カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

Blinky Bill

Blinky Bill YL 3.5 総語数 18000語
Blinky BillBlinky Bill
Dorothy Wall

Angus & Robertson Childrens 1990-10-03
売り上げランキング : 1706363

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[t]:Blinky Bill[an]:Dorothy [as]:Wall


kindle版 アマゾン米ではkindle版11ドルとかで売ってますが、グーテンベルグプロジェクト(豪)でダウンロードできます。
オーストラリアの幼児向け童話。自分で読む本、ではなくて読み聞かせしてもらう本でしょう。
いたずらっこで向こう見ずなコアラ男子、ブリンキーのお話です。
物語としてはシンプルでクラシカル。オーストラリアらしくブッシュが舞台で、登場するのもコアラ、ワラビー、ウォンバットなど。「いたずらっこ」で「童話」というと可愛らしい印象がありますが、このブリンキー、ややジャイアン+スネ夫的な感じで、甘やかされて好き放題やってる感じなんですよね(読み取りミスってるかもしれないけど)。物語の最後にはおまえのような子は寄宿舎にやります、というところで終わっているので私としてはちょっとビミョウ(^^;)。 Blinky Bill and Nutsy ,Blinky Bill grows up と続いて行くので成長していって変わっていくのかな。
スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計