--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/15 (Sun) The Silver Bough
The Silver Bough173/337頁
The Silver BoughThe Silver Bough

Spectra 2006-04-25
売り上げランキング : 729852

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


第9章
Kathleen
KathleenはNellとの夕食が、出だしは良かったのに、果樹園での何か超自然的な雰囲気にのまれ上首尾には終わらなかったことを思いかえします。そして妹や友人に電話をしようとするのにつながりません。
明けた日の月曜日、図書館はお休みですが、Graemeとその米国からやってきたいとこAshleyに図書館・博物館ツアーを案内していたので、そのために図書館へ。
倉庫部屋で3人は、図書館を建てた街の有力者、Wall家の出のEmmeline Wallの絵を見いだしましたが、Kathleenはこれが収蔵リストにあったかどうか覚えがありません。
その絵はアップルトンの港を描いたものでしたが、ヨットやカヌーやバイキングの船が一堂に会したファンタジックな絵でした。またAshleyは図書館内で、小さなりんごの木の細工を見つけ、Graemeはそれはアップルクイーンの賞品だと言います。
これも図書館であった筈のないものでKathleenはAshleyが倉庫から勝手に持ち出してきたのではないかと考えます。
図書館に戻った3人はEmmeline Wallの私版画集を見ることにします。その本は「Doorways」という題名がつけられ、彼女が16才の時に描かれたものでした。
KathleenとAshleyは才能にあふれたEmmeline Wallの絵をなぜ飾らないのだろうと言いますが、Greameは、未婚の母で、若くして自殺したEmmeline Wallの絵を飾るのを好ましくないと考えた人たちがいたのでないかと、二人に教えます。



うーむ。そろそろ家系図を書いた方がいいかも・・・

スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1328-419045e3

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。