カッコわるくてあたりまえ?

へたれ管理人の英語関連四苦八苦日記

A Gift To Last: Can This Be Christmas?/Shirley, Goodness And Mercy

A Gift To Last: Can This Be Christmas?/Shirley, Goodness And Mercy 1269/2614
A Gift To Last: Can This Be Christmas?\Shirley, Goodness And MercyA Gift To Last: Can This Be Christmas?\Shirley, Goodness And Mercy
Debbie Macomber

Mira 2002-11-01
売り上げランキング : 149488

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クリスマス本第3弾。 前に積んでおいたロマンス小説(一般小説かも?)の作者が書いたクリスマス本を見つけたのでkindle版をぽちっとな。

Can This Be Christmas?


クリスマスイブに大荒れの天気。猛吹雪のため、飛行機は欠航があいつぎ、列車も遅れが出ています。そんな中ボストン行きの列車が、悪天候に加え、軌道が壊れたために途中の駅、ニューハンプシャーのアボットで停留をよぎなくされます。
40年連れ添った夫をこの10月に亡くしたばかりのCathy,年中忙しく国中を飛び回り、家族とすれ違いが続くセールスマンのMatt,待望の養女を迎えたばかりのNick&Kelly夫妻、恋人にプロポーズしようとしている海軍軍人のLen,シングルマザーのEliseとその娘kateと、列車に乗り合わせたそれぞれの人たちの背景が語られ、また最初はただ単に乗り合わせた同士だったものが、このクリスマスイブの夜を過ごすことでお互いが親しみのある友人になっていく、といういかにもクリスマスらしいお話です。

各章のタイトルはメジャーなクリスマスソングで、このタイトルを拾ってyoutubeなどで聴くのも楽しそうです。

・I'll be home for Christmas
・I wonder as wander
・Have yourself a merry little Christmas
・The most wonderful day of the year
・O Christmas tree
・Sing we now of Christmas
・Santa Claus is coming to town
・Silent night
・Home for the Holidays

スポンサーサイト

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

すなみ

  • Author:すなみ
  • 英語耳なし・英語/日本語語彙少なし・文法力なしの三重苦を抱える永遠の英語初級者。そのくせ「いつかは字幕なしで映画を理解・楽しみたい」とか「ペーパーバックをどかどか読みたい」などという野望の持ち主


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ

gremz

猫温度計