カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Chasing Vermeer

Chasing VermeerYL 5 総語数39,150語
Chasing Vermeer
Chasing Vermeer
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Prof Book Div 2005-05
売り上げランキング : 40561

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Chasing Vermeer[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


読了。ちまちま読んでいて、読了前に一度アップしようとして直書きして、さあ登録というときにうっかりヘンなキーを押して消えてしまい、書き直す気力もなくて放置。
で、読み終わりました。
えーと、なんだろう、この本はストーリー展開がまとめにくいというか、なんというか。
読む前はもっと論理的な形で推理されて話が進むかと思っていたんですけど、もっと直感とか、符号とか、暗示とかそういう方向で話が進むんですよねぇ。
なのでそれなりにきっちりしたトリックを期待して読んだらあれ? と思うかも。
ぺトラとコールダーは可愛かったですけれども(^^)
偶然の一致とか、暗示とかそういうのに導かれるのがいいかだめかで評価がわかれるかもしれません。

The Wright 3The Wright 3
Blue Balliett Brett Helquist

Scholastic Paperbacks 2007-06
売り上げランキング : 118613

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:The Wright 3[an]:Blue [as]:Balliett [an]:Brett [as]:Helquist


2巻目のThe Wright 3はフランク・ロイド・ライトがメインで、HGウェルズやらフィボナッチ数列が絡んでくるとか
なかなか楽しそう。ぽちっとなしちゃおうかな。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

読了おめでとうございます

「Chasing Vermeer」、ミステリとしての完成度よりは、子供にフェルメールに興味を持ってね、みたいな本なのかなーなんて思いました。

へーへー、2巻目はフランク・ロイド・ライトなんですね~。「The Wright 3」の3が気になります。
フィボナッチ数列、、、ますます子供版ダヴィンチコード?(笑)


そうですね。この絵はどんな絵なんだろう、とか議論の対象になっている一群の絵はどんな絵? っていろいろアートブックをみたり、とか美術館に行く楽しさとかへいざなっているような気がいたします。

子どもたちは魅力てきですねー。

2巻目ついさっきぽちっとなしてしまいました。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計