--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/06/30 (Mon) Murder Most Holy
Murder Most Holy 73/243頁
Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)
P.C. Doherty

Headline Book Publishing 1993-03-11
売り上げランキング : 336171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Murder Most Holy (Sorrowful Mysteries of Brother Athelstan)[an]:P.C. [as]:Doherty


アセルスタンとクランストン卿は教会に戻り白骨死体をチェック。死体は大昔の聖人の遺体という訳ではなく、ここ15年で埋められたらしいものと見当づけられました。埋めた石工の印もついているし、教区の信者さんたちが熱狂、歓迎しているようなものではないようです。しかしここの教会に関する資料がゼロ(背徳的な前任者のせい)で一体何がどうかわかりません。クランストン卿が調べを申し出てくれました。クランストン卿は、自分が引き受けた賭けの話、Blackfliar教会の修道院長が教会での殺人と失踪事件につき助力を請いに訪ねてきたことをアセルスタンに話します。
賭けはともかく、教会に戻る件に関しては動揺を隠せないアセルスタン。可哀想に。
一方教会ではInner Chapterでヘンリー修道士の論説の異端審問が行われる様子。しかし現在の教会は一人死んで一人行方不明でそれどころではない、ということで審問は延期に。そして修道院長は、クランストン卿とアセルスタンを呼び入れる心づもりをInner chapterのメンバーに話します。アセルスタンを修道院に迎える事に関しての反応はそれぞれ。しかしこの反応を見るとアセルスタンは修道院にいたころからこの手の探索が上手だったのね。だからこそ、修道院長はクランストン卿の手伝いをするようにさせたのかな。
そして恐ろしいことに新たな殺人が・・・・



と、話がどんどん、進みます。あ、教会の改築の雑ぱくな様子とか、「奇跡」とか、巡礼者たちとかのごたごたを書くの忘れた(^^;)
いい感じでひっぱられますねー おもしろいです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1179-ddc2a7fe

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。