カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

The Poet

The Poet207/510頁
The PoetThe Poet
Michael Connelly

Warner Books 1997-01
売り上げランキング : 15774

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The[t]: Poet[an]:Michael [as]:Connelly


シカゴの事件について。シカゴの自殺と思われた警官の事件も再捜査の道が開けます。
さらにジャックはワシントンD.C.に飛び、FBIの警官の自殺に関する調査を行っているDr.Fordに面会、データにアクセスしたいと希望しますが、拒否されます。
広報にいた元新聞記者のWarrenの助けを借りてデータを得ることができ、この連続警官殺しによる被害者をピックアップします。
ボルチモアでさらにデータを得て戻ってきたところに、FBI捜査官のRachel Wallingが登場。
ジャックはこのシリアルキラー"The Poet"を追う捜査チームの所に連れて行かれ、一連の話を記事にしないようせまられますが、それを逆手に取って自分を捜査チームのオブザーバーとして関わらせて欲しいと強要します。


こうしてあらすじにしちゃうと、原文のテンポの良さや、背後にただよう厭世観やそういうのが消えちゃってアレです。
ホテルの一室でポーの詩を読みながら感じる孤独とか、あっさり消えてしまって申し訳ない・・
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計