--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/01/15 (Fri) The Forgotten Garden
The Forgotten Garden2198/8854 (24%)
The Forgotten GardenThe Forgotten Garden

Pan Books 2008-06-06
売り上げランキング : 11878

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Forgotten Garden [an]:kate [as]:morton


第13章 1975年 ロンドン
ネル視点。ネルはFairy taleに詳しいSnelgrove氏の書店を訪れ、ついにイライザ・マクピースの履歴を知ることができました。
イライザは1888年ロンドン生まれ。母親はコーンウォールの貴族の出だったが、駆け落ちしてロンドンに出てきた後は貧困の中での生活を送り、結核で亡くなる。1900年に母親の兄が彼女を見つけ引き取り、25才までその叔父の家族の元で暮らしますが1913年以降の足取りは不明。1936年に最後の本、The Cuckoo's Flight"が出版された。

第14章 1900年 ロンドン
イライザ視点。イライザは双子の弟のSammy とSwindleの家に住まわせてもらっている。Sammyはテムズ川の汚泥あさり、イライザは洗濯、Swindleの家と店の世話でなんとか暮らしているが、暮らしているというよりはなんとか生きているというような状況。イライザはなんとかして弟と自分とで安心して暮らせるようになろうと決意しています。

第15章 2005年 ロンドン
カサンドラ視点。カサンドラがヒースロー空港につくと、ベンの娘、ルビーが空港に迎えてにきてくれていました。
ロンドンでの初めての夜です。

20世紀初めと、20世紀後半と 21世紀初めのロンドン。3つの時代、3人の女性の行動がどうよりあわさって描かれていくのかどきどきです。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1350-51abe180

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。