--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/02 (Tue) The Falconer's Knot
The Falconer's Knot128/297頁
The Falconer's KnotThe Falconer's Knot
Mary Hoffman

Bloomsbury Publishing PLC 2008-04-07
売り上げランキング : 206483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Falconer's Knot[an]:Mary [as]:Hoffman


ウバルド殺害は誰に何のために行われたのかはっきりしていません。しかしシルヴァーノが殺人の容疑者であったことが修道院内にバレてしまって居づらい雰囲気。
ウバルドの妻、イザベラがウバルドの死体を引き取りに修道院にやってきます。イザベラの慰めのために修道院長と共に修道院に出かけたキアラは、イザベラから夫を愛していなかったことを告白されます。驚くキアラ。彼女はウバルドに金で買われるような結婚をさせられていたのですが、かつて20年近く前は想いをかわしていた恋人がいたのでした。
一方シルヴァーノはイザベラとウバルドの死体を無事に家まで送るよう申しつけられアッシジに向かいます。
ところがなんとアッシジでアンジェリカの姿を見かけます。アンジェリカはジェルヴァッジオと彼の父親と共にアッシジに滞在しているようでした。衝撃を受けるシルヴァーノ。
その後アッシジのシモーネのところでキアラとヴェロニカに会うシルヴァーノ。キアラとシルヴァーノはお互いにお互いをなんとなく気にしています。キアラからイザベラの話をきいたあと、シルヴァーノは単刀直入にアンセルモに問いただしたところ、彼は動揺を見せながらもシルヴァーノの問いかけを肯定しました。
しかし「殺人はおかしていない」という彼を信じ、シルヴァーノはアンセルモと真犯人を見つけようと考えます。

ありがちな展開もまあ可愛いのでゆるしちゃいます(^^)
まあしかし中世、封建社会下では女性は本当に不自由ですね。
アンジェリカは夫の財産を自分が切り盛りしようと動いていたのですが、当時は女性は単独で経済取引をする事はできず、Mundualdus,つまり後見になるような男性が必要だったので、ジェルヴァッジオ親子にそれを頼んだという事があるのですが、もちろんシルヴァーノはそれを知りません。またこのジェルヴァッジオもなにやら立ち居振る舞いがアヤシイ感じなのですが......



スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1230-6f6cbe87

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。