カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Murder Most Holy

Murder Most Holy 41/243頁
Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)
P.C. Doherty

Headline Book Publishing 1993-03-11
売り上げランキング : 336171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)[an]:P.C. [as]:Doherty


托鉢修道士アセルスタンのシリーズ3巻目に取りかかってみました。先達のEさんのお導きもあることだし、ダメもとで挑戦! まあダメだったら投げて邦訳を待てばいいんだしー、と気楽な感じでとりかかってみました。
途中で投げるかもしれませんが、出だしは良い感じ。思っていたより読み進んでいけそうです。その理由はおそらく、邦訳を2冊読んでいてキャラクターや、場所の雰囲気がだいたいわかっている。そもそも謎先導型というよりはキャラクター先導型のミステリー。意外に前に読んだダヴィンチ・コードの原書や、GR版のカドフェルが助けになっている。教会用語など面倒そうなあたりはいさぎよく飛ばしてどうしてもなあたりだけ辞書をひく。にしているからかもしれません。あま途中でついていけなくなって投げちゃうかもしれませんがそれはそれで。行けるとこまで行ってみようと思います。

クランストン卿がはまりこんでしまった政治的な罠と謎、アセルスタンの教会で発見された、白骨死体の謎、プロローグの殺人事件と、この3つの謎がどう絡んでどう解き明かされるのかとても楽しみです。
しかしこのアセルスタンとクランストン卿は、「あれはどうもまっすぐ過ぎて世の中をうまく立ち回るということができなそう。気をつけてやらなきゃ」とお互いに思ってそうなコンビですね。アセルスタンに双子の息子の洗礼をしてもらうところなど、他人の目とかまったく気にしてない感じ。親類縁者は「もっと立派な教会で洗礼式してもらえばいいのに」とか思ってそう。クランストン卿的にはアセルスタンに洗礼してもらうのは当然>彼にしてもらうなら彼の教会でしてもらうのが当然、って感覚だったのでしょうが。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

ついに読書始められましたね! シリーズ3作目という事で,ドハティさんもアセルスタンもクランストンも,肩の力が抜けて,絶好調(笑)。楽しく読む事ができましたよ。特にアセルスタンと教会区の人達のやり取りが,良いですよ~。

ドハティ小説を読むのにいつも苦労するのは,歴史的背景や,特にこのシリーズは,キリスト教の知識もちょっと必要な所ですね。修道院関係は難しいですが,ブラザー達の性格を表す言葉は,調べた方が面白い(笑)かも。

こんにちはー 鋭意挑戦中です(^^)
このシリーズは当時のロンドンの描写もさることながらキャラクターが魅力的ですね。
対人関係は楽しみつつ読んで行きたいです。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計