カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

The Forgotten Garden

The Forgotten Garden8736/8854 (98%)
The Forgotten GardenThe Forgotten Garden

Pan Books 2008-06-06
売り上げランキング : 11878

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Forgotten Garden [an]:kate [as]:morton


第42章:1913年 Blackhurst屋敷
ローズ・アデリーン・ナサニエル視点。
アイヴォリーは4才「娘」との生活はローズに幸せをもたらしますが、イライザが姿を現したことにローズは不安を抑えられません。
ナサニエルはイライザに屋敷に近付かないよう告げるためコテージに出向き、ローズはナサニエルとアイヴォリーと家族3人でBlackhurstを離れアメリカへ旅立つ事を決めます。

第43章:2005年:崖の上の小屋
カサンドラ視点
クリスチャンとルビーとカサンドラの夕食。ルビーとカサンドラでコテージで過ごした夜に見た夢のこと。

第44章:1975年:Tregenna
ネル視点
コテージを得たネル。きれぎれに思い出される過去。Authoressとの記憶。

"Golden Egg" イライザ・メイクピース著

ネルの持っていた本からは周到に切り取られていた失われた物語。

第45章:1913年:崖の上の小屋
イライザ視点

ローズとナサニエルが列車事故で死んだ事を知ったイライザはコテージを捨て、旅に出る決意を固めます。
そしてまさに出立の時に、イライザは庭でアイヴォリーを見つけます。

第46章:2005年:Poperro
カサンドラ視点

カサンドラは、かつてBlackhurst屋敷でメイドとして働いていた女性の娘、クララの家を訪ねます。
クララの告白の内容はカサンドラにとって驚くべき真実でした。
そしてホテルに戻った後、カサンドラはロビンからネルあてに届いていた手紙を受け取り、イライザの行方に関する
新しい事実を知ります。

第47章:1976年:ブリスベーン
ネルはオーストラリアに戻ってきました。オーストラリアを離れ、コーンウォールに立つ準備を進めています。
そこへ娘のレスリーがカサンドラを連れてやってきました。

第48章:1913年:Blackhurst屋敷
イライザ視点

朦朧とした意識の中のイライザの回想シーン。彼女がローズにしてあげると約束したもの。彼女が知らずに失ってしまったもの。知って失ったもの。大いなる犠牲。
彼女がアイヴォリーと二人で行くつもりだった筈の場所、彼女が最後についた場所のこと。

第49章:2005年:崖の上の小屋
カサンドラ視点

カサンドラはクリスチャンと庭の手入れをしていました。そこで彼らはついに最後の秘密につながる素焼きの壺を見つけました。

第50章:1913年:Blackhurst屋敷
アデリーン視点

葬送。

ああやっぱりという結果に収束していきます。イライザの薄幸ぶりがせつないです。




スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計