--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/28 (Sat) The Graveyard Book
The Graveyard Book30/289頁
The Graveyard BookThe Graveyard Book
Chris Riddell

Bloomsbury Publishing PLC 2008-09-30
売り上げランキング : 6952

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パーシージャクソンの次は何を読もう? アセルスタンの5巻? エイドリアンの4巻? テメレアの4巻?キャットロイヤルの4巻? もうどれから手をつけたら良いのやら状態なのに、選んだのはこちら。
ニール・ゲイマンがニューベリー賞を取った! と話題になったものです。
ニールゲイマンだし、ニューベリー賞だし、だから早々に邦訳は出そうな気もするのですが、だからこそさっさと読んでしまおうかなあと。

墓場で幽霊の養父母に育てられたNobody Owenが主人公です。
第一章はある家の人間が「Jack」と呼ばれる男に殺され、ただ一人家を逃れた赤ん坊が、墓場で幽霊の夫婦にひきとられるようになるところまで。
なぜ彼らが殺されたのかまったくわかりません。
Jackは赤ん坊を殺すために墓場まで来るのですが、Silasと呼ばれる(これもまた謎の)ヒトに「赤ん坊はいなかった」と思い込まされ帰って行きます。
墓場の幽霊たちは協議して幽霊のOwen夫妻が赤ん坊の面倒を見ることを許し、彼らはその赤ん坊に「Nobody」と名前をつけました。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1259-194bb49c

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。