カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

The Falconer's Knot

The Falconer's Knot153/297頁
The Falconer's KnotThe Falconer's Knot
Mary Hoffman

Bloomsbury Publishing PLC 2008-04-07
売り上げランキング : 206483

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Falconer's Knot[an]:Mary [as]:Hoffman


10章、11章
イザベラのところにアンジェリカがやってきます。いろいろ話をしたあとでアンジェリカは後見人は自分の好きな人の父親になってもらうといい、と助言します。
イザベラはアンジェリカの若さと活力に気圧されてしまいますが、彼女の言葉からあることを思いつきます。
一方修道院に顔料を求めにシモーネと、シモーネの友人、ピエトロ・ロレンツェッティ(この画家も実在の人物だそうです)がやってきました。
そこで二人は修道僧たちと昼餐を共にするのですが、なんとそこで、恐るべき第2の殺人が起こります!!

修道院で2番目の殺人が!! きゃーー、という感じです。
今回の殺人の動機などは全然読めませんね。
いったいどうなるんでしょう。
それからイザベラもがんばってます。女性陣の方がたくましいですね、この話の登場人物たちの中では。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計