カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

The Ironwood Tree

The Ironwood TreeYL 4.5 総語数9183語
The Ironwood Tree (Beyond the Spiderwick Chronicles)The Ironwood Tree (Beyond the Spiderwick Chronicles)
Tony DiTerlizzi

Simon & Schuster (Juv) 2004-04-06
売り上げランキング : 81924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The[t]: Ironwood Tree (Beyond the [t]:Spiderwick Chronicles)[an]:Tony [as]:DiTerlizzi[an]:Holly[as]:Black


4巻目。 マロリーのフェンシングの試合に応援についてきたジャレッドとサイモン。ジャレッドはマロリーのバッグを探っていた自分とうり二つの子供を追っていきました。妖精は鉄が苦手とナイフを取り出したところを教頭先生に見とがめられ、ジャレッドはナイフで子供を脅したとにっちもさっちもいかない立場に追い込まれます。さらに悪いことにマロリーがドワーフたちにさらわれてしまいます。サイモンとジャレッドは取るものもとりあえず古い石切場にマロリーを探しに行きます。
そこでのドワーフたちの攻防と、ついにラスボス? Mulgarathの姿をかいまみることに。

4巻目。現実サイドとファンタジーサイドの軋轢が出て来てます。妖精たちの事を知らない大人たちには、ジャレッドの行動は危険で反社会的に取られてしまうんですね。そのつもりがないのにトラブルに巻き込まれっぱなしのジャレッド。かなり不憫です。それにふりまわされてしまうお母さんも大変といえば大変。
5巻目ではどう収拾がつくのでしょうか。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計