カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Coraline

Coraline YL4 総語数30653語
CoralineCoraline
Dave McKean

Harper Entertainment 2008-11
売り上げランキング : 28837

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コララインは、別のお母さん=魔女とゲームをすることにします。過去に魔女に捕らわれた子供たちのたましいのありかと自分の本当の両親を見つけたらコララインは自分の世界に両親を連れて帰ることができる。負けたらこちらの世界にずっといる。
そうしてコララインはゲームをはじめますが・・・・・


コラライン読了。途中これで終わり? と思いきやもう一山な展開でどきどきしました。
ニール・ゲイマンという作家さんは、Graveyard bookを読んだ時も感じたのですが、イギリスの作家、というわれると「納得!」というところがありますね。
いびつに歪んだ別の世界観も、決して人間ではない魔女も、なんというかイギリスの伝承や児童小説の流れを汲んだ末にあるという印象です。
たとえばグリーンノウの魔女や、ハウルの荒れ地の魔女のように、なんだろう、「邪悪」なものが凝りかたまってできあがった存在である魔女というか。皮膚の下がうつろな存在というか。
児童向けでYLもそれほど高くないですし、長さもそこそこで多読的にもオススメです。

前のエントリーで映画がアメリカで公開と書きましたが、公式サイトはこちら

http://www.coraline.com/

公式サイトのトレーラーみましたがコワイよ!



予告編がYoutubeであがっていたのも見ました。こちらの方が若干怖さ低め(^^;)



でもどちらにせよ良い感じで日本公開が楽しみです
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。