--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/04/12 (Mon) The Ruins of Gorlan
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)YL5 総語数66413語
The Ruins of Gorlan (Ranger's Apprentice)c

Puffin 2006-06-08
売り上げランキング : 92122

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
The [t]:Ruins of Gorlan ([t]:Ranger's Apprentice)[as]:Flanagan, [an]:John


26-32章,Epilogue

Kalkaraの向かう先はダンカン王のいるCastle Araluenか、Morgarathのかつての領土、Gorlanかと考えられました。
ここでHaltはWillをRedmontへ援軍を呼びにやり、自分がKalkaraを追うことにします。
Willは一人Redmontへの道を駆け、Baron AraldとSir Rodneyと共にGorlanに向かいます。WillはKalkaraの狙いが王ではなく、先の戦いでMorgarathに手ひどいダメージを与えたHaltその人ではないかという懸念をAraldに伝えます。
GorlanでのKalkaraとの恐ろしい戦い。Willの大活躍でkalkaraを倒すことができました。

WillはAraldやRodneyからBattle schoolへ属することを許されますが、自分はRangerであると宣言してHaltのapprenticeであることを選びます。


Ranger's Apprentice読了しました。
少年の成長モノ&ファンタジーというある意味王道な話でした。キャラクターもそれぞれ良い感じですしね。しかし1巻ではボスキャラがほとんど動いていませんので次作ではどうなってるんだー、と早く読みたい気持ちになりました。
現在7巻まで出ていて8巻が今度の5月に出る予定のようなので、続巻をすぐにも読みたいところなのですが、できれば在庫スペース的にはkindle版で読みたいなあ。
kindle版、あるんですけど、アジア縛りで既刊が買えないんですよ。kindle版自体はあるのでもうちょっと待っていたら日本でも買えるようになるかもしれないのでPBでぽちっとなするのをちょっと待ってみたいと思います。

いや、読むべき本は山のようにありますしね。


スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://greenf.blog3.fc2.com/tb.php/1376-ed7675c9

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

gremz

猫温度計

ブログ内検索



イニシャルサーチ

title:
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z

author:(sirname)
a b c d e f g h i j k l m
n o p q r s t u v w x y z



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ゴガクル



アクセス解析



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。