--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/05 (Sun) Coraline
Coraline 87/162頁
CoralineCoraline
Dave McKean

Harper Entertainment 2008-11
売り上げランキング : 28837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大人の本の次はまた子供、ということでせんにGraveyard Bookを読んだときにニールゲイマン祭りが勃発してぽちっとなしたうちの一冊です。
主人公はコラライン・ジョーンズで、古い大きな家に引っ越してきた彼女が、レンガでふさがれたドアを見つけるのですが、ある夜、そのドアの向こうがレンガではなく、別の世界へ通じていることがわかります。
別の世界はもともとの世界と同じようですが、微妙に違っていて、別のお母さん、別のお父さんもいるのですが、彼らの目はボタンで、コララインにこちらの世界にずっといてほしいこと、こちらの世界にずっといるためには目をボタンにつけかえなかければいけないと言われます。

それはいやだとドアを戻って元の世界に返りますが、元の世界からは本当のお父さんとお母さんの姿が消えてしまいました。コララインは「猫」の助言を入れつつ両親を取り戻し、元の世界へ帰ろうとしますが、別の母親ーー別の世界を作った魔女に部屋に閉じ込められてしまいます。


緊張感の漂うファンタジーで読みながらどきどきしています。
物理的な暴力の怖さではない怖さがひしひしと感じられますね。
これは、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス (The Nightmare Before Christmas)』で知られるヘンリーセリック監督で映画化され、今年の2月にアメリカで公開され、映画の評判も良いようです。
邦訳はこちら

コララインとボタンの魔女コララインとボタンの魔女
金原 瑞人 中村 浩美

角川書店 2003-06-28
売り上げランキング : 175439

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本でもぜひ劇場公開して欲しいものです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1270-19a8a4f9

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。