--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/01 (Mon) When You Reach Me
When You Reach Me 1335/2369(56%)
When You Reach MeWhen You Reach Me

Wendy Lamb Books 2009-07-14
売り上げランキング : 9117

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:When You Reach Me[an]:Rebecca [as]:Stead


Salが知らない男の子から殴られて以来、SalはMiarndaを避けるようになり、MirandaにはAnnemarieという女の子とColinという男の子の友達ができます。3人ははハンバーガー屋でのバイト(とはいっても昼休みの手伝いで、報酬はサンドイッチと飲み物)を始めます。新しい関係を気付き始めた中、MirandaはSalを突然殴った男の子、Marcusと話をするようになり、タイムマシンの可能性や、時間というものについて話すようになります。そんな中、Mirandaの手元には不思議なメモが届くようになります。

学校での同級生との関わり、母親(とそのボーイフレンド)との暮らしなど、生活環境からくる人たちとの関わり、前二つとは別のMarcusや、通学路の途中で見かける老人Laughing manとの関わりが絡み合いながら話が進んでいきます。
時代は1970年代後半です。12才は親がらみの人間関係より、自分自身の友達関係への比重の方が高くなってくる時期ですね。友達への嫉妬、気になる男の子など含めローティーンの微妙な心理などがちらほら見え隠れしています。

この話はMirandaが読者には(そしてMiranda本人にも)その正体がわかっていない、"You"に対しての手紙を書くと言う形で書かれています。
手紙の相手は謎のメモの書き手で、このメモに、起こった事について忘れないうちに手紙に書いてくれ、とお願いされるのに答えて書いているのですが、「思い出して手紙を書いている時間」「実際にあった過去」が混ざりながら進むのでちょっと混乱しがち。
たぶんタイムパラドックスが絡んだ話になるのだと思いますが・・・
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1364-e7b1a64d

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。