カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crocodile on the Sandbank

Crocodile on the Sandbank 155/262頁
Crocodile on the SandbankCrocodile on the Sandbank

Mysterious Press 1988-01-01
売り上げランキング : 135499

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Crocodile on the Sandbank [an]:Elizabeth [as]:Peters



第7章

ミイラ騒動の主犯はまだわからず。壁画が破壊されたりと散々。そんなところへイヴリンのいとこルーカスが訊ねてきました。アメリアとラドクリフが王家の墓を見に行った所で、墓の入り口の落石があり、ラドクリフは肩を脱臼してしまいます。アメリアはこれもいやがらせの一つと考えます。


ルーカスとウォルターの間でのイヴリンの微妙な立ち位置や、その手の事に関しては天然に鈍いアメリアはなんかカワイイ。そしてラドクリフのツンデレぶりもここまでくるとカワイイですね。
ラドクリフはかんしゃく持ちのヒギンズ教授(マイ・フェア・レディの)みたいです。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。