもう一本は台所の引き出しに入っているのか説明するのは難しそう。
Petraは近所の古書店の「ご自由にどうぞ箱」に入れられた本に惹かれて持ち帰ります。その本古びた概観で、中身はなんとも不思議な話が書いてあります。Petraはその夜不思議なビジョンを得ます。
一方Calderはお祖母ちゃんからもらった箱について書こうとしていました。ニューヨークへ引っ越した友達から暗号の手紙が届きました。

うーん、あらすじにすると散漫になっちゃうなあ。子供の本のあらすじって難しい(^^;)
Petraの持ってきた本の中身が引用されるのですが、読みにくいなー、という印象。空からカエルが降ってくるとか。空のカエルというのでこの本を一瞬思い出してしまいました
Tuesday (Caldecott Medal Book)Tuesday (Caldecott Medal Book)
David Wiesner

Clarion Books 1991-04
売り上げランキング : 33164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Tuesday[an]:>David [as]:Wiesner


(この絵本はとぼけた味わいのたいそうオススメ作品です。)

Calderがもらった暗号手紙は地の文で解読なしなので本文中にある換字表で解読しないといけません。それが結構楽しい(^^)


スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1138-c857abd9

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。