--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/08/26 (Tue) The Ruby in the Smoke
The Ruby in the Smoke /43/230頁
The Ruby in the Smoke: A Sally Lockhart MysteryThe Ruby in the Smoke: A Sally Lockhart Mystery
Philip Pullman

Random House Childrens Books (Mm) 1994-11
売り上げランキング : 18169

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Ruby in the Smoke: A[t]: Sally Lockhart Mystery[an]:Philip [as]:Pullman



主人公は16才のサリー・ロックハート。海運事業の経営者だった父親の船が、南シナ海で沈み、死亡、その後届いた不可思議な手紙を発端にサリーの人生は大きな転換の時を迎えようとしていました。
時代は1872年のイギリスです。 母を幼い頃にインドでなくし、その後父に育てられたサリーはしかし財産もなく、この先の暮らしをどうするか、遠縁のキャロライン小母の厳しい対応をしのぎつつ、考えていかなければいけないし、手紙の謎についても考えなければいけません。
そんなサリーの所に、Marchbanks氏から手紙が届き、それにはインドの反乱に関係があり、とてつもなく貴重な品物があり、サリーの身に危険がせまっている。早く詳しくお話したいのでこちらに来て欲しいと書かれていました。
請われて出かけた先ではしかし、恐ろしい敵、Holland夫人の存在があり、詳しい話を聞くこともできずサリーはMarchbanks氏の日誌を渡され後は追い立てられるようにMarchbanks氏の家を出ることになりました。
その後帰り道でHolland夫人に後をつけられ、またようやくまいたと思ったらロンドンに帰る途中の列車の中でその日誌を盗まれてしまいました。
この先サリーはどうすればよいのか途方にくれます。


今度はフィリップ・ブルマンのヴィクトリアン・ミステリー(といっていいのかな)を読み始めました。
「マハラジャのルビー」どいう題で既に邦訳が出ています。

マハラジャのルビー (創元推理文庫 F フ 9-1 サリー・ロックハートの冒険 1)マハラジャのルビー (創元推理文庫 F フ 9-1 サリー・ロックハートの冒険 1)
山田 順子

東京創元社 2008-06
売り上げランキング : 114166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


主人公は16才の女性で、ヴィクトリア朝のイギリスを舞台に彼女の冒険譚が物語られるという作品です。
読み始めた印象は、「昔のモノクロのサイレント映画」で、静かなのだけれどにぎやか、という印象を持ちました。同じビクトリア朝でも、キャット・ロイヤル(ジュリア・ゴールディング)のシリーズとは随分雰囲気が違いました。
なんだか馬車の影からリリアン・ギッシュでもでてきそうな雰囲気のお話です。

先が知りたくてさきへさきへと読み進めることができそうでうsす
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1196-d4421e39

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。